ラ・ヨローナのネタバレやあらすじ!キャストやリンダ・カーデリニの演技評価も!

『死霊館』シリーズ『インシディアス』シリーズ『ソウ』シリーズ

『ジェームズ・ワン』製作!

死霊館シリーズ最新作『ラ・ヨローナ ~泣く女~』公開決定です!

女は現れる!水のある所に!

そしてあなたを引きずり込む!

中南米に古くから伝わる怪談『ラ・ヨローナ』を題材にしたホラー!

ラ・ヨローナのネタバレやあらすじ!キャストやリンダ・カーデリニの演技評価も!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』ネタバレ・あらすじ

『ヨローナ』は、愛する夫に浮気され嫉妬に狂った結果、夫が世界で1番愛する我が子を溺死させてしまう。

そのことを後悔し、嘆き苦しんだヨローナは、自らも川に身を投げた。

ヨローナは、白いドレス姿の悪霊となり、この世をさまよって水のあるところに現れ、自分の泣き声を聞いた子どもたちをさらっていく。

1970年代のロサンゼルス。

ソーシャルワーカーの『アンナ』は、子どもたちが危険にさらされているという、2児の母親『パトリシア』からの助けを無視してしまう。

その後、パトリシアの2人の子供は川で水死してしまう。

パトリシアはアンナに『あんたのせいよ!』と詰め寄り、さらに『あんたの子供もいずれ聞くはずよ。あの女の泣き声を』という不気味な言葉を投げつける。

それこそが、ヨローナの呪いだった。

パトリシアの予言通り、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、アンナの2人の子どもたちだった。

そんなアンナたちの前に、信仰心を捨てようとしていた『ラファエル神父』が現れ、最悪の呪いと対峙する・・・。

エクソシストみたいな感じでしょうか、結局は神父が出てきて、悪魔退治みたいなことだと思います。

でも結構ホラー好きにはたまらないぞくぞくした感じが見て取れます。

悲劇的な結果なのか?無事悪魔退治できるのか?続きは劇場で!

簡単に『ラ・ヨローナ ~泣く女~』の監督についても説明しておきますね。

監督マイケル・チャベス(Michael Chaves)
出身非公表
生年月日非公表
経歴ショートフィルムやテレビミニシリーズなどを手掛け、
本作で長編映画初監督を務める。
『死霊館』シリーズの監督でもある『ジェームズ・ワン』に認められて、
2020年公開『死霊館3』の監督が決定している新鋭監督。

主な監督作品
2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』2020年『死霊館3』

全米での公開は『2019年4月19日』です。

『アナベル 死霊館の人形』に登場した『ペレス神父』が再び登場している事からも分かりますが、本作は『死霊館シリーズ』に属する作品で『死霊館シリーズ』最新作です。

ストーリーの時系列上では『死霊館』と『死霊館 エンフィールド事件』の間に位置しています。

死霊館3も非常に楽しみですよね。

Sponsored Links

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』キャスト

アンナ『リンダ・カーデリーニ』(Linda Cardellini)

名前リンダ・カーデリーニ
出身アメリカ・カリフォルニア州・レッドウッドシティ
生年月日1975年6月25日
経歴『第65回 エミー賞』ゲスト女優賞ドラマ部門(ノミネート)『マッドメン』
『第28回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)『Return』

主な出演作品
1997年『グッド・バーガー』1998年『デッドマン・オン・キャンパス』『Strangeland』
1999年『The Prince and the Surfer』
2001年『キューティ・ブロンド』『アンディ・ガルシア 沈黙の行方』
2002年『スクービー・ドゥー』2004年『スクービー・ドゥー2 モンスターパニック』
『突撃芸能レポーター ジミニー・グリック!』『LolliLove』
2005年『ブロークバック・マウンテン』『American Gun』
2006年『Grandma's Boy』2008年『L project』2010年『スーパー!』
2011年『キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男』『Return』
2014年『Welcome to Me』
2015年『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『パパVS新しいパパ』
2016年『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
2017年『Austin Found』『パパVS新しいパパ2』
2018年『グリーンブック』『シンプル・フェイバー』『ハンターキラー 潜航せよ』
2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

ラファエル『レイモンド・クルス』(Raymond Cruz)

名前レイモンド・クルス
出身アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルス
生年月日1961年7月9日
経歴『第36回 サターン賞』テレビ部門・ゲスト出演賞(ノミネート)
『ブレイキング・バッド』

主な出演作品
1987年『星に願いを』1990年『グレムリン2 新・種・誕・生』
1991年『アウト・フォー・ジャスティス』『愛と死の間で』
1992年『お気にめすまま』『ジャッジメント』『沈黙の戦艦』
1993年『ブラッド・イン ブラッド・アウト』『ジェラシー/もう一度あの頃のように』
1994年『今そこにある危機』1995年『ダンボドロップ大作戦』
1996年『ブロークン・アロー』『アンカーウーマン』『野獣教師』『ザ・ロック』
1997年『エイリアン4』1999年『ダブル・ターゲット』
2001年『トレーニングデイ』2002年『コラテラル・ダメージ』
2005年『アン・ハサウェイ/裸の天使』『デスペラード・イン・ウエスト』
2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

