31日間無料トライアル実施中!


『ミスミソウ』(映画)野崎春花役の山田杏奈の演技評価やプロフィールは?出演しているCMも!

こんにちわ、管理人です。

2018年のホラーの中でも意外と期待している漫画からの実写化映画『ミスミソウ』。

あのトラウマ漫画『ミスミソウ』が実写映画化として、2018年4月7日(土)より公開されます。

この映画で主役の野崎春花を演じているのが、今大注目の若手女優の山田杏奈さんです。

現在も、映画やドラマ、CMなどに引っ張りだこなのですが、そのお年は2001年生まれの17歳。

この若さでこのご活躍なのですから、今後さらなる躍進をなさるのは間違いないといって良いでしょう。

今回は、そんなネクストブレイク間違いなしの山田杏奈さんがどんな人なのかを紹介してみたいと思います。

Sponsored Links

『ミスミソウ』(映画)野崎春花役の山田杏奈さんってどんな人?

View this post on Instagram

TOKYOVOICEアザーカット② インタビューの中で言わせていただいてるんですが、齋藤飛鳥ちゃん大好きなんです…2年前?もうちょっと前?くらいからずっと好きで、受験勉強は齋藤飛鳥ちゃんのおかげで乗り切った(?)ってくらいで…言葉で表し尽くせない、天使すぎる、尊い… インタビューの中ではいろんなことを話させて頂いてます、盛りだくさんです、私のことを知っていただけること間違いなしです☺︎ いろいろな場所で配布されているので(フリーペーパーです)ぜひ手に取ってみてくださいね🙌 photo:Atsuko Kitaura #TOKYOVOICE

A post shared by 山田杏奈 (@anna_yamada_) on

山田杏奈さんは2001年1月8日生まれの現在17歳。

アミューズ事務所に所属しており、その透明感ある容姿で数々のメディアにご出演されていますが、まだ高校生なんですね。

ご本人によるオフィシャルのinstagramでは、テスト勉強やお友達とディズニーランドに行かれた様子などをアップしています。

現役女子高生の青春な感じがして微笑ましいですよね。

こういったところも、応援したくなる部分なのかもしれませんね。

経歴

山田杏奈さんは、2011年に少女漫画雑誌のちゃお(小学館)の専属モデルを選出する「ちゃおガール☆2011オーディション」でグランプリを当時小学5年生で受賞。

その後、アミューズ事務所に所属しました。

その「ちゃおガール☆2011年オーディション」への応募理由は、賞品の3DSが欲しかったからだそうです。

小学生らしい可愛い応募理由ですね。

デビューしてすぐは、ちゃおの誌面、CM、テレビなどに出演され、2015年にはちゃお連載の『12歳。』(まいた菜穂原作)の実写ドラマで、初主演を飾ります。

その後、大河ドラマ『花燃ゆ』など数々のテレビドラマやCMに出演し、2016年に宮藤官九郎監督作『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画初出演を果たします。

そして、今年4月7日公開の映画『ミスミソウ』では映画初主演。

今、最も注目されている若手女優さんといって過言ないですね。

過去の出演作は?

山田杏奈さんの出演作で代表的なものをいくつか紹介します。

テレビドラマ

『花燃ゆ』(2015年、NHK)-寿の友人役

『スミカスミレ 45歳若返った女』(2016年、テレビ朝日)-栗原知果役

『世にも奇妙な物語‘16秋の特別編』(2016年、フジテレビ)-亜弥役

『咲‐Saki‐』(2016年、MBS・TBS系)-染谷まこ役

『先に生まれただけの僕』(2017年、日本テレビ)-加賀谷希美役

『重要参考人探偵』(2017年、テレビ朝日)-拓殖すみれ役

『セトウツミ』(2017年、テレビ東京)-車椅子の少女役

『わたしに××しなさい!』(2018年、MBS・TBS系)-マミ役

映画

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年、東宝・アスミックエース)-ひろ美の娘役

『咲‐Saki‐』(2017年、プレシディオ)-染谷まこ役

『あゝ、荒野』(2017年、スターサンズ)

『野球部員、舞台に立つ!』(2018年、パンドラ)-堺千郷役

『ミスミソウ』(2018年、テイ・ジョイ)-野崎春花役

『わたしに××しなさい!』(2018年、テイ・ジョイ)-マミ役

2018年公開の映画に現時点で3本も出演しています。

ここからも彼女の注目度の高さがうかがえますね。

2017年には人気ロックバンドKANA-BOONの『涙』という楽曲のミュージックビデオにも出演しています。

かわいさに惚れ惚れしちゃいますね。

出演しているCM

今やテレビドラマや映画で活躍している山田さんですが、一番に世間から注目されたのはCM出演だと思われます。

ちゃおのCMはもちろん、2014年にはサンヨー食品の「頂とろみ中華」、2015年にはネスレ日本の「焼きキットカット」などですね。

そして、最も印象深いのが2015年のアソビズム「城とドラゴン」荒野の少女編です。

この強力な目力と綺麗な歌声を覚えてらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

たった15秒間でこんなにも魅了されてしまうのですからすごいですよね。

Sponsored Links

『ミスミソウ』の野崎春花ってどんな役?

山田杏奈さんの映画初主演『ミスミソウ』は過激なサイコスリラー漫画の実写化です。

壮絶ないじめで家族にまで被害が及んだ少女がいじめっ子たちに復讐をするお話で、その復讐をする少女が山田杏奈さん演じる主人公の野崎春花です。

いじめられっ子という役どころですから今までの透明感溢れる少女ではなく、どこか陰のある少女を演じる山田杏奈さんの新しい一面が見られそうですね。

ちなみに山田さんはドラマ『セトウツミ』に出演されたときに、インタビューでこのようにおっしゃっています。

どこまで自分ができるんだろうとか、実写化のやつをやらせてもらうときはいつもそうなんですけど、なるべく原作の良さを壊さないようにって考えます。でも、できればその漫画やアニメの魅力とは少し違う“実写ならではの魅力”も出せたらいいなとも思います。その作品のファンの人が見ていると思うと緊張感がありますし、そういう人にも「これはこれでいいな」って実写の面白さが伝わればいいなって思います。
引用元

実写化に対し真摯な姿勢で役を演じているのがわかりますね。

過激描写でいじめっ子たちに復讐していく野崎春花を、実写ならではの魅力でどのように演じているのか楽しみです。

Sponsored Links

山田杏奈さんのネットでの演技評価は?

山田杏奈さんの演技評価はどうなのでしょうか?

日に日に出演作を増やしていってる女優さんですから演技評価も高いと思うのですが、ネットでの反応などを集めてみました。

やはり、ネットでの演技評価も高いみたいです。

本人の憧れの女優さんは満島ひかりさんらしいので、そこからも演技への向上心が見てとれますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は、注目の若手女優山田杏奈さんについてまとめてみました。

調べていけばいくほど、まじめな性格などから魅力的な女優さんだとわかります。

これから演技力もどんどん上がっていくでしょうし、年を重ねて大人の女性としてどのように成長されていくのか非常に楽しみですね。

映画初主演の『ミスミソウ』は2018年4月7日、ドラマから出演されている『わたしに××しなさい!』は2018年6月23日に公開予定です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)