『おいしい家族』ネタバレやあらすじ!橙花役松本穂香の演技評価やプロフィールも!

フツーとか、ジョーシキとか、会社のデスクにおいてきた。

実家に帰ると、父が母になっていました。

仕事もダメ。

結婚もダメ。

都会暮らしに疲れた私を優しく迎えてくれたのは、

母になった父でした。

父さん母さんになる!

『おいしい家族』ネタバレやあらすじ!橙花役松本穂香の演技評価やプロフィールも!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『おいしい家族』ネタバレ・あらすじ

銀座のコスメショップで働く『橙花』は、夫と別居中。

仕事も上手く行かず、都会での生活に疲れ気味。

ちょうど、母の三回忌を迎え、船に揺られて故郷の離島へ帰って来た。

すると、実家では父の『青治』が、亡き母の服を着て、おいしいごはんを作って待っていた。

唖然とする橙花。

更に、追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場する。

それは、お調子者の中年男『和生』と生意気な女子高生『ダリア』

『父さん、みんなで家族になろうと思う』

突然の父の報告に、動揺する橙花。

そこに、一切気にも留めない様子の弟『翠』が加わり、みんなで食卓を囲む羽目に。

みんなちがってそれでいい。

のびのびと過ごす島の人々と、橙花の暮らしがはじまった・・・

監督・脚本ふくだももこ
出身日本・大阪府・茨木市
生年月日1991年8月4日
経歴日本映画学校で映画を学ぶ。
2013年、卒業制作として監督・脚本を務めた『グッバイ・マーザー』
『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014』『第6回 下北沢映画祭』
『湖畔の映画祭』などの映画祭で入選する。
文化庁委託事業の『映像産業振興機構』(VIPO)による
『ndjc2015:若手映画作家育成プロジェクト』に選出される。
2016年、小説家としても活動し『えん』を発表。
25歳で『第40回 すばる文学賞』佳作受賞。

主な監督作品
2016年『父の結婚』兼脚本
2019年『21世紀の女の子「セフレとセックスレス」』『おいしい家族』兼脚本

かつて自身が手がけた短編映画『ndjc2015』選出作品『父の結婚』

タイトルを『おいしい家族』に変えて、劇場用長編映画になっています。

原作短編映画では、妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた作品から、

舞台を離島に移し、エピソードやキャラクターを追加。

家族の絆と、それに向き合う主人公の心境をより深く描き出しています。


主題歌:yonige『みたいなこと』

Sponsored Links

『おいしい家族』キャスト

橙花『松本穂香』

名前松本穂香
出身日本・大阪府・堺市
生年月日1997年2月5日
経歴高校で、演劇部に所属。高校在学中に、所属事務所のオーディションに合格。
オーディションを受ける為に、大阪から東京まで新幹線で通う日々が高校卒業まで続く。
2015年1月、ショートフィルム LOTTE SWEET FILMS『MY NAME』女優デビュー。

主な出演作品
2015年『風に立つライオン』『ガールズ・ステップ』
2016年『青空エール』『にがくてあまい』
2017年『よしもと新喜劇映画商店街戦争〜SUCHICO〜』
『MATSUMOTO TRIBE』『JAPAN LOVE』『リクエスト・コンフュージョン』
『狂い華「ワルツ」』『Music of My Life』
2018年『恋は雨上がりのように』『世界でいちばん長い写真』『名前』
『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『あの頃、君を追いかけた』
2019年『アストラル・アブノーマル鈴木さん』『チワワちゃん』『君は月夜に光り輝く』
『おいしい家族』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』
2020年『his』『みをつくし料理帖』

翠『笠松将』

名前笠松将
出身日本・愛知県
生年月日1992年11月4日
経歴2015年『ぼくらのさいご』2016年『それからのこと、これからのこと』
2017年『デイドリーマーA』2018年『このまちで暮らせば』『さかな』主演を務める。

主な出演作品
2013年『生贄のジレンマ』2014年『クローズEXPLODE』
2015年『キリング・カリキュラム〜人狼処刑ゲーム序章〜』『ぼくらのさいご』『orange』
2016年『それからのこと、これからのこと』
2017年『きょうのキラ君』『ピーチガール』『デイドリーマーA』『デメキン』
『リベンジgirl』
2018年『不能犯』『名前のない女たち うそつき女』『このまちで暮らせば』
『カランコエの花』『響 -HIBIKI-』『さかな』
『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
2019年『デイアンドナイト』『映画『ラ』』『映画 CAST:』『おいしい家族』
『転がるビー玉』


ダリア『モトーラ世理奈』

名前モトーラ世理奈
出身日本・東京都
生年月日1998年10月9日
経歴2014年、モデルとして雑誌『装苑』2015年1月号
『ニューカマースペシャル』でデビュー。
2017年5月号より『装苑』専属モデルとなる。
2018年『少女邂逅』2019年『21世紀の女の子「out of fashion」』
『恋恋豆花』『Memories』主演を務める。

