ミッドサマー(映画)ネタバレあらすじやネット評判まとめ!ホラーだが怖くないとの声も?

その村は美しい花々が咲き乱れ・・・優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。

珍しい祭りも始まった・・・しかしその祭りは次第に異常さを増していく。

“90 年に一度の祝祭” ミッドサマー

そして・・・その夏祭こそが狂気に満ちた地獄の始まりだった!

夏至のスウェーデン奥地で行われる “90 年に一度の祝祭” で起きる、惨劇が描かれます。

Sponsored Links

異質のホラー映画

従来のホラー映画といえば、薄暗い部屋や光の無い闇の世界で恐ろしい出来事が展開されます・・・そして、明るい場所や太陽の光はむしろ安全地帯として描かれてきました。

しかし、本作はホラー映画のジャンルなのに、ほぼ全編を通して明るい光に満ちている!

映画の舞台は緯度が高いスウェーデンなので、日が最も長い夏至には午後9時でも真昼のように日光が降り注ぐ場所です。

白夜・・・正に暗闇にならない明るい夜は、冬の長い北欧ではクリスマスと並び称されるほどの特別な日なのです。

そしてこの日は各地で夏至祭りが行われ、特別な祝典や儀式も開催されます。

そんな光に満ちた極彩色の祝典が、観る者に恐ろしい惨劇を予感させる異質のホラー作品となっています。

Sponsored Links

アリ・アスター監督恐怖の演出

本作は2018年公開の映画『へレディタリー/継承』で世界を恐怖の渦に巻き込み、世界中で最高の評価を受けその名をとどろかせた、新鋭監督アリ・アスターの最新作です。

『へレディタリー/継承』は、オドロオドロした演出で脅かす類いの映画ではなく、周到な脚本と丁寧な演出でじわじわと観る者の心を追い詰め、生理的な恐怖を極限まで煽る正統なオカルト映画でした。

この映画は、とある家族のお婆ちゃんが亡くなってから、家族の周りに不気味なことが起こっていくというとても怖い映画で、サンダンス映画祭では絶賛の嵐と観客からの高い評価を得ました。

アスター監督は、これが長編映画のデビュー作ながらその名を世界に知らしめました。

本作でも独特のカメラワークや音楽が、得体のしれない気持ち悪さを演出している。

ざっくりあらすじ

アメリカの大学生・ダニは精神障害を患っている妹が自殺した事を知らされる。

ダニには恋人クリスチャンがいるが、二人の関係は冷え切っていた。

ダニとクリスチャンは今にも別れそうだったが、今回の不幸に同情したクリスチャンはダニを旅行に誘う。

クリスチャンには3人の友達がいるが、その内の一人にスウェーデン出身のペレがいた。

ペレの故郷は、スウェーデンの人里離れた町だった。

ペレは皆に「90年に一度のお祭り」があるから見に来ないかと誘ってきます。

男友達のみでの旅行をする予定だったが、ダニも旅行に誘うことにしたのだ。

そして、一行はスウェーデンの夏至祭「Midsommar」に参加をする。

90年に一度の夏至祭りは・・・美しい花々が咲き乱れ、光に満ちあふれている!

町の住人たちは白い衣装に身を包み、髪に花を飾って満面の笑顔で夏至を祝う。

ダニたちは、美しくも珍しい光景に目を見張るが・・・

その祭りは次第に異常さを増していく!

その夏至祭こそが、狂気に満ちた地獄の始まりだった。 

彼らがその祭りで見たのは!?

Sponsored Links

キャスト

主演は、『トレイン・ミッション』のイギリス人俳優フローレンス・ピュー。

恋人クリスチャンには、『トランスフォーマー/ロストエイジ』のジャック・レイナ―。

クリスチャンの友人・マーク役を『レヴェナント』のウィル・ポールターが演じ、レイナーとは本作で2度目の共演です。

フローレンス・ピュー/ダニー役

フローレンス・ピューは2014年の映画『The Falling』でデビューし新人女優として演技力も高く評価されました。「レディ・マクベス」の演技でイギリスインディペンでんと映画賞の主演女優賞など複数の賞を受賞しています。
2018年の映画『トレイン・ミッション』にも出演し「若草物語」実写版では四女のエイミー役を演じることが決まりました。

ジャック・レイナー/クリスチャン役

ジャック・レイナーは2012年、20歳のときにインディペンデント映画『What Richard Did』に主演し、この映画でアイルランドのアカデミー賞であるIresh Film & Television Academy Awardで最優秀男優賞を受賞しました。
また、この作品に出演したことでマイケル・ベイ監督の目にとまり、『トランスフォーマー/ロストエイジ』出演の機会をつかむことができました。

ウィル・ポールター/マーク役

ウィル・ポールターはイギリス出身の俳優で、人気シリーズ「ナルニア国物語第3章:アスラン王と魔法の島」でハリウッドに進出して脚光を浴び、米国で大ヒットしたコメディ映画「なんちゃって家族」でブレイクし、14年の英国アカデミーBAFTA賞でライジングスター賞にも選ばれました。

Sponsored Links

ホラーだが怖くないとの声も

『ミッドサマー』は、ホラー映画のショッキングで驚かされるような描写は少なく、全然怖くないとみていると・・・不気味さや不快感がじわじわとこみ上げる構成になっています。

光に満ちた景色と真昼間の見晴らしの良い平原で気味の悪い儀式が延々と続けられるうちに、観ている人はだんだんと気分の悪さを感じてきます・・・じわじわと!

不可解なシンボルや意味不明の絵がたくさん出てくるので、不気味な仕掛けが予想されます。

本作は一見すると大して怖くない様に見せているがそれはみかけだけで、ストーリーが進行するにつれ脳みそに恐怖がねじ込まれる様な体験をさせられるようです。

アスター監督の、これまでにないトラウマ級恐怖感を体験しましょう!

まとめ

その祭りの住人は白い衣装に身を包み、髪に花を飾って満面の笑顔で祭りを祝う。

しかし・・・その祭りは次第に異常さを増していく!

そして、光に満ちた真昼の祭典が惨劇の祭りとなった!

映画「ミッドサマー」は、真昼を舞台にしたホラー映画です。

2020年2月公開予定。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)