貞子(最新)伽椰子と合体バージョンは登場する?どのシリーズからの続きなのか?

この映画・・怖さ!ハンパね~ 恐怖容赦なし!

「撮るな~撮ったら、死ぬ!その呪いはYouTubeから始まった!」という怖さ。

SNS時代に自撮りが当たり前なのに、撮るな~死ぬぞ~と言われたら…どうする?!

ホラー映画史上NO.1の恐怖映画として誉れ高い(?)「リング」シリーズ最新作は「貞子」というタイトルで公開が決定しました。

最恐の敵、伽椰子と合体バージョンは登場する?本作はどのシリーズからの続きなのかまとめてみました。

Sponsored Links

次なる貞子の呪いは誰に?最恐のホラー「貞子」

View this post on Instagram

★おぞねせいこ★ 映画「貞子」に出演します!! 伝説の『リング』から20年―。 日本ホラー映画史上No.1『リング』シリーズの最新作をお楽しみに! 映画『貞子』(5月24日公開) 監督:中田秀夫 出演 池田エライザ 塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ おぞねせいこ 原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊) 脚本:杉原憲明 配給:KDOKAWA 制作プロダクション:角川大映スタジオ ツインズジャパン https://sadako-movie.jp/ #おぞねせいこ #貞子 #movie #映画 #ホラー #中田秀夫 監督 #鈴木光司 さん #タイド #après

アプレさん(@apres_official)がシェアした投稿 –

ホラー映画「リング」は、シリーズ誕生から今日まで歩みを止めず進化を遂げてきました。

リングに登場する貞子は「日本で最も有名な怨霊」として恐怖の代名詞ともなりました。

そしてシリーズ誕生から20年目の最新作は「貞子」として、観客を新たな恐怖のどん底に突き落としていきます!

恐怖の原点 貞子とは?

貞子とは、ホラー作品「リング」に登場する女子幽霊で、テレビ画面からオドロオドロしく這い出てくるインパクトから、ホラーの恐怖女子となりました。

その容姿は…髪の毛の隙間から覗く不気味な目・白装束と奇妙な動き・爪が剥がれた手など…恐怖のインパクト大です!

伽椰子とは?

View this post on Instagram

#貞子vs伽椰子 #伽椰子

遠藤留奈さん(@rurururururu_na)がシェアした投稿 –

伽椰子、ホラー作品「呪怨」に登場するとんでもなく質の悪い怨霊で、無念の死を遂げた伽椰子に出会った者は必ず消されるか、殺される運命をたどる最恐の怨霊です。

Sponsored Links

『貞子』の主演キャストとあらすじは?

主演は、モデル出身で映画やドラマを中心に活動の場を広げている池田エライザ!

池田が演じるのは、病院で心理カウンセラーとして働く茉優役で、公営住宅の火事により記憶喪失となった少女を担当したことから、奇妙な出来事に巻き込まれていく役を演じます。

他には、YouTuber役に清水尋也さん、塚本高史さんが出演。

あらすじ

病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)。

ある日、公営住宅の火事で警察に保護された一人の少女を担当する。

少女は一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない・・

そんな少女と向き合う茉優だったが、次第に・・

次第に、彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める。

一方、ウエブマーケティングに勤める祐介(塚本高史)の勧めでYouTuberとなった
弟の和真(清水尋也)は、再生回数の獲得に焦り、心霊動画を撮ろうと死者5人を出した団地の火事跡に忍び込むが・・

ここから・・「撮るな~撮ったら、死ぬ!その呪いはYouTubeから始まった!」という恐怖
が始まるのです!

Sponsored Links

伽椰子と合体バージョンは?

2016年公開の「貞子vs伽椰子」で、貞子はついに『呪怨』のホラーキャラクター伽椰子と対決します!

このお話は、貞子の「呪いのビデオ」と伽椰子の「呪怨の家」の二つの問題を解決するために「貞子vs伽椰子」をぶつけ戦わせ、ホラー両方を消滅させようというお話。

貞子vsの対決は、両者の激しい戦いの末勝負がつくどころか、二人一緒に井戸に落ちた時点で合体し、ナント!新たに巨大でおぞましい姿になってしまったのです!!

「エイリアンとプレデターが完全に融合」したイメージですね!

ラストのエンドロールの後に、再び合体した後の貞子の立ち姿が写り・・ザ・エンド

ホラーというより、モンスター同士の驚異的なぶつかり合いが楽しい映画でした。

続編が期待されましたが、今回は貞子ちゃんだけで、合体バージョンは登場しません!

Sponsored Links

続きはどのシリーズからなの?

View this post on Instagram

貞子ブランド下げんといて #貞子 #映画

Ryohei Shinoharaさん(@c_b_7_r)がシェアした投稿 –

中田秀夫監督が手がけた1998年公開の「リング」は、観た者が1週間後に呪い殺されるという“呪いのビデオ”の恐怖を描いたホラーで、社会現象をも巻き起こし大ヒットに!

続編「リング2」第三弾「リング0~バースデイ~」第四弾「貞子3D」や、ハリウッド版「ザ・リング」シリーズも製作され怨霊の貞子さんは‷恐怖の象徴‴として知られるようになりました。

本作は、リングシリーズの作家・鈴木光司の小説「タイド」をもとにし、ビデオに登場する怨霊・貞子の原点が描かれます。

ハリウッド版を除けば、シリーズ第五弾の作品となります

まとめ

大ヒットホラー!「リング」シリーズに登場する貞子は「日本で最も有名な怨霊」として恐怖の代名詞ともなりました。

シリーズ誕生から20年目の最新作は「貞子」!観客を新たな恐怖のどん底に突き落としていきます!恐怖の貞子ワールド!その恐怖容赦なし!!

映画「貞子」2019年・5月24日公開

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)