31日間無料トライアル実施中!


『くるみ割り人形』(実写映画)あらすじやキャストは?マッケンジー・フォイの演技評価や出演作も

名作『美女と野獣』や『シンデレラ』など、数々の実写映画を大ヒットさせているディズニーが今年のクリスマスシーズンに向けて実写映画『くるみ割り人形と秘密の王国』を公開することになりました。

今回はディズニー版の『くるみ割り人形と秘密の王国』についての情報を集めましたのでご紹介いたします。

「くるみ割り人形」と言えばバレエ組曲

まず「くるみ割り人形」と言えばチャイコフスキーのバレエ組曲として有名ですが、実はこのバレエ組曲は1816年にドイツの作家、E・T・ホフマンの「くるみ割り人形とネズミの王様」が原作となっております。 

原作がクリスマスのお話しなので、バレエはクリスマスシーズンの定番として公演され、原作の幻想的で華やかな部分を強調して、まさにクリスマスにぴったりの作品になっておりますが、原作は単なる幻想的なファンタジーの世界だけではなく、ちょっとミステリアスで怖い部分もあります。

今回のディズニーの実写映画『くるみ割り人形と秘密の王国』では、バレエで観る華やかさと原作にあるダークな部分を組み合わせた作品になっているようです。

Sponsored Links

映画『くるみ割り人形と秘密の王国』あらすじ

主人公のクララは亡くなったお母さんからの贈り物が入った鍵付きの箱とその鍵につながる金の糸をゴッドファザーのドッセルマイヤーおじいさんからもらいます。

早速、その金の糸をたどって行くとおとぎの世界にたどり着きます。

そこで、クララはフィリップという兵隊に出会います。

クレアとフィリップは箱を開けるための鍵を探すために金の糸をたどって 雪の国、花の国、お菓子の国を訪れることになります。

その国では女王や妖精たちがクレアをパーティに招待し素敵な踊りを披露してくれます。

クレアは夢のような時間をすごすのですが、旅はまだ最後の4つ目の国へと続きます。

実は、最後の4つ目の国は恐ろしいマザージンジャーによって支配されています。

しかし、その大切な鍵を見つけるにはその国を冒険しなくてはなりません。

その国でクレアは一体どうなるのでしょうか?

Sponsored Links

映画『くるみ割り人形と秘密の王国』の気になるキャストは?

マッケンジー・フォイ (17歳、ロサンゼルス出身)

主人公クララ役には、2014年の映画『インターステラー』のマーフ役で注目を浴びた17歳の
マッケンジー・フォイが演じます。
https://twitter.com/mypreciousfoy/status/987865972139737093
マッケンジーは映画『インターステラ―』でまだ13歳であるにもかかわらず、スターン賞の若手俳優賞を受賞しております。お墨付きの演技力に17歳ですでにこの美貌、ハリウッドを担う大女優になるのは間違いなしですね。

モーガン・フリーマン (81歳、テネシー州出身)

クララのゴッドファーザー、ドロッセルマイヤー役には名優モーガン・フリーマンが務めます。

へレン・ミレン (73歳、ロンドン出身)

2006年映画『クイーン』のエリザベス2世役でアカデミー主演女優賞を受賞したイギリスの大女優ヘレン・ミレンがマザージンジャー役に。

キーラ・ナイトレイ(33歳、イギリス出身)

金平糖の精、お菓子の国の女王役には、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキーラ・ナイトレイが務めます。イメージがぴったりですね。

さらに黒人女性としてはじめてアメリカン・バレエ・シアターという名門バレエ団のプリンシパルを務めるミスティ・コープランド、

頭のてっぺんから足の先まで美しく才能に満ちた「世界一優雅な野獣」と言われているセルゲイ・ポルーニンという有名バレエダンサーが素晴らしいバレエを披露してくれるそうですから
それも楽しみですね。

Sponsored Links

まとめ

実写映画『くるみ割り人形と秘密の王国』について紹介いたしました。

海外でも公開が11月なので、あまり情報が出回ってないのですが、ロッテントマトの一般からの期待度は95%が「観てみたい」と、とても高いです。

ディズニーならではの映像技術でバレエとは違った壮大で豪華さを劇場スクリーンで楽しむことができるのではないでしょうか?

日本公開は11月30日からです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)