主な出演作品
2018年『少女邂逅』
2019年『21世紀の女の子「out of fashion」』『放課後ソーダ日和 特別版』
『おいしい家族』『恋恋豆花』『Memories』『ブラック校則』
2020年『風の電話』

瀧『三河悠冴』

名前三河悠冴
出身日本・千葉県
生年月日1994年2月2日
経歴2014年『真夜中きみはキバをむく』主演を務める

主な出演作品
2012年『悪の教典』
2014年『1/11 じゅういちぶんのいち』『うるう年の少女』『揺れるスカート』
『リュウグウノツカイ』『恋文X』『真夜中君はキバをむく』
2015年『暗殺教室』
2016年『暗殺教室〜卒業編〜』『俳優・亀岡拓次』『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
『秘密 THE TOP SECRET』
2017年『帝一の國』2018年『高崎グラフィティ。』
2019年『ウーマンウーマンウーマン』『アンダー・ユア・ベッド』『おいしい家族』

エビオ『栁俊太郎』

名前栁俊太郎
出身日本・宮城県
生年月日1991年5月16日
経歴2009年『第24回 MEN’S NON-NOモデルオーディション』グランプリを受賞。
2011年、ファッション・シューティングで『浅野忠信』と出会う。
役者になりたい事を話し、浅野の事務所である『ANORE』へ誘いを受けて、所属する。
2012年『ヴァージン「ふかくこの性を愛すべし」』俳優デビュー。

主な出演作品
2012年『ヴァージン「ふかくこの性を愛すべし」』『東京プレイボーイクラブ』
2013年『箱入り息子の恋』
2014年『5つ数えれば君の夢』『劇場版 仮面ティーチャー』『クローズEXPLODE』
『渇き。』
2015年『ストレイヤーズ・クロニクル』2016年『雨女』
2017年『東京喰種トーキョーグール』
『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『勝手にふるえてろ』
『アクション・エクスプレス』
2018年『チェリーボーイズ』2019年『おいしい家族』

和生『浜野謙太』

名前浜野謙太
出身日本・神奈川県・横浜市・戸塚区
生年月日1981年8月5日
経歴『SAKEROCK』(2015年解散)トロンボーン、スキャット担当
自身がリーダーの『在日ファンク』ボーカル担当
『Newday』トロンボーン担当

主な出演作品
2006年『ハチミツとクローバー』2008年『R246 STORY-弁当夫婦-』
2009年『少年メリケンサック』2011年『婚前特急』
2013年『映画 鈴木先生』『体脂肪計タニタの社員食堂』『リアル〜完全なる首長竜の日〜』『武士の献立』
2014年『ジャッジ!』『Go!Go!家電男子 THE MOVIE アフレコパニック』
『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』
2015年『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』
『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』
『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』
2016年『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』『闇金ウシジマくん Part3』
2017年『笑う招き猫』『東京喰種トーキョーグール』『望郷』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
2019年『雪の華』『九月の恋と出会うまで』『おいしい家族』『ロマンスドール』
『酔うと化け物になる父がつらい』

青治『板尾創路』

名前板尾創路
出身日本・大阪府・富田林市
生年月日1963年7月18日
経歴お笑いコンビ『130R』で、ボケを担当する。相方は『ほんこん』
2004年『穴「怪奇穴人間」』2011年『電人ザボーガー』主演を務める。
2010年『板尾創路の脱獄王』2012年『月光ノ仮面』監督・脚本・主演を務める。

主な出演作品
1997年『マネージャーの掟』2002年『明日があるさ THE MOVIE』
2003年『ナイン・ソウルズ』『月の砂漠』『幸福の鐘』『ジョゼと虎と魚たち』
2004年『穴「怪奇穴人間」』『スペースポリス』
2005年『真夜中の弥次さん喜多さん』『風雲児 長者番付に挑んだ男』
『魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE』『山手線デス・ゲーム』『妖怪大戦争』
『ワースト☆コンタクト』『空中庭園』『仮面ライダー THE FIRST』
2006年『晴れたらポップなボクの生活』『着信アリ Final』『地球の魅力』『オトシモノ』
『デスノート the Last name』
2007年『パイルドライバー』『ユメ十夜 第十夜』
『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』『日が暮れても彼女と歩いてた』
『大日本人』『人間椅子』『男の生活』『GROW 愚郎』
2008年『ピューと吹く!ジャガー』『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』
『愛のむきだし』『桜と印籠』『赤んぼ少女』『東京残酷警察』
2009年『ニセ札』『真一文字 拳』『ラッシュライフ』『女の子ものがたり』『空気人形』
『蘇りの血』
2010年『板尾創路の脱獄王』『武士道シックスティーン』『NECK』『蛇のひと』
2011年『ワラライフ!!』『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』『さや侍』
『men’s egg Drummers』『オムライス』『電人ザボーガー』
2012年『月光ノ仮面』『MY HOUSE』『I’M FLASH!』『私の奴隷になりなさい』
2013年『ユダ Judas』『じんじん』『ダイヤモンド』『地獄でなぜ悪い』『あさひるばん』
2014年『セブンデイズリポート』
『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』
『クローズEXPLODE』『グレイトフルデッド』
2015年『クレヴァニ、愛のトンネル』『振り子』『虎影』『at Home アットホーム』
『杉原千畝 スギハラチウネ』
2016年『珍遊記』『手をつないでかえろうよ〜シャングリラの向こうで〜』
『デルシネ「エル・シュリケンvs新昆虫デスキート」』
2018年『泣き虫しょったんの奇跡』『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』
2019年『おいしい家族』『決算!忠臣蔵』