エイプリル 『マデリーン・マックグロウ』(Madeleine McGraw)

名前マデリーン・マックグロウ
出身アメリカ
生年月日2008年12月22日
経歴2014年ドラマ『ボーンズ』子役デビュー

主な出演作品
2014年『アメリカン・スナイパー』
2018年『パシフィック・リム:アップライジング』『アントマン&ワスプ』
2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

クリス『ローマン・クリストウ』(Roman Christou)

名前ローマン・クリストウ
出身非公表
生年月日非公表
経歴2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』で映画デビュー

主な出演作品
2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

パトリシア『パトリシア・ヴェラスケス』(Patricia Velasquez)

名前パトリシア・ヴェラスケス
出身ベネズエラ・マラカイボ
生年月日1971年1月31日
経歴17歳の時に、ミラノに渡りモデルとして活躍。
『ドルチェ&ガッバーナ』『クロード・モンタナ』のショーに出演。
『シャネル』『ヴィクトリアズ・シークレット』の広告を務める。
ヒスパニック系で最も成功したモデルとなる。その後、女優へ転身。
1996年『ジャガー』女優デビュー

主な出演作品
1996年『ジャガー』1997年『ボルケーノ・クライシス』
1999年『ベオウルフ』『クリスティーナ・リッチのピンク・モーテル』
『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』『Facade』
2000年『ノンストップ・ガール』『San Bernardo』『Turn It Up』
2001年『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』
2004年『マインドハンター』『Zapata - El sueño del héroe』
2011年『Cenizas eternas』 2014年『Liz en Septiembre』
2016年『Guys Reading Poems』2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

ペレス神父『トニー・アメンドーラ』(Tony Amendola)

名前トニー・アメンドーラ
出身アメリカ・コネチカット州・ニューヘイブン
生年月日1944年8月24日
経歴1985年『マキシー/素敵な幽霊』映画デビュー

主な出演作品
1985年『マキシー/素敵な幽霊』1988年『Wildfire』1989年『ボディ・チェンジャー』
1993年『ヒットリスト』『スリー・オブ・ハーツ』1995年『シークレット・ミッション』
1996年『真実の囁き』1998年『マスク・オブ・ゾロ』
1999年『クレイドル・ウィル・ロック』『クレイジー・イン・アラバマ』
2001年『ブロウ』『メギド』2003年『シェイド』
2005年『One More Round』『レッド・ブレイド』『レジェンド・オブ・ゾロ』
2006年『Read You Like a Book』2007年『The Dead One』
2009年『パーフェクト・エネミーズ』2010年『Pizza with Bullets』
2012年『The Son of an Afghan Farmer』2014年『アナベル 死霊館の人形』
2015年『The Devil's Candy』『マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり』
2019年『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

Sponsored Links

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』リンダ・カーデリーニの演技評価!

『リンダ・カーデリーニ』は、4人兄弟の末っ子で、サンフランシスコのベイエリアで育ちました。

10歳の時に、学校のクリスマス劇に参加した事で、演技に興味を持つようになります。

その後、学校や地域の劇団で活動を始めます。

1993年、地元の高校を卒業したのち、

演劇をする為に『ニューヨーク』へ行くか?

テレビや映画に出演する為に『ロサンゼルス』に行くか?

大きな選択を迫られます。

彼女は、ロサンゼルスに移ることを決意します。

その後、見事女優として成功を収めます。

2000年『ロヨラ・メリーマウント大学』シアター・アーツ科卒業。

2007年、優秀な卒業生として大学側から承認されました。

『第65回 エミー賞』ドラマ部門・ゲスト女優賞(ノミネート)『マッドメン』

『第28回 インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)『Return』

1996年から2019年まで、テレビシリーズ・映画の出演作が毎年放送・公開されています。

ドラマや映画に幅広い役で常に出演し続けています。

毎年作品に出演しているのは、評価されていると言っても良いのではないでしょうか。

『第91回 アカデミー賞』作品賞など3部門受賞『グリーンブック』

主演『ヴィゴ・モーテンセン』演じる『トニー・“リップ”・バレロンガ』の妻役

『ドロレス・バレロンガ』を演じました!

Sponsored Links

まとめ

映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』を、まとめてみました。

『2019年5月10日』全国ロードショーです!

全米公開から、3週間後の公開です!

主演『リンダ・カーデリーニ』の演技が楽しみです!

『マデリーン・マックグロウ』は、将来の活躍が期待されます!

いったい川で何があったの?

あんたの子供もいずれ聞くはずよ!

あの女の泣き声を!

決して水に近づいてはいけない!

泣き声を聞いたら終わり!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)