31日間無料トライアル実施中!


『義母と娘のブルース』(ドラマ)ネタバレやあらすじは?子役キャストや佐藤健の演技力は?

ドラマ「義母と娘のブルース」が2018年7月10日火曜日よる10時からスタートします。

原作が「笑って泣ける」という人気の4コマ漫画というこのドラマ、
ネタバレやあらすじ、そしてキャスト子役や佐藤健の演技力に迫っていきたいと思います。

予告動画を見てもかなり面白さ満載ですしね。

イケメン、佐藤健さんも出演しますし、私的には横溝菜帆が出演されるのもちょっと期待しています。

子役として大活躍中です。

めっちゃ可愛いですよね。

知らない方もいるかともいますので、まずはあらすじ、ネタバレ予想をしつつ、キャストも紹介しますね。

では、どうぞ!

Sponsored Links

「義母と娘のブルース」ってどんなドラマ?

View this post on Instagram

😍#義母と娘のブルース #綾瀬はるか

A post shared by Sky Cheng (@skycheng113) on

数年前に母親を亡くし、父親の良一と二人で生きてきた宮本みゆきは、
ある日、父親から一人のキャリアウーマンを紹介されます。

彼女の名前は岩木亜希子、業界トップシェアの金属会社の営業部長を務めていて
みゆきの新しい義母になる女性でした。

初対面のその時、亜希子はみゆきに名刺を差し出し、
「私、このような者にございます」 と挨拶します。

みゆきは 「私、この人嫌い」 とばっさり。

「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」
謎の封筒を置いて亜希子は帰ってしまいます。

しかし、亜希子は、諦めたわけではありませんでした。

ビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうと
会社の後輩田口を巻き込んで、ありとあらゆる策を練ってきます。

亜希子の会社を訪れていたバイク便の青年・麦田章は、
田口が差し出す荷物を受け取ると、威勢よく飛び出し行きます。

それの姿に田口は違和感を覚えるのですが・・・。

ネタバレ

View this post on Instagram

本日6/1更新分からご紹介する、モビぶっくスタッフが選ぶ1冊はこちら✨ ・ 『義母と娘のブルース』(ぶんか社刊) ・ TBSの7月期火曜ドラマ枠で、綾瀬はるかさん主演にてドラマ化が決定しました🎉 ・ 【内容紹介】母が病死しまだ立ち直れていない父娘。しかし、父にも病魔が襲いかかり余命幾ばくかに。父は、娘ひとりを残して逝くことはできないと新しい母を連れてきた。そんなことを知らない娘は当然義母に反発。壮絶な娘&義母のバトルが始まった!はたして、義母と娘は、父が亡くなるまでに邂逅することができるのか?笑いあり、涙あり、感動ありの4コマ巨編堂々登場!! ・ 今や入手困難な幻の原作が、今ならモビぶっくで半額で読めます🙋 http://s.mobi-book.com/sd/page/title/00001dpm/?volume=2&pageId=00000m3l プロフィールページからモビぶっくをチェックしてね✨ @mobibook_official ・ #義母と娘のブルース #ぶんか社 #女性 #桜沢鈴 #電子書籍 #漫画 #マンガ #まんが #コミック #comic #モビぶっく #ドラマ #tbs #綾瀬はるか #竹野内豊 #4コマ漫画 #義母 #娘 #ハートフル #heartfull

A post shared by 【公式】モビぶっく (@mobibook_official) on

原作コミックは桜沢鈴さん同名タイトル「義母と娘のブルース」です。

こちら実は4コマ漫画で、1巻完結の作品です。

続編として7年後の話「義母と娘のブルース Final」もあります。

笑って泣けると話題になり、口コミで徐々に人気作品になっていきました。

原作でも「初対面の名刺」は描かれているので、
ドラマでは、忠実に再現されていることも多いようです。

ただ、原作では徐々に「泣ける」話になっていきます。

実は二人の結婚は、契約だったんですね。

亜希子は「子供を持ちたい」という思いから、
そして父親の良一は「余命いくばくもないから」という理由から
二人の利害が一致したわけです。

父親の状態を知らない娘のみゆきは、いきなり現れた見知らぬ女性と同居、
さらに仕事を辞め、専業主婦となった亜希子になじむことができません。

ですが、ある日父親が倒れてしまうのを目の当たりにしてしまいます。

そして良一も、亡くなった妻に会えることより、
亜希子やみゆきと離れることを怖く感じるようになります。

それでも、良一が二人のもとを旅立ってしまう日がやってきます。

残された二人は、改めて「家族」になることを決意するのです。

原作が「泣ける」と言われるのは、こんなストーリーだからなんですね。

ところが、ドラマには「奇跡が起きる」との文字があります。

???どういうことでしょう。

キーパーソンは麦田章役の佐藤健さんだそうです。

バイク便の配達員が起こす奇跡とは、またトラブルとはなんでしょうか?

原作にはない役どころなので、大変気になります!

