『ザ・サークル』メイ役女優はエマワトソン!演技評価や暴いた真実とは?

『ザ・サークル』が2017年11月10日に公開されます。

アメリカで話題になったサスペンス小説『ザ・サークル』が満を持して映像化した作品です。

ニュースの話題にも良く登場するソーシャルメディアをテーマにした作品ということもあって公開前ですが期待が高まっています。

ストーリーも勿論気になる所ですが、なんと主役の「メイ・ホランド」を演じるのは「エマ・ワトソン」さん。

2001年に『ハリー・ポッター』シリーズの映像化第一作目『ハリーポッターと賢者の石』で鮮烈なデビューを果たしました。

ハリーポッターが人気になるにつれて大女優へと駆け上がっていきました。

いろんな話題作にも出演しており、最近では2017年公開の映画『美女と野獣』では主役の「ベル」に大抜擢されています。

今回は「エマ・ワトソン」さんについてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

『ザ・サークル』メイ役のエマ・ワトソンの経歴は?どんな人?

「エマ・ワトソン(Emma Watson)」さんは1990年にフランスのパリで生まれ、イギリスのオックスフォードで育ちました。

身長は160cmで女優さんとしての活動だけではなく、モデルとしても活動されています。

勿論、デビュー作品は『ハリーポッターと賢者の石』の「ハーマイオニー」役になります。

注目作品だけあってかなりの話題を集めました。

「エマ・ワトソン」さんと言えば「ハーマイオニー」をイメージしがちですが、『ハリー・ポッター』シリーズが公開された後も、役者として精力的に活動されています。

今でも『ハリー・ポッター』シリーズで共演した「ダニエル・ラドクリフ」さんや「ルパート・グリント」さんたちとは非常に仲が良いのだとか

あの3人はハリーポッターでスタートダッシュを決めた俳優と言っても良いでしょうね!

2007年に公開されたテレビ映画『バレエ・シューズ』では「ポーリーン・フォッシル」を演じ、2008年にはアニメ映画『ねずみの騎士デスペローの物語』に登場する「ピアー姫」の声優を担当するなど、演技に対して様々なアプローチを続けられています。

私生活はと言うと、9歳から演技の世界で活躍していた「エマ・ワトソン」さんですが、見事に仕事と学業を両立させ2006年に「GCSE」と言われるイギリスの義務教育の修了証を取得しています。

その後も勉学に励み、複数の「ノーベル賞」受賞者を輩出している事でも有名なアメリカのロードアイランド州にある「ブラウン大学」に進んでいます。

美人でスタイルが良い、おまけに頭もいいとは誰も勝てませんね。

Sponsored Links

映画『美女と野獣』を無料で見る方法はあるの?

こちらは有名な動画配信サイトのというところです。


こちらは最初に600ポイントがお試しでついているのでこれでみてしまうという方法です。

ただ古い映画の場合、とくにポイントを使用しなくても無料で見れることもあります。

31日間の無料お試し期間でも提供されるサービスは通常会員と同じなので、制限などはありません。

見放題扱いになっているドラマや映画も多くありますし、さらには雑誌が無料で読み放題となるのは非常に良いのではないでしょうか。

31日無料期間でいろいろとみれちゃうと思いますよ

ぜひどうぞ。

※古い映画の場合はリストにないかもしれませんので事前にアクセスしてご確認してください。

Sponsored Links

『ザ・サークル』メイ役女優はどんな役なの?あらすじは?

予告動画追加中!!ネタバレ含みます!

