31日間無料トライアル実施中!


クワイエットプレイス2(続編)ネタバレやあらすじ!日本公開日やストーリーの考察と予想!

全世界『沈黙』!

2018年『No.1』大ヒットホラー作品!

製作『マイケル・ベイ』

『トランスフォーマー』シリーズ『バッドボーイズ』シリーズ

『アルマゲドン』『ザ・ロック』監督

荒廃した世界で生き延びた家族

ここで生き残るルールは1つ

絶対に音を立ててはいけない!

音を立てると『何か』がくる!

『音を立てたら、即死。』

クワイエットプレイス2(続編)ネタバレやあらすじ!日本公開日やストーリーの考察と予想!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『クワイエットプレイス』ネタバレ・あらすじ

隕石の落下とともに現れた、宇宙から来た『何か』

『何か』は盲目で、音に反応して人間を襲う。

『何か』により、人類が滅亡の危機に瀕し荒廃した世界。

その世界で、生き延びていた家族、アボット一家。

『何か』は、呼吸の音さえ逃さない。

一瞬でも音を立てると、即死する。

『音を立ててはいけない』というルールを守り、

手話を使い、裸足で歩き、道に砂を敷き詰め、静寂と共に暮らしていた。

ある日、物資を補充した帰り道。

末っ子の『ビュー』は、音を立てたばかりに『何か』に殺されてしまう。

それから一年後。

アボット一家は、音を立てない生活を過ごしていた。

しかし『何か』は、一家の存在を感知していた。

父親『リー』は、娘『リーガン』に『ビューが死んだのはお前のせいじゃない』と手話で言い聞かせる。

リーガンは、納得出来なかった。

リーとリーガンの関係は、徐々に険悪になっていく。

リーガンは、一家の中で孤立していると感じるようになり、

弟『マーカス』が、自分以上に両親に愛されていると映ってしまう。

それことが、一層疎外感を強めていた。

ある日、リーがマーカスと釣りに行くと知ったリーガンは、2人に同行しようとするが、

出産を目前に控えていた、妊娠中の母親『エヴリン』を見ているようにと伝えられる。

釣り場の近くに滝があり、リーとマーカスは、数ヶ月ぶりに会話をする。

ビューの死と、リーガンが抱えている家族への不信感について話し合う。

マーカスは『リーガンを愛しているなら、はっきりそう伝えないとダメじゃないか』とリーに話す。

帰宅する途中、妻を亡くして悲嘆に暮れる老人に遭遇する。

老人は叫び声を上げて『何か』に殺されてしまう。

いつ終わるとも分からない、孤独な生活を恐れての自殺だったのか。

その頃、エヴリンは産気付いていた。

安全な場所で出産するために、エヴリンとリーガンは、地下室に移動する。

その途中、誤って音を立ててしまう。

一家は『何か』数体と戦わなければならない状況に陥ってしまう。

家族の運命もこれまでかと思われたその時、窮地を救ったのはリーガンの補聴器。

リーガンは、リーが作ってくれた補聴器の不具合から出る周波数が『何か』の弱点だと気付く。

監督・脚本
製作総指揮・主演
ジョン・クラシンスキー(John Krasinski)
出身アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン
生年月日1979年10月20日
経歴2009年『サンダンス映画祭』グランプリ(審査員大賞・ドラマ部門)
『Brief Interviews with Hideous Men』(ノミネート)

主な監督作品
2009年『Brief Interviews with Hideous Men』
2016年『The Hollars』2018年『クワイエット・プレイス』