Sponsored Links

『おいしい家族』松本穂香の演技評価やプロフィール

『松本穂香』は、大阪府堺市出身です。

中学では、バレーボール部に所属。

高校では、演劇部に所属します。

ネクラを自称し、本人曰く、クラスでも端にいるような暗い性格で、クラスメイトとも余り関係を持たなかったという。

オタク気質な部員の多かった演劇部に所属したのをきっかけに『自分だけが変わっているわけではない』と実感。

変わった役を好んで演じ、演技を通して、物作りの楽しさを覚えたそうです。

連続テレビ小説『あまちゃん』に刺激を受け、本格的に女優を目指します。

高校在学中に、所属事務所『フラーム』のオーディションに合格。

オーディションを受けるために、大阪から東京まで新幹線で通う日々が高校卒業まで続きます。

高校を卒業してから、事務所と上京について話し合う予定でしたが『待っていても仕方がない』と自ら上京計画を立てます。

親は『肝が座っている』と、行動力を認めていたそうです。

マネージャーは、一目見て『埋もれさせたくない才能』と、直感的に感じたそうです。


『2015年1月』ショートフィルム、LOTTE SWEET FILMS『MY NAME』女優デビュー。


事務所の先輩である『有村架純』とは、マネージャーが一緒で、

上京後しばらく『有村架純の妹分』というキャッチフレーズが付いていました。


『2016年1月期』フジテレビ月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

『有村架純』演じる、主人公『杉原音』の務める介護施設の同僚『松川』役を演じる。


『2016年3月30日』演劇『ヨミガエラセ屋』『谷口まひる』役で、初舞台・初主演を務める。


『2017年度上半期』連続テレビ小説『ひよっこ』

『有村架純』演じる、主人公『谷田部みね子』の務めるトランジスタラジオ工場の同僚

『青天目澄子』役を演じ、再共演した。


『2017年4月15日』公開『MATSUMOTO TRIBE』『松本穂香』本人役で、出演する。


『2017年10月14日』公開『狂い華』「ワルツ」オムニバス映画で、主演『陽子』役を務める。


少年画報社『ヤングキング』『2017年10月23日号』で、漫画誌初表紙を飾る。


『2018年7月期』TBSドラマ『この世界の片隅に』

約3,000人の応募者から、5回に渡るオーディションで、主人公『すず』役に抜擢されます。

『松本穂香』を代表する作品の1つでは、ないでしょうか!

演技に対して、ネットでのコメントです。

『懸命に生きている強くて優しい女性を見事に表現』

『本当にあの昭和の時代に生きた人なのでは・・・と思うくらいリアル』

『原作のすず(主人公の名)そのもの』

『優しさと、どうしようもないやるせなさの演技の切り替えを見事に演じている』

『松本穂香さん、稀代の名演だ』

『鬼気迫るものがある』

『すずさん…泣ける』

などの評価があります。


『2019年1月5日』公開『アストラル・アブノーマル鈴木さん』

『YouTube』配信ドラマを再構成した『完全ディレクターズカット版』主演『鈴木ララ』役を務める。


『2019年1月14日』フジテレビドラマ『JOKER×FACE』主演『流川』役を務める。


『2019年6月21日』公開『きみと、波にのれたら』『雛罌粟洋子』役で、劇場アニメ初声優を務める。


『2019年9月20日』公開『おいしい家族』『橙花』役で、長編映画初主演を務める。


『2019年』公開予定『わたしは光をにぎっている』『宮川澪』役で、主演を務める。


『2019年』公開予定『酔うと化け物になる父がつらい』『田所サキ』役で、主演を務める。


『2020年秋』公開予定『みをつくし料理帖』『澪』役で、主演を務める。

Sponsored Links

まとめ

映画『おいしい家族』を、まとめてみました。

『2019年9月20日』全国ロードショーです!

やさしさひとふり、愛をひとじ。それがわが家のかくし味。

人も気候も穏やかな島を舞台に、新たな家族像を作り上げています。

料理とユーモアを交えながら『故郷とは何か?』『家族とは何か?』『愛とは何か?』を描いた作品です。

『松本穂香』の演技が楽しみですね!

彼女の夢である『自分の人生を楽しいものにすること』に向かって進むことを願っています。

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)