ゴーストランドの惨劇(映画)ネタバレやあらすじ!トラウマを感じるホラーってどんなのか?

トラウマ・ホラーとは・・「恐すぎる!!見なきゃよかった…」と思うほどの最恐怖映画。

観て心的障害?が残る映画は、観るのが怖い・・でも観たい!それがトラウマ・ホラー!

映画「ゴーストランドの惨劇」は、絶望的な惨劇に巻き込まれる姉妹の物語です。

凄惨な恐怖描写は2度と見たくないですが・・きっとあなたは、必ず2回観たくなる。

ゴーストランドの惨劇(映画)ネタバレやあらすじ!トラウマを感じるホラーってどんなのか?まとめてみました。

Sponsored Links

映画史上最も不快なトラウマ映画

View this post on Instagram

💀 『#ゴーストランドの惨劇』『#GHOSTLAND』 『マーターズ』を手掛けたパスカルロジェ監督による新作が8月9日より公開されることが決定した . シングルマザーのポリーンと双子の娘ヴェラとベスは人里離れた叔母の家を相続しそこに移り住むことになった姉のヴェラは奔放で現代的である一方妹のベスは作家のラヴクラフトを崇拝する内向的な少女で双子の姉妹ながら性格は正反対新居に到着した日の夜突然の惨劇が一家を襲う2人の暴漢が家に侵入しポリーンは娘を守るために必死に反撃姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにする . 惨劇から16年後ベスは小説家として成功したが精神を病んだヴェラは今もあの家で母と暮らしていた地下室に閉じこもるヴェラは久しぶりに実家に戻ったベスに向かって衝撃の言葉をつぶやく…。 💀 #horror#horrorfan#horrormovies#ホラー#ホラー映画#映画#洋画#映画情報#映画記録#ホラー好きな人と繋がりたい#映画#2019#マーターズ

ホラーpopoちゃんさん(@horror123popo)がシェアした投稿 –

壮絶なバイオレンス描写と、センセーショナルな話題でトラウマ・ホラーの代名詞となった『マーターズ』を手掛けたフランス出身の鬼才「パスカル・ロジェ」監督による新作は『ゴーストランドの惨劇』です。

本作は観るものを巧みに翻弄し、ロジェ監督が作り上げた”狂気の迷宮”に迷い込んでしまい見た後は恐怖による心的障害?トラウマを残すでしょう!

Sponsored Links

あらすじとネタバレ

<あらすじ>

人里離れた叔母の家を相続し、そこに移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。

叔母の残したその屋敷は、大量の人形がひしめく不気味な屋敷だった。

双子の娘・姉のヴェラは奔放で現代的だが、妹のベスは怪奇小説家・ラヴクラフトを崇拝する内向的な性格だった。

新居に到着した日の夜、突然の惨劇が一家を襲う!

2人の暴漢が家に押し入ってきたことで、娘を守るべく反撃した母は、姉妹の前で暴漢たちをメッタ刺しにした。

それから・・16年後。

ベスは、あの時の恐怖体験を題材に一躍有名なホラー作家小説家として成功したが、
ヴェラは精神を病み、今もその家で母と暮らしていた。

久々に実家へ戻ったベスを母は迎え入れるが、姉のヴェラは地下室に閉じこもり、
ベスに向かって衝撃の言葉をつぶやく……。

<ネタバレ>

ベスに言った衝撃の言葉とは?

「気づいた」と・・

そこからが現実の世界・・<え~前半のストーリーは何なの~??>

涙を流して喜ぶ姉・・現実を受け入れる妹。

なぜか、二人の顔や身体は傷だらけ・・アザだらけ・・

そして、二人は人形の姿にされ・・

そして・・〇〇されるのです!

ネタバレはここまで・・まさに、最恐のトラウマホラーです。

Sponsored Links

監督・キャスト

フレンチホラーの鬼才「パスカル・ロジェ」は、鬼気迫る映像と異色のテーマで物議をかもしだしホラーファンに一躍その名を轟かせました。

極限の激痛描写と哲学的な着想でホラーの新時代を拓いた監督ともいえます!

残虐ホラーの得意な監督でもサスペンスミステリー「トールマン」という作品もありホラーが苦手でも安心して観れます。

「ゴーストランドの惨劇」のキャストは、ドラマ「ティーン・ウルフ」のクリスタル・リード、ドラマ「メンタリスト」のアナスタシア・フィリップス、「ブリムストーン」のエミリア・ジョーンズ、「デッドプール」のテイラー・ヒックソンが名を連ねています。

Sponsored Links

トラウマを感じるホラーって?

2007年に公開されたパスカル・ロジェ監督の「マーターズ」は、理由もわからずに監禁される女性たちへの執拗な拷問を描き、その過激な描写で賛否両論のセンセーショナルな話題を呼びました。

マーターズは、初めから終わりまでとにかく女性を傷つけまくる内容の映画で、常人が両目を塞ぎたくなる映像をこれでもかという位、たっぷりと用意しています。

残虐なエグいシーンをみせ「どうだ、怖いだろ~」と監督が得意気になってるみたい・・

とにかくホラーの中でも最もしょうもない類の作品で、正にトラウマホラーの代名詞とも言える映画となり・・強烈なトラウマを感じます。

まとめ

壮絶な皮剥ぎ拷問映画『マーターズ』で一躍注目された、フレンチホラーの鬼才「パスカル・ロジェ」の新作が6年ぶりに公開されます。

凄惨な恐怖描写で不快なのに、なぜか・・二度見たくなるトラウマ・ホラー!

ロジェ監督が仕掛ける、絶望のトリックに飛び込みましょう!

映画『ゴーストランドの惨劇』は2019年8月9日(金)公開

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)