ドラゴンクエストユアストーリー(アニメ)あらすじや魔王・パパスの声優キャストは?

日本生まれの人気ゲーム「ドラゴンクエスト」。

その人気は世界中にまで広がっており、皆さんの中にも好きな人は多いのではないでしょうか。

そんな大人気のゲーム「ドラゴンクエスト」ですが、この度映画化されることが発表されました。

映画のタイトルは『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。

映画は3DCGアニメーションとなっているようで、どのような作品なのかも気になるとことです。

そこで今回は、映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を紹介します。

Sponsored Links

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』ってどんな映画?あらすじは?

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』とは、2019年8月2日に公開予定の映画です。

『ドラゴンクエスト』は、1986年に第一作となるゲームが発売されました。

とても人気のあるゲームで、これまでに多くのシリーズが作られています。

また、日本だけでなく、海外でも人気の高い作品です。

今回ご紹介する『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、ドラゴンクエストシリーズでは初めての3DCGアニメーションの映画となっています。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のあらすじ

では、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のあらすじをご紹介します。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、ドラゴンクエストシリーズの第5作『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』を基にしたストーリーとなっています。

この『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』は、1992年に発売されたスーパーファミコン用のゲームです。

2004年にはPlayStation2版が、2008年にはニンテンドーDS版がそれぞれリメイク版として発売されました。

ゲームの中では、時代が「少年時代」、「青年時代前半」、「青年時代後半」と3つに別れています。

父親と旅をする「少年時代」から物語は始まります。

「青年時代前半」になると、主人公は結婚をし、妻とともに冒険をします。

その後、「青年時代後半」になると父親となり、子供とともに物語は進んで行くのです。

こちらは、『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』のゲーム内容です。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』を基にした作品です。

ですので、ゲームの内容通りの物語となっているかはわかりません。

Sponsored Links

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のキャスト!魔王パパスの声優は?

続いてキャストをご紹介します。

佐藤健/リュカ

ゲームでは、名前は自由につけられますが、本作では主人公の名前はリュカとなっています。

リュカの母親は、魔界に連れ去られ行方不明となっています。

その母親を探すために、父親のパパスとともに冒険するのです。

しかし、冒険の途中でパパスと死別したり、10年もの間魔物の奴隷となったりと厳しい冒険生活を送ります。

奴隷生活から脱走すると、冒険を再開。

やがて、幼馴染のフローラや、かつて冒険をともにしたビアンカと再会します。

リュカには母から不思議な力を受け継いでおり、魔物を改心させ仲間にすることができます。

そんなリュカを演じるのは、『仮面ライダー電王』などで知られる佐藤健です。

佐藤健は、映画『るろうに剣心』やテレビドラマ『半分、青い。』などで高く評価されています。

本作では、声優として出演しますが、どのような演技となっているのか楽しみですね。

有村架純/ビアンカ

ビアンカは、かつて幼い頃にリュカとともに冒険をしました。

金色の髪に青の瞳をしており、リュカの2つ年上です。

強くて美しい女性に成長し、やがてリュカと再会します。

再会後は、リュカの力になりたいということで、リュカの冒険に協力します。

また、リュカの花嫁候補にもなります。

そんなビアンカを演じるのは、朝ドラ『ひよっこ』などで知られる有村架純です。

有村架純は、2009年に現在の事務所フラームのオーディションに合格して以降、2013年に出演した朝ドラ『あまちゃん』で人気が急上昇しました。

その後は、映画『ビリギャル』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど、高い評価を受けました。

2016年・2017年には、2年連続で紅白歌合戦の紅組司会を務め、国民的な人気女優となりました。

声優としては、2014年にスタジオジブリの作品『思い出のマーニー』で主役のマーニーを演じています。

波瑠/フローラ

リュカの幼馴染であるフローラ。

フローラは青色の髪をしており、優しくておしとやかな性格をしています。

修道院で生活を送った後、父親の意向により、乗り気でないながらも結婚相手を探すことに。

そしてリュカと出会います。

優しくておしとやかですが、天然ボケなところもあり、お嬢様育ちなため金銭感覚に疎いです。

そんなフローラを演じるのは、朝ドラ『あさが来た』などで知られる波瑠です。

中学生の時にスカウトされ芸能界入りした波瑠は、『Seventeen』や、『non-no』の専属モデルとして活躍しました。

テレビドラマでは、『未解決の女 警視庁文書捜査官』(2018年)『サバイバル・ウェディング』(2018年)などに主演しています。

山田孝之/パパス

パパスは主人公リュカの父親です。

魔界に連れ去られてしまった妻のマーサを探すために、リュカとともに旅をしています。

体格も良く、剣術にも優れており、厳しさと優しさを併せ持っています。

そんなパパスを演じるのは、人気俳優の山田孝之です。

山田孝之は、2003年に『WATER BOYS』でドラマ初主演を務めました。

2005年には『電車男』で映画初主演を果たしました。

その後は、『クローズZERO』『凶悪』など、多くの映画に出演。

ワイルドな役を演じる一方で、テレビドラマ『勇者ヨシヒコ』ではコミカルな役を演じています。

また、『勇者ヨシヒコ』で演じたヨシヒコの外見は、『ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁』の主人公をモチーフにしています。

Sponsored Links

その他のキャストも豪華!

本作に出演する俳優は、他にも

・古田新太

・安田顕

・松尾スズキ

・吉田鋼太郎

・賀来千香子

・井浦新

・山寺宏一

・ケンドーコバヤシ

などがおり、豪華俳優陣が脇を固めています。

脚本と総監督を務めるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』などで知られる山崎貴です。

共同監督を務めるのは、八木竜一です。

二人は、映画『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)でも共同監督を務めました。

また、ドラゴンクエストシリーズの生みの親である堀井雄二が原作と監修を務めます。

キャストだけでなく、スタッフも期待できますね。

Sponsored Links

まとめ

日本だけでなく世界でも人気のゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」。

本作『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、シリーズの中で初の3DCGアニメーション映画となっています。

佐藤健や有村架純をはじめ、豪華俳優陣が出演しています。

また、シリーズの生みの親でもある堀井雄二が原作・監修を務めるということで、期待できる作品tなっているのではないでしょうか。

映画公開日は、2019年8月2日の予定となっています。

ドラゴンクエストファンや、そうでない方も、気になる方は是非チェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)