『坂の途中の家』1話感想とあらすじ!デリケートな心理描写に圧倒される!

坂の途中の家がWOWOWで放送が開始されましたね。

私は柴咲コウさんが好きなので非常に期待しています。

早速1話をみたあらすじと感想を載せていきたいと思います。

Sponsored Links

『坂の途中の家』1話感想とあらすじ

裁判所での面談を経て、里沙子は、裁判員の誰かが急病などで欠席せざるを得ない事例、代わりに裁判員を務める「補充裁判員」に選ばれた。

対象となる事件は、里沙子と同じ年頃の専業主婦の母親・安藤水穂(水野美紀)が、生後八ヶ月の娘を浴槽に落として虐待死させたという衝撃的な事件だった。

そのような時、裁判所から刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知が届く。

同じ息子を持つ母として、我が子を殺めた水穂に嫌悪感を抱く里沙子だが、裁判の開廷後、徐々に安藤水穂という被告本人の境遇に自らの過去の記憶を重ねていく事になる。

山咲里沙子(柴咲コウ)は、三歳の娘・文香(松本笑花)と夫(田辺誠一)と三人で平穏な毎日を送っていた。

裁判所での面談を経て、里沙子は、裁判員の誰かが急病などで欠席せざるを得ないとき、代わりに裁判員を務める「補充裁判員」に選ばれた。

同じ娘を持つ母として、我が子を殺めた水穂に嫌悪感を抱く里沙子だが、裁判の開廷後、徐々に安藤水穂という被告自分の境遇に自らの過去の記憶を重ねていく事になる。

対象となる事件は、里沙子と同じ年頃の専業主婦の母親・安藤水穂(水野美紀)が、生後八ヶ月の娘を浴槽に落として虐待死させたという衝撃的な事件だった。

補充裁判員として「乳幼児の虐待死事件」の裁判を目の当たりにする毎日の中、主人公は被告人に自身の姿を重ねていく……という物語です。

物語の結末が引っかかるというよりも、その時々のデリケートな心理描写に圧倒されます。

そのような時、裁判所から刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知が届く。

安藤居宅の事情が裁判で語られるのと併せて、里沙子の家庭の事情も多少ずつ明らかになっていきます。

物語の結末が気に掛かるというよりも、その時々のデリケートな心理描写に圧倒されます。

同じ娘を持つ母として、我が子を殺めた水穂に嫌悪感を抱く里沙子だが、裁判の開廷後、徐々に安藤水穂という被告本人の境遇に自らの過去の記憶を重ねていく事になる。

安藤住宅の事情が裁判で語られるのと合わせて、里沙子の家庭の事情もちょっとずつ明らかになっていきます。

裁判員候補者に選ばれた里沙子は、幼児虐待死の裁判に関わる中で、徐々に自らと被告の女・安藤水穂を重ね合わせ、夫の些細な言い回しに傷ついてきた事、子育てへのストレスを抱え込んでいる事に気づかされます。

いそのような時、裁判所から刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知が届く。

裁判所での面談を経て、里沙子は、裁判員の誰かが急病などで欠席せざるを得ない事例、代わりに裁判員を務める「補充裁判員」に選ばれた。

もうね、これが怖いのなんの!幽霊とか肉体的な苦痛とかとは一線を画する、あまりに自分の手の届く範囲すぎるサスペンス!。

小説では直接的に描かれない安藤住宅の過去が、ドラマでどのように描かれるのかもエンジョイです。

柴咲コウさん演じる主人公は3歳になる娘の育児にへとへとの新米ママ。

小説では直接的に描かれない安藤ホームの過去が、ドラマでどのように描かれるのかも満喫です。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)