Sponsored Links

子役キャストはどんな感じ?

https://twitter.com/gibomusu__tbs/status/1003918888675913728

「義母と娘のブルース」というタイトルですから、
もちろんメインは義母役の綾瀬はるかさんと娘みゆき役の横溝菜帆さん。

横溝菜帆さんはどんな子なのでしょうか?

横溝菜帆(みゆき役)

https://twitter.com/gibomusu__tbs/status/1006868874749362176

横溝菜帆さんは2008年3月生まれの現在10才、神奈川県出身の俳優さんですね。

この年齢にして、すでにドラマや映画、CMなど数多く出演されています。

2012年には大河ドラマ「平清盛」に出演、それからは毎年のようにドラマ出演しています。

そして映画も2013年には「桜、ふたたびの加奈子」で映画デビュー。

CMはユニバーサル・スタジオ・ジャパン、江崎グリコ、日立製作所、
アサヒ飲料、ケンタッキーフライドチキン、ファンケル、
マクドナルド、トヨタ自動車など、大手企業のオンパレードです!

グリコのCMは2015年ですから、当時7才ごろでしょうか。

一瞬ですが、めちゃくちゃかわいいですよね!

そして映画出演作品がこちら
・2013年 桜、ふたたびの加奈子(野口夏月役)
・2014年 魔女の宅急便(キキ(幼少期)役)
・2017年 兄に愛されすぎて困ってます(橘せとか(幼少期)役)

この2017年の「兄に愛されすぎて困ってます」で一気に注目が集まったようです。

主演の土屋太鳳さんとのショットが一気に拡散しました。

この時に、そのかわいさはもちろん、演技力も高く評価されました。

他にも多くのドラマに出演している横溝菜帆さん、
今回のドラマ出演は2016年放送の「精霊の守り人 シーズン1」で
綾瀬はるかさんの幼少期を演じたこともあって、話題を呼んでいますよ。

https://twitter.com/kntao3103yz/status/1001621257320742912

https://twitter.com/oskymk0122/status/1001808978597183488

みゆき役は総勢277人の中から、さらに6回のオーディションを乗り越え、
ようやく選ばれた期待度マックスの役です。

突然現れた風変わりな義母と、どんな家族の絆を作っていくのか、
その演技力と可愛さはチッェクですよ!

Sponsored Links

佐藤健の演技力は?

公式サイトで「台風の目」と言われているバイク便配達員の麦田章を演じる佐藤健さん。

今回は「ダメ男」とか「奇跡を起こす」とか「とんでもない被害」とか
なんだかよくわからないことが色々書かれています。

原作にはないこのキャラクターがどうなるのか、注目ですね。

佐藤健(麦田章役)

まずは簡単なプロフィールから。

1989年3月生まれの現在29才、埼玉県出身の俳優さんです。

高校2年時にスカウトされ、2006年テレビドラマ「プリンセス・プリンセスD」で俳優デビュー。

2007年1月、「仮面ライダー電王」で連続テレビドラマ初主演、
同じ年の8月公開「仮面ライダー電王 俺、誕生!」で映画初出演、初主演しました。

2010年1月にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」に岡田以蔵役で出演し、時代劇初挑戦となりました。

その後もドラマや映画に活躍しながら、
2012年4月には「ロミオ&ジュリエット」にロミオ役で主演し、舞台も経験します。

そして、同じ年の8月、主演映画「るろうに剣心」が公開とともにブレイクし、
2014年に続編「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」が
2部作連続公開されましたね。

また2015年の「天皇の料理番」では、全ての調理シーンを代役なしで演じきりました。

2018年4月からは、連続テレビ小説「半分、青い。」で
主人公の幼なじみ、萩尾律役を演じてさらに人気を呼んでいます。

その演技力は高く評価されており
・2010年 第20回日本映画批評家大賞 新人男優賞(南俊子賞)「BECK」
・2015年 第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞「天皇の料理番」
・2018年 第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞「8年越しの花嫁 奇跡の実話」
など、数多く受賞しています。

ネットでもその演技に関する評価は高いようですよ。

賞賛する声が多すぎるほど上がっています。

「るろうに剣心」剣心の哀愁、「龍馬伝」岡田以蔵の殺気、
そして「半分、青い。」の若さが残る萩尾律と、本当に見事な演技力です。

今回はどんなキャラクターなのかはっきりしませんが
宮本家に様々なハプニングを起こすキーパーソン。

その演技は、やはり見届ける価値ありです!

Sponsored Links

まとめ

4コマからのドラマ化は珍しいですが、泣ける4コマと聞くと納得しますね。

実際のドラマがどこまで原作に忠実なのかは不明ですが
原作のエピソードは、ふんだんに散りばめられているようです。

原作ファンの方でも、意外なキャラクターの登場に
新鮮な気持ちで見られるのではないでしょうか?

すでにオフィシャルSNSのフォロワーは増え続けていて、放送前から期待度はあがっています。

この夏におさえておくべきドラマの1つですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)