ビリーブ未来への大逆転のネタバレやあらすじ!キャストやフェリシティの演技力など!

彼女の物語が世界を変えた!

1970年代アメリカ

50年前のアメリカの話し

女性はクレジットカードを作れない!仕事を選べない!

男性は専業主夫になれない!

女性弁護士『ルーズ・ギンズバーグ』が挑んだのは、男女平等の社会を作ること!

ルースは、貧困・差別をバネにして、弱い立場の人々と手を組んで権力に立ち向かう!

史上初の『男女平等』裁判に挑んだ実話をもとに描かれた作品。

『ビリーブ 未来への大逆転』ネタバレやあらすじ!キャストやフェリシティの演技力など!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『ビリーブ 未来への大逆転』ネタバレ・あらすじ

貧しいユダヤ人家庭に生まれた『ルース・ギンズバーグ』

『すべてに疑問を持て』という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門『ハーバード法科大学院』に入学する。

1956年当時、500人の生徒のうち女性はわずか9人。

女子トイレすらなかった。

家事も育児も分担する夫『マーティ』の協力のもと首席で卒業する。

法律事務所に就職しようとするが、女性であることを理由に雇ってはくれなかった。

ルースは、やむなく大学教授になった。

70年代になり更に、男女平等の講義に力を入れる。

弁護士の夢を捨てきれずにいたルース。

マーティが、とある訴訟の記録を見せる。

その訴訟が歴史を変える裁判になることを信じたルースは、自ら弁護を買って出るのだが・・・

監督ミミ・レダー(Mimi Leder)
出身アメリカ・ニューヨーク州・ニューヨーク
生年月日1952年1月26日
経歴『第47回 エミー賞』監督賞(ドラマ・シリーズ部門)『ER緊急救命室』
1999年『アメリカン・フィルム・インスティチュート』
フランクリン・J・シャフナー卒業生賞
2000年『ウィメン・イン・フィルム』ドロシー・アーズナー監督賞

主な監督作品
1997年『ピースメーカー』1998年『ディープ・インパクト』
2000年『ペイ・フォワード 可能の王国』2009年『ザ・エッグ 〜ロマノフの秘宝を狙え〜』
2018年『ビリーブ 未来への大逆転』

原題の『ON THE BASIS OF SEX』意味は『性別に基づいて』です。

『2018年12月25日』全米33館にて、限定公開されました。

公開初週末『68万6355ドル』で、週末興行収入ランキング初登場『22位』を記録します。

『2019年1月11~13日』週末興行収入『607万ドル』で、ランキング『8位』になります。

『2019年1月18日』公開規模が『1957館』まで拡大されます。

アメリカ国内合計は『2322万2687ドル』(約25億4800万円)の興行収入を収めます。

Sponsored Links

『ビリーブ 未来への大逆転』キャスト

ルース・ベイダー・ギンズバーグ『フェリシティ・ジョーンズ』(Felicity Jones)

   

名前フェリシティ・ジョーンズ
出身イングランド・バーミンガム
生年月日1983年10月17日
経歴『サンダンス映画祭』審査員特別賞(ドラマ部門)
『ゴッサム・インディペンデント映画賞』ブレイクスルー俳優賞
『ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞』ブレイクスルー演技賞
『エンパイア賞』新人女優賞
『今日、キミに会えたら』
『第87回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『第72回 ゴールデングローブ賞』女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『博士と彼女のセオリー』

主な出演作品
1996年『The Treasure Seekers』
2008年『フラッシュバック』『情愛と友情』2009年『わたしの可愛い人 シェリ』
2010年『Cemetery Junction』『Soulboy』
2011年『テンペスト』『Albatross』『Chalet Girl』『今日、キミに会えたら』『ヒステリア』
2012年『Cheerful Weather for the Wedding』
2013年『あなたとのキスまでの距離』『エレン・ターナン 〜ディケンズに愛された女〜』
2014年『アメイジング・スパイダーマン2』『博士と彼女のセオリー』
2015年『トゥルー・ストーリー』
2016年『アウトバーン』『怪物はささやく』『インフェルノ』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2018年『ビリーブ 未来への大逆転』

マーティン・D・ギンズバーグ『アーミー・ハマー』(Armie Hammer)

   

名前アーミー・ハマー
出身アメリカ・カリフォルニア州・サンタ・モニカ
生年月日1986年8月28日
経歴 『第17回 スクリーン・アクターズ・ギルド賞』キャスト賞(ノミネート)
『ソーシャル・ネットワーク』
『第18回 スクリーン・アクターズ・ギルド賞』助演男優賞(ノミネート)
『J・エドガー』
『第75回 ゴールデン・グローブ』助演男優賞(ノミネート)
『第33回 インディペンデント・スピリット賞』助演男優賞(ノミネート)
『第23回 放送映画批評家協会賞』助演男優賞(ノミネート)
『君の名前で僕を呼んで』