2017年5月~12月、ニューヨーク州ダッチェス郡とアルスター郡で、ほとんどの撮影が行われました。

撮影にあたり、製作サイドは地元の農家に約20トンのトウモロコシの栽培を依頼します。

ストーリーの設定の関係上、スタッフは撮影時に極力音を立てないように、意図された音のみが収録されるように心がけていました。

本作には、ミュージカルの古典の楽曲が使用されています。

クラシンスキーは『観客の皆様に違和感を覚えて欲しくないのです。本作を実験的なサイレント映画だと思ってもらいたくないのです。』と語っています。

ホラー作品に馴染みが薄かったクラシンスキーは、本作を手掛けるにあたり、

『ドント・ブリーズ』『ゲット・アウト』『ジョーズ』を参照しました。

クラシンスキーは、本作が親子の物語であるだけではなく、アメリカ政治に対する風刺にもなっていると語っています。

今そこにある危機を解決しようとするどころか、それから目を背けたり、逆に便乗したりする人々が存在することを風刺している。

プロデューサー陣は当初、手話でのやり取りに、字幕を付けない予定でした。

しかし、ストーリー上の重要なシーン(リーとリーガンが補聴器について話すシーン)を、字幕なしで理解するのはほぼ不可能だと気付かされます。

そのシーンだけ字幕を付けると不自然になるために、手話でのやり取り全てに字幕を付けることになります。

『2018年4月6日』全米3508館で封切られて、公開初週末『5020万ドル』の興収。

『ボックスオフィス』週末興行収入ランキング初登場1位。

ホラー作品のオープニング興収が5000万ドルを超えたのは『パラノーマル・アクティビティ3』以来の快挙です。

累計興行収入も『ドント・ブリーズ』『ゲット・アウト』など近年のホラー話題作を軽々超えます。

更に『レディ・プレイヤー1』『グレイテスト・ショーマン』などを超える、世界累計興行収入『3億3450万ドル』を突破しています。

2018年度、オリジナル作品No.1大ヒット作品です。

本作は、批評家から絶賛されています。

映画批評サイト『ロッテン・トマト』には、現在328件のレビューがあります。

批評家支持率『95%』平均点『10点満点中8.2点』になっています。

批評家の見解の要約は『『クワイエット・プレイス』となっている容赦ない知的生命体

『そのオリジナリティは恐ろしさと同じくらいある』を登場させることで、根源的な恐怖を巧みに利用している。

同作によって、ジョン・クラシンスキーは自身が新進気鋭の映画監督であることを立証した。』

映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージックの評価レビュー集積サイト『メタクリティック』には、現在55件のレビューがあります。

加重平均値『82/100』となっています。

『シネマスコア』は『B+』となっています。

『ハリウッド・レポーター』ジョン・デフォア『恐ろしいスリラー映画だが、心の温かさもある。』

『親としての責任と恐怖の組み合わせを表現するために、ここまで想像力を働かせた作品は『テイク・シェルター』以来ではないか』と称賛しています。

Sponsored Links

『クワイエット・プレイス』キャスト

エヴリン・アボット『エミリー・ブラント』(Emily Blunt)

 

   

名前エミリー・ブラント
出身イングランド・ロンドン
生年月日1983年2月23日
経歴『第7回 英国インディペンデント映画賞』新人賞(ノミネート)
『第25回 ロンドン映画批評家協会賞』新人賞(ノミネート)
『マイ・サマー・オブ・ラブ』
『第27回 ロンドン映画批評家協会賞』助演女優賞
『第64回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『第60回 英国アカデミー賞』助演女優賞・ライジング・スター賞(ノミネート)
『プラダを着た悪魔』
『第14回 サテライト賞』助演女優賞(ノミネート)
『第30回 ロンドン映画批評家協会賞』助演女優賞(ノミネート)
『サンシャイン・クリーニング』
『第9回 バンクーバー映画批評家協会賞』主演女優賞
『第12回 英国インディペンデント映画賞』主演女優賞(ノミネート)
『第15回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『第14回 サテライト賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第67回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第15回 ダラス・フォートワース映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『ヴィクトリア女王 世紀の愛』
『第38回 サターン賞』助演女優賞『アジャストメント』
『第70回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)『砂漠でサーモン・フィッシング』
『第18回 放送映画批評家協会賞』アクション映画女優賞(ノミネート)
『LOOPER/ルーパー』
『第20回 放送映画批評家協会賞』アクション映画女優賞
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
『第21回 放送映画批評家協会賞』アクション映画女優賞(ノミネート)
『ボーダーライン』
『第72回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)『イントゥ・ザ・ウッズ』
『第24回 放送映画批評家協会賞』主演女優賞・コメディ映画女優賞
(ノミネート)※2019年1月13日決定『メリー・ポピンズ リターンズ』
『第76回 ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
(ノミネート)※2019年1月6日決定『メリー・ポピンズ リターンズ』

主な出演作品
2003年『ウォリアークイーン』2004年『マイ・サマー・オブ・ラブ』
2006年『プラダを着た悪魔』
2007年『デス・ロード 染血』『ジェイン・オースティンの読書会』
2007年『40オトコの恋愛事情』『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
2009年『サンシャイン・クリーニング』
2009年『ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生』
2009年『ヴィクトリア女王 世紀の愛』
2010年『ウルフマン』『ターゲット』『ガリバー旅行記』
2011年『アジャストメント』『砂漠でサーモン・フィッシング』『ラブ・トライアングル』
2012年『憧れのウェディング・ベル』『LOOPER/ルーパー』
2013年『アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方』
2014年『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『イントゥ・ザ・ウッズ』
2015年『ボーダーライン』
2016年『スノーホワイト/氷の王国』『ガール・オン・ザ・トレイン』
2018年『クワイエット・プレイス』『メリー・ポピンズ リターンズ』

リー・アボット『ジョン・クラシンスキー』(John Krasinski)

名前ジョン・クラシンスキー
出身アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン
生年月日1974年1月30日
経歴2011年『ティーン・チョイス・アワード』チョイス・ムービー・アクター
(ロマンティク・コメディ部門)『Something Borrowed/幸せのジンクス』