メイ・ホランドは世界最大のSNS企業「サークル」に採用された新入社員です。

経営者の「ベイリー」の目に留まり新しいサービス「シーチェンジ」のモデルケースに選ばれます。

憧れていた企業で新事業に抜擢されたとあって「メイ・ホランド」はその話を受けることにしました。

夢に満ち溢れて目標に立ち向かっていく女性を演じるところが見所でしょうか。

劇中に出てくる「シーチェンジ」とは、新開発された超小型のカメラを使い自分の24時間を全て公開することができるそうです。

その目新しさもあり「メイ・ホランド」はあっという間に1000万人を超えるフォロワーを集め、ネット上のアイドルになると同時に「サークル」の顔になってしまいます。

自分の全てをネットでシェアされている特殊な環境の中で、当たり前の存在になったネットと線引きがあやふやになっていくプライベート。

充実しているはずの生活の中で感じる些細な不安。

メイ・ホランドは一般的な女性でありながら些細なきっかけでプライベートを可視化されることになってしまったわけですが、徐々に浮かび上がってくる「サークル」の目的とプライベートが有るようで無い世界に対して恐怖を感じ始めます。

メイ・ホランドが感じることになる、いわゆるホラー的な怖さとはまた違った恐怖に注目です。

Sponsored Links

メイ・ホランドとエマ・ワトソンのネットの演技評価や共通点は?

ブロンド美人の「エマ・ワトソン」さんですが、2017年に『美女と野獣』の「ベル」役に抜擢されています。

その撮影シーンではドレス姿の「エマ・ワトソン」さんと「野獣」役の「ダン・スティーヴンス」さんの撮影シーンを見ることが出来ます。

注目したいのが「ダン・スティーヴンス」さんの服装です。

実は野獣の姿を表現する為に実際の演技中は全身タイツのようなスーツを着込んでいたそうなのですが、やはりお二人共にプロということでラブシーンもシリアスなシーンもしっかりと演技されています。

そんあ姿勢が演技の高評価につながり感動を生むのでしょう。

公開前から気になるとのツイートは多くありますね。

さらに「メイ・ホランド」との共通点ですが、「メイ・ホランド」は「シーチェンジ」のモデルケースに選ばれたことによって、また「エマ・ワトソン」さんは『ハリー・ポッター』シリーズの大ヒットによって急に全世界から注目されることになっています。

特に「エマ・ワトソン」さんは9歳の頃からずっと注目されていることになりますから「メイ・ホランド」の先輩と言えるのかもしれません。

記者、とくにパパラッチからの隠し撮りなどいろいろとプライベートはさらされてしまっているエマワトソンなら、現実とあまり変わらない演技ができるのではないかと思います。

この二人の共通点も演技にプラスに作用するでしょう。

やはりルックスがよいというのもいい演技につながるではないかと思います

モデルをしているのもあって体型管理はハンパではないでしょう。

女性からしてみればエマワトソンはファッションリーダー的な存在でもあるでしょう。

関連雑誌や身につけた衣装は必ず大ヒットしますよね。

衣装に注目して見る女性もいるでしょう。

やっぱり気になる興行収入は?

2009年に「過去10年間で最も興行収入を稼いだ女優」としてギネス記録に認定されています。

「エマ・ワトソン」さんが2000年から出演した劇場映画は『ハリー・ポッター』シリーズ以外では声優を務めた『ねずみの騎士デスペローの物語』だけ、合計6本の映画で興行収入の合計は約54億ドルだと言われています。

さらに2011年にはアメリカの経済誌『フォーブス』にて「スクリーン上で最も興行収入を稼いだカップル」のランキングを発表。

『ハリー・ポッター』シリーズの「エマ・ワトソン」さんと「ルパード・グリント」さんが一位にランクインしました。

こちらは「ルパード・グリント」さんとの合計ですが、63億ドルの興行収入だそうです。

まとめ

今回は『ザ・サークル』「メイ・ホランド」役の「エマ・ワトソン」さんについてご紹介しました。

演技力に定評のある「エマ・ワトソン」さんですが『ザ・サークル』に見え隠れする、ネットと現実という人事ではないテーマに肉薄する熱演に期待が高まります。

それは私生活での実際の状況と似たようなものもあるので演技にプラスになること間違いなし。

『フォレスト・ガンプ』の主演を勤め、映画監督としての評価も高い「トム・ハンクス」さんとの共演にも注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)