31日間無料トライアル実施中!


『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』(2018年映画)ネタバレやあらすじは?牛の被り物が怖すぎ

『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』を無料で今すぐ見る方法
  • U-NEXTの初回31日間無料キャンペーンに登録
  • U-NEXTでは見放題作品のため無料で今すぐ視聴できる
  • U-NEXTにある他の見放題作品も自由に視聴できる
  • U-NEXTは登録後に600ポイント配布されるので新作が今すぐ見ることができる
  • 通常、無料配布ポイントは600ポイントですが、当サイトから登録すると1800ポイントもらえます

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

『U-NEXT』登録方法と解約方法こちら

ホラー映画の金字塔として日本でも有名な『悪魔のいけにえ』の前日談、『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』が2018年5月12日に劇場公開されます。

一度見たら忘れることのできない残忍な殺人鬼・レザーフェイスは、どのような過去を送ってきたのか、気になりますよね。

今回は、映画『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』のネタバレやあらすじ、劇中に登場する被り物など紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』はどんな映画?

監督はジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロの2人です。

ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロは2006年からコンビを組み、2007年に共同で初となる映画作品『屋敷女』を、その後『リヴィッド』や『恐怖の白魔人』を手がけてきました。

コンビを組んでから4作目となる今作はホラー映画好きで知らない人はいないであろう映画『悪魔のいけにえ』の前日談という、非常にハードルの高いものになっています。

さらに今作では、『悪魔のいけにえ』の監督、トビー・フーパーがプロデュースを行っているため、期待度は非常に高いです。

また、トビー・フーパーは2017年に亡くなってしまったため、最後のプロデュース作品となりました。

『悪魔のいけにえ』の過去のシリーズ作品

『悪魔のいけにえ』は、今まで何度も映画化されており、今作はなんと8作目となります。

1作目は、1974年公開の『悪魔のいけにえ』、監督はトビー・フーパーです。

2作目は、1986年公開の『悪魔のいけにえ2』、こちらは1作目の続編となっており、1作目と同じく監督はトビー・フーパーです。

3作目は、1990年公開の『悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲』、こちらは1作目のリメイクに近い作品となっており、監督はジェフ・バーです。

4作目は、1995年公開の『悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス』、こちらも1作目のリメイクに近い作品であり、監督はキム・ヘンケルです。

5作目は、2004年公開の『テキサス・チェーンソー』、こちらは1作目の設定を1から作り直した作品となっており、監督はマーカス・ニスペルです。

6作目は、2006年公開の『テキサス・チェーンソー ビギニング』、こちらは5作目の続編となっていますが、1作目により近くなった作品で、監督はジョナサン・リーベスマンです。

7作目は、2013年公開の『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』、こちらは1作目の続編で2作目のパラレルワールド的な意味合いを持っており、監督はジョン・ラッセンホップとなっています。

そして8作目の今作は、1作目『悪魔のいけにえ』の前日談となっており、監督はジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロの2人です。

何度も映画化されるほどの人気作品の8作目、どのようなストーリーになっているのか非常に気になりますね。

Sponsored Links

『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』のあらすじは?

殺人を正当化する異常な家族・ソーヤー家の三男ジェドは、5歳の誕生日にチェーンソーをプレゼントされる。その後、ソーヤー農場で少女ベティの変死体が見つかり、ジェドは更生施設に収監される。10年後、厚生施設で暴動が発生し、ジェドは看護師リジーを誘拐して逃亡することを要求される。入院患者のアイザックとクラリスの破滅的な行動によって、ジェドは悲劇と恐怖のどん底へと追い詰められていく。逃亡するジェドたち入院患者を、執拗に追いかける警官がいた。彼、ハートマン保安官(スティーブン・ドーフ)は、ソーヤー農場で殺された少女の父親だった。そして最後の引き金を引かせたのは、精神を崩壊させた母・ヴァーナ(リリ・テイラー)だった……。引用元

殺人を正当化するという驚くべき家族で、長男も次男もサイコパスという設定なのですが、末っ子のジェドはプレゼントでもらったチェーンソーに対して、始めは拒絶感を抱きます。

しかしその後、チェーンソーに手をつけてしまい、それがきっかけとなり物語は進んでいきます。

『悪魔のいけにえ』で登場する殺人鬼・レザーフェイスはどのような過程を経て変貌していったのか、気になりますよね。

『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』のネタバレ!