主な出演作品
2004年『愛についてのキンゼイ・レポート』『Taxi NY』
2005年『ジャーヘッド』2006年『ホリデイ』『ドリームガールズ』
2007年『ライセンス・トゥ・ウェディング』2008年『かけひきは、恋のはじまり』
2009年『お家をさがそう』『恋するベーカリー』
2011年『Something Borrowed/幸せのジンクス』
2012年『だれもがクジラを愛してる。』『プロミスト・ランド』2015年『アロハ』
2016年『13時間 ベンガジの秘密の兵士』『最高の家族の見つけかた』
2017年『デトロイト』2018年『クワイエット・プレイス』

リーガン・アボット『ミリセント・シモンズ』(Millicent Simmonds)

名前ミリセント・シモンズ
出身アメリカ・ユタ州・デービス郡・バウンティフル
生年月日2003年3月1日
経歴『第2回 シアトル映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第16回 ワシントンD.C.映画批評家協会賞』青年俳優賞(ノミネート)
『第22回 フロリダ映画批評家協会賞』
ポーリン・ケイル・ブレイクアウト賞(ノミネート)
『第14回 女性映画批評家協会賞』若手女優賞(ノミネート)
『第44回 サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第23回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート)
『ワンダーストラック』
『第2回 ロサンゼルス・オンライン映画批評家協会賞』23歳以下女優賞(ノミネート)
『第3回 シアトル映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート)
『第17回 ワシントンD.C.映画批評家協会賞』青年俳優賞(ノミネート)
『第24回 放送映画批評家協会賞』若手俳優賞(ノミネート)※2019年1月13日決定
『クワイエット・プレイス』

主な出演作品
2017年『ワンダーストラック』2018年『クワイエット・プレイス』

マーカス・アボット『ノア・ジュープ』(Noah Jupe)

名前ノア・ジュープ
出身イングランド・ロンドン
生年月日2005年2月25日
経歴『第38回 ロンドン映画批評家協会賞』イギリス人・アイルランド人・年間若手賞
(ノミネート)
『ナチス第三の男』『サバービコン 仮面を被った街』『ワンダー 君は太陽』
『第39回 ヤング・アーティスト・アワード』十代主演俳優賞(ノミネート)
『サバービコン 仮面を被った街』

主な出演作品
2017年『ナチス第三の男』『That Good Night』
2017年『サバービコン 仮面を被った街』『ワンダー 君は太陽』
2018年『タイタン』『クワイエット・プレイス』『Holmes and Watson』

Sponsored Links

『クワイエットプレイス2』日本公開日やストーリーの考察と予想!

公開直後のインタビューで、原案・脚本『スコット・ベック』『ブライアン・ウッズ』は、続編のアイデアがあると述べていました。

リーガンの『補聴器』に反応し、もがき苦しむ『何か』

『何か』の弱点となる『周波数』

エヴリンとリーガンが戦いを挑む表情で終わる。

続編は『何か』の弱点が分かり、戦いを挑んでいく展開で進んでいくのではないでしょうか。

そこで、リーが『何か』について収集した『情報』が鍵になってくるのではないかと思われます。

リーが、生き残った人たちに向けて、火を使い合図を送りました。

生き残っている人々がいて、現れるのではないでしょうか。

その生き残った人々とともに力を合わせて『何か』に戦いを挑むのではと思われます。

『2018年4月25日』パラマウント・ピクチャーズが、続編の製作を開始したと報道がありました。

監督のクラシンスキーは、続編の脚本を担当しています。

『クワイエット・プレイス2』は『2020年5月15日』全米公開を予定しています。

『クワイエット・プレイス』は、全米公開から、約6ヶ月後に日本公開されました。

前作のヒットを考えると、続編は、全米公開から半年以内での日本公開は決定的かと思います。

また、ネタバレなどを考えると全米公開からすぐに日本公開もあるのではないでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

映画『クワイエットプレイス2』を、まとめてみました。

『クワイエットプレイス2』の公開を、期待したいですね!

『MoviesFan』では、追加情報が分かり次第、随時掲載します。

90分間『呼吸の音さえ恐怖に変わる』

この『沈黙』の恐怖に、観る者すべてが閉じ込められる!

ホラー映画の手法をとりながら、アメリカ政治に対する風刺を作品に織り交ぜている作品です。

続編公開前に、鑑賞してみてはどうでしょうか!

出演の『ミリセント・シモンズ』の、今後の活躍を期待しています!

ミリセント本人も作品と同様に、聴覚に問題を抱えており、アメリカ手話を使ってコミュニケーションをとっています。

演技を志すきっかけになる作品は『ケイト・ブランシェット』主演『ブルー・ジャスミン』

生後12ヶ月で、投薬過多により聴覚を失いました。

ミリセントは、ろう学校に通い演劇部に参加。

シェイクスピア『真夏の夜の夢』のパック役で注目されます。

ミリセントと同じく、耳が不自由な学生が作った短編映画にも出演します。

トッド・ヘインズ監督『ワンダーストラック』で、女優デビュー。

250人以上の候補の中から大抜擢されます。

裕福ながら親の愛に恵まれずに暮らす、耳が聞こえない少女を演じます。

ミリセントは、多数の映画賞でノミネートされました。

『ミリセント・シモンズ』を応援しています!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)