主な出演作品
2006年『マイ・フレンド・フリッカ』2008年『パニック・エレベーター』
2009年『2081』『スプリング・ブレイクダウン』2010年『ソーシャル・ネットワーク』
2011年『J・エドガー』2012年『白雪姫と鏡の女王』2013年『ローン・レンジャー』
2015年『コードネーム U.N.C.L.E.』『Entourage』
2016年『バース・オブ・ネイション』『ノクターナル・アニマルズ』『フリー・ファイヤー』『アローン』
2017年『君の名前で僕を呼んで』『ジャコメッティ 最後の肖像』
2018年『Hotel Mumbai』『Sorry to Bother You』『ビリーブ 未来への大逆転』

メル・ウルフ『ジャスティン・セロー』(Justin Theroux)

   

名前ジャスティン・セロー
出身アメリカ・ワシントンD.C.
生年月日1971年8月10日
経歴 『第6回 放送テレビ批評家協会賞』主演男優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『LEFTOVERS/残された世界』

主な出演作品
1996年『I SHOT ANDY WARHOL』
1997年『アリッサ・ミラノの 堕落の園』『ロミーとミッシェルの場合』
2000年『アメリカン・サイコ』『ブロークン・ハーツ・クラブ』
2001年『マルホランド・ドライブ』『ズーランダー』
2003年『オドレイ・トトゥ in ハッピーエンド』『おまけつき新婚生活』
『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』
2006年『ザ・レジェンド・オブ・ルーシー・キーズ』『マイアミ・バイス』
『インランド・エンパイア』
2007年『ブロークン・イングリッシュ』『幸せになるための10のバイブル』
2011年『ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣』2012年『ふたりのパラダイス』
2016年『ガール・オン・ザ・トレイン』2017年『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
2018年『ビリーブ 未来への大逆転』

アーウィン・グリスウォルド『サム・ウォーターストン』(Sam Warterston)

   

名前サム・ウォーターストン
出身アメリカ・サチューセッツ州・ケンブリッジ
生年月日1940年11月15日
経歴『第32回 ゴールデングローブ賞』助演男優賞・新人男優賞(ノミネート)
『華麗なるギャツビー』
『第57回 アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『第38回 英国アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『第42回 ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『キリング・フィールド』

主な出演作品
1967年『ニューヨーク泥棒結社』1969年『ゼネレーション』『夏の日の体験』
1970年『濡れた欲望』1974年『華麗なるギャツビー』
1975年『荒野にさすらう若者たち』『怒りの凶弾』
1976年『スーパーカー・フェラーリ/青春の暴走』
1977年『カプリコン・1』1978年『インテリア』
1980年『ホップスコッチ/或るエリート・スパイの反乱』『天国の門』
1984年『キリング・フィールド』1985年『バイオ・インフェルノ』
1986年『女ざかり/ホリーとサンディ』
1987年『デビルス・パラダイス/悪魔の楽園』『セプテンバー』
1989年『ウディ・アレンの重罪と軽罪』1991年『マン・イン・ザ・ムーン/あこがれの人』
1994年『シリアル・ママ』 1997年『ザ・ターゲット』
2003年『ル・ディヴォース/パリに恋して』2016年『女神の見えざる手』
2018年『ビリーブ 未来への大逆転』

ドロシー・ケニヨン『キャシー・ベイツ』(Kathy Bates)

   

名前キャシー・ベイツ
出身アメリカ・テネシー州・メンフィス
生年月日1948年6月28日
経歴 『第63回 アカデミー賞』主演女優賞
『第48回 ゴールデングローブ賞』女優賞(ドラマ部門)
『ミザリー』
『第49回 ゴールデングローブ賞』女優賞(コメディ・ミュージカル部門)(ノミネート)
『第46回 英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『フライド・グリーン・トマト』
『第71回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第56回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『第52回 英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第4回 放送映画批評家協会賞』助演女優賞
『パーフェクト・カップル』
『第75回 アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『第60回 ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『第8回 放送映画批評家協会賞』助演女優賞(ノミネート)
『アバウト・シュミット』