ここからはあらすじから少し踏み込んだ紹介をしたいと思います。

ソーヤー農場で少女の遺体が発見された後、ハートマン保安官によって長男と次男を逮捕され、ジェドは更生施設へと送られます。

このことから、この犯行はソーヤー家の兄弟によって行われたと見ていいでしょう。

更生施設に入り10年が経った頃、施設内で暴動が発生します。

公式ホームページには、施設から逃亡したメンバーとして、アイク、クラリス、ジャクソン、バド、そして人質として誘拐された看護師・リジーの5名が記載されていました。

ジェドは逃亡できなかったということなんでしょうか?

しかしあらすじによると、看護師・リジーを誘拐し、ジェドも逃亡することを要求されています。

この矛盾から考えると、5名のうちの誰かがジェドということでしょうか。

そしてこの答えが、物語を締めくくる種明かしとなることでしょう。

劇場公開が楽しみですね。

劇中に登場する牛の被り物が怖すぎ!?

『悪魔のいけにえ』で登場するレザーフェイスは、人の皮を被っています。

しかし、レザーフェイスの幼少期では牛の被り物をしています。

農場があることから、育てていた牛の頭を被り物に作り替えたのでしょうか。

そして今作では、牛の被り物から人の皮へと替えていった過程や、レザーフェイスにとって被り物はどのような意味を持っているのかなどが描かれているのでしょうか。

気になる点は非常にたくさんあるので、『悪魔のいけにえ』と併せてチェックしたいですね。

Sponsored Links

『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』のキャストは?

リリー・テイラー(ヴァーナ役)

1967生まれの女優さんで、ご結婚されており、夫は作家のニック・フリンです。

10歳の頃から芸能活動を行っており、ニューヨークの舞台に出演していた際にスカウトされ、1988年に『ミスティック・ピザ』で映画デビュー。

その後、日本でも人気の高い『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』や低予算ながらもホラーとしてクォリティーの高い作品となっている『死霊館』などの映画作品にも主演されています。

今作では、ソーヤー家の母親・ヴァーナ役を演じています。

スティーヴン・ドーフ(ハートマン保安官役)

View this post on Instagram

Portrait 2010 #stephendorff #portrait

A post shared by StephenDorffFan (@stephendorfffan) on

1973年生まれの俳優さんです。

父は作曲家のスティーヴ・ドーフ、兄はミュージシャンとして活躍されているそうです。

ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『SOMEWHERE』や『ツイてない男』などの映画作品にも出演されています。

過去には日本でも人気を博した映画『タイタニック』から主演としてオファーがあったものの、「ボートに乗っていた男」として覚えられてしまうのではないかと考え、断ったそうです。

フィン・ジョーンズ(副保安官役)

1988年生まれの俳優さんです。

2011~2016年にはテレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』では花の騎士と呼ばれているロラス・タイレル役として出演され、注目を浴びました。

日本に来日した際は、鎌倉や秋葉原、代々木公園など様々な場所を満喫されていたようです。

View this post on Instagram

lads on tour

A post shared by Finn J (@finnjones) on

Sponsored Links

まとめ

今回は『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』について紹介しました。

映画『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』は2018年5月12日に公開です。

すでにDVDレンタルが開始されていますが、ネットで無料で見ることも可能です。

『レザーフェイス 悪魔のいけにえ』を無料で今すぐ見る方法
  • U-NEXTの初回31日間無料キャンペーンに登録
  • U-NEXTでは見放題作品のため無料で今すぐ視聴できる
  • U-NEXTにある他の見放題作品も自由に視聴できる
  • U-NEXTは登録後に600ポイント配布されるので新作が今すぐ見ることができる
  • 通常、無料配布ポイントは600ポイントですが、当サイトから登録すると1800ポイントもらえます

▽31日間無料キャンペーン実施中▽

△31日間以内の解約で料金は発生しません△

『U-NEXT』登録方法と解約方法こちら

数々のホラー映画を世に送り出したトビー・フーパー監督の有名作『悪魔のいけにえ』の前日談、そして最後のプロデュース作品となっているため、ホラー映画ファンは要チェックですね。

なお、今作はR18+指定作品で18歳未満の方はご覧になれませんので、注意しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)