サスペリア(リメイク映画)最新ネタバレやあらすじ!予告動画や日本公開日など【2018年】

1977年に公開されたホラー映画の名作『サスペリア』リメイク版の日本公開が2019年1月25日開始と公式サイトで発表されました。

日本版公式予告動画のキャッチコピーが「決して、ひとりではみないでぐださい。」と忠告するほど怖いらしいですから一体どんだけ怖いんでしょうか。

昨年大ヒットした映画『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノが監督、主演は
映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズのダコタ・ジョンソンというのも楽しみですね。

早速、情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

Sponsored Links

映画『サスペリア(リメイク版)』のあらすじとネタバレ

1977年、主人公のスージーはアメリカからはるばる西ベルリンにある名門のマルコス・ダンス・アカデミーに入学する為にやってきました。スージーがアカデミーに到着した頃、生徒のパトリシアは、アカデミーは学長のマルコスをはじめ魔女の集団によって支配されていると、不思議な事を心理セラピストに言い残して失踪してしまいます。

リハーサル中に魔女の1人で振付師のマダム・ブランと口論となりスタジオを飛び出した学生、オルガの代わりにスージーが踊ることとなったのです。オルガは外に出て行こうとしたのですが、気が付くと、鏡の並ぶ不思議な部屋閉じ込められていました。そして、どういう訳かスージーが激しく踊るたびに、オルガの体が傷つけられ無惨な姿となってしまいました。オルガーの悲惨な体は大きな鉄のフックで女性指導員(魔女)達に引きずられどこかに運ばれるのでした。

スージーはマダム・ブランに気に入られ、次の公演のリードダンサーにえらばれました。一方、スージーの友人サラはアカデミーで起こる不思議な事件の深層を探りはじめると、アカデミーの中に秘密の廊下があることに気付き、そこでサラは、失踪したはずのパトリシアが見るも無惨な姿となっているのを発見するのです。逃げようとしたサラは、指導員達につかまり、足を骨折してしまいます。

公演中では足を骨折したサラも踊らさせられて、サラは途中で痛さのあまりに倒れてしまい、公演は中止となったのです。その後、サラも指導員達に無惨な姿にされてしまうのです。

翌日、スージーがアカデミーにいくと、マダム・ブランと他の指導員達は心理セラピストを監禁し、魔女の集会がおこなわれていました。その指揮をとっているのが学長のマルコス夫人です。

マルコスはスージーに魔女の儀式を行わせようとした時、マダム・ブランが何かおかしい事に気付き儀式を中断させようとしました。それにマルコスは腹を立て、マダム・ブランを半殺しにします。そこにスージーが、「溜息の母」はマルコスではなく自分だ、だから、マルコスを殺し、アカデミーを継ぐと言って、マルコスとマルコスを支持する指導員(魔女)達を殺すのでした。そして、生贄の為に無惨な姿となった、パトリシア、オルガ、サラを痛みの苦しみから解放するために死なせてあげます。

翌日、何もなかったかのような日常に戻ったアカデミーでは瀕死の状態のマダム・ブランが発見されました。また、スージーは魔女の集会から解放され、自宅で療養していた心理セラピストを見舞いに訪ねました、スージーが彼の手を握った瞬間、その心理セラピストはどういうわけか激しい発作を起こして、記憶を失うのでした。

Sponsored Links

映画『サスペリア(リメイク版)』のキャスト

ダコタ・ジョンソン

(29歳、テキサス州出身)

主人公のスージーを演じます。ダコダと言えば、何といっても、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズですね。今回はホラー作品に挑戦です。どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

クロエ・グレース・モレッツ

(21歳、アトランタ出身)

生贄の1人となるパトリシア役には人気若手女優のクロエ・グレース・モレッツが努めます。クロエは2005年映画『悪魔の棲む家』のリメイク作品でヤングアーティスト賞を獲得した後、映画『キック・アス』で大ブレイクしました。

ティルダ・スウィントン

(58歳、イギリス出身)

魔女の1人マダム・ブランとして名を連ねるのは、大女優のティルダ・スウィントン。2007年映画『フィクサー』でアカデミー助演女優賞を受賞しています。

2016年の『ドクター・ストレンジ』でも魔術師役で出演していましたね。何故かミステリアスな雰囲気を持つベテラン女優です。

Sponsored Links

映画『サスペリア(リメイク版)』の評判は

2018年度ヴェネチア国際映画祭では拍手喝采、あのタランティーノ監督も絶賛したというこの作品ですが、映画レビューサイト、ロッテントマトのポジティプ評価は評論家が68%、一般観客は72%とまあまあと言うところではないでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

ホラー映画『サスペリア』リメイクについてご紹介いたしました。公開は2019年1月25日からです。劇場でその醍醐味を味わってください。 

不気味な音楽やダンス、異色のキャストと見逃せないホラー作品ですね。オリジナル版をまだ見ていない方は、年末休暇にでも観ておくと、比較も楽しいかもしれません。

とにかく、「決してひとりでは見ないで下さい。」

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)