主な出演作品
1971年『パパ/ずれてるゥ!』1978年『ストレート・タイム』
1982年『わが心のジミー・ディーン』
1983年『セカンド・チャンス』1986年『モーニングアフター』
1987年『真夏の情事』『ティーンバンパイヤ』1988年『ミスター・アーサー2』
1989年『サインズ・オブ・ライフ』『38口径の賭け』『メン・ドント・リーブ』
1990年『ディック・トレイシー』『ぼくの美しい人だから』『ミザリー』
1991年『ウディ・アレンの影と霧』『フライド・グリーン・トマト』
『キスへのプレリュード』『迷子の大人たち』
1993年『母の贈りもの』1994年『ノース 小さな旅人』『ウェストン家の奇蹟』
1995年『黙秘』『どんな時も』1996年『悪魔のような女』『THE WAR/戦場の記憶』
1997年『輝きの海』『タイタニック』
1998年『パーフェクト・カップル』『ウォーターボーイ』
1999年『ぼくが天使になった日』2001年『アメリカン・アウトロー』
2002年『コーリング』『アバウト・シュミット』『夢見る頃を過ぎても』
2004年『80デイズ』『カレの嘘と彼女のヒミツ』『サン・ルイ・レイの橋』
2005年『ルーズベルト 大統領の保養地』
2006年『恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜』2007年『ブラザーサンタ』
2008年『P.S. アイラヴユー』『地球が静止する日』
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
2009年『わたしの可愛い人 シェリ』『ラブ・クライム』『しあわせの隠れ場所』
2010年『バレンタインデー』
2011年『ミッドナイト・イン・パリ』『私だけのハッピー・エンディング』
2014年『タミー』『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』
2016年『コンプリート・アンノウン 私の知らない彼女』
『メリッサ・マッカーシー in ザ・ボス 世界で一番お金が好き!』『バッドサンタ2』
2018年『The Death and Life of John F.Donovan』『ビリーブ 未来への大逆転』

Sponsored Links

『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティの演技力など!

フェリシティ・ジョーンズは、父と叔父で俳優『マイケル・ハドリー』の勧めで演技の道へ進むことを決めます。

11歳の時に『セントラル・テレビジョン』設立『アフタースクール・ワークショップ』で、演技経験が始まります。

1998年、テレビシリーズ『ミルドレッドの魔女学校』に出演して、女優のキャリアがスタートします。

家庭の事情により第2シーズンからは、降板しています。

2001年、続編の『Weirdsister College』 では、同じ役でシリーズ復帰を果たしました。

そして、フェリシティ・ジョーンズの転機が訪れます。

2011年1月22日公開『今日、キミに会えたら』での演技を、評価されます。

作品で髪色を変えて、会話シーンは完全にアドリブでした。

『サンダンス映画祭』審査員特別賞(ドラマ部門)

『ゴッサム・インディペンデント映画賞』ブレイクスルー俳優賞

『ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞』ブレイクスルー演技賞

『エンパイア賞』新人女優賞などを受賞して、ブレイクのきっかけとなります。

2014年『アメイジング・スパイダーマン2』フェリシア役で出演します。

2014年11月7日公開『博士と彼女のセオリー』

理論物理学者『スティーヴン・ホーキング』博士の妻である

『ジェーン・ホーキング』を演じて『アカデミー賞』主演女優賞に、ノミネートされます。

『第87回 アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)

『第72回 ゴールデングローブ賞』女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)

アカデミー会員に、フェリシティ・ジョーンズが認知された作品になりました。

2016年12月『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

『ジン・アーソ』役で、主演として起用されました。

全世界『10億5600万ドル』(約1158億円)の興行収入を記録します。

本作の評価ですが、映画批評サイト『ロッテン・トマト』には、現在37件のレビューがあります。

批評家支持率『72%』平均点『6.6/10点』になっています。

批評家の見解の要約は『『ビリーブ 未来への大逆転』は題材となった実話のように傑出していない。

しかし、ギンズバーグ判事の輝かしい人生はそれ自体が見事なものであり、それを映像化した同作はインスピレーションに満ちたものとなっている。

また、演技も上質である。』となっています。

批評家からは、好意的に評価されています。

映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージック評価レビュー集積サイト『メタクリティック』には、現在37件のレビューがあります。

加重平均値『60/100』になっています。

アメリカ国内で観客による、公開初日に実施される出口投票ランク付け『シネマスコア』は『A』となっています。

アメリカ合衆国最高裁判事となった『ルース・ベイダー・ギンズバーグ』を、どのように演じているのか見どころですね!

フェリシティ・ジョーンズの演技力を、本作で鑑賞頂ければと思います。

Sponsored Links

まとめ

映画『ビリーブ 未来への大逆転』を、まとめてみました。

『2019年3月22日』全国ロードショーです!

今なお、85歳にしてアメリカ最高裁判事として活躍する『ルース・ベイダー・ギンズバーグ』

ルースは、法の専門家たちに『100%負ける』と断言された上訴に踏み切った!

どうやって権力に立ち向い『大逆転』を成し遂げたのか?

今、私たちが当たり前のように手にしている幾つかの自由。

裁判での勝利がなければ、きっと得ることは出来なかった!

時代を変えた世紀の裁判を描く感動実話!

この裁判に勝ったら歴史が変わる!

私は諦めない!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)