チワワちゃん(映画)吉田志織の演技評価や経歴を調査!キスシーンや体当たりの演技が魅力

チワワちゃんが死んじゃった。

一緒に遊んでたわたしたちは、チワワちゃんの本名すら知らなかった。

原作『岡崎京子』『チワワちゃん』の映画化です!

34ページに詰まった短編作品の最高傑作!

チワワちゃん(映画)吉田志織の演技評価や経歴を調査!キスシーンや体当たりの演技が魅力

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『チワワちゃん』ネタバレ・あらすじ

その日『東京湾バラバラ殺人事件』の『被害者』の身元が判明した。

『千脇良子・20歳・看護学校生』

『ミキ』はそれが、自分の知っている『チワワちゃん』のことだと最初思わなかった。

『チワワちゃん』の本名すら知らなかったのだ。

ミキがいつものミュージックバーで、仲間の『ヨシダ』『カツオ』『ナガイ』『ユミ』らと飲んでいる。

その時、ヨシダの新しい彼女として『チワワ』が現れた。

以前、ヨシダのことが好きだったミキは、複雑な気持ちで2人を見ていた。

その時、バーテンダーのシマから、VIP席にいる男たちのバッグの中に、政治家に届ける600万円が入っていると教えられる。

皆がザワつくなか、意を決したチワワがあっという間にバッグを奪い走り出した。

翌朝、昨夜の男たちが贈賄罪の疑いで逮捕されたとニュースで報じられた。

宙に浮いた大金を頂いて、バカンスに繰り出す。

毎晩が豪華な『パーティ』で最高のお祭り騒ぎ。

600万円をたった3日で使い切り、皆は日常に戻る。

そんな中でも、チワワだけが『パーティ』を続けていた。

インスタがきっかけとなり人気モデルとなったチワワ。

『サカタ』という有名カメラマンと付き合い始める。

やがて、チワワとミキたちは、住む世界も違いだしていく。

チワワを偲ぶために、仲間たちが久しぶりに集まるが、誰も最近のチワワを知らなかった。

ミキは、ファッション雑誌のライターの『ユーコ』から、チワワの追悼記事の取材を受ける。

ユーコから、もっと話を聞かせてほしいと頼まれた。

ミキは、仲間たちに改めてチワワとの思い出を聞きに行く。

それぞれの記憶の中にあるチワワは、まったく違っていた・・・

監督二宮健
出身日本・大阪府
生年月日1991年
経歴2008年『試験管ベイ­ビー』『映画甲子園』(審査員:滝田洋二­郎監督)監督賞
2012年『大童貞の大冒険』『京都国際学生映­画祭』『田辺・弁慶映画祭』
『TAMA NEW WAVE』
『イメージフォーラムフェスティバル』等、数多くの国内コ­ンペにて入選。
2014年『眠れる美女の限界』『ゆうば­り国際ファンタスティック映画祭 2015』
(オフシアターコンペデ­ィション部門)審査員特別賞
『小村は何故、真顔で涙を流­したのか?』
『第17回 京都国際学生映画祭』(長編部門)グラン­プリ
2014年、大阪芸術大学の卒業制作作品『SLUM­-POLIS』
『田辺・弁慶映画祭』『ハンブルグ日本映画祭』等、国内外数多くの­映画祭で上映。

主な監督作品
2014年『眠れる美女の限界』(兼脚本)
2014年『大童貞の大冒険』(兼脚本・音楽)
2015年『SLUM-POLIS』(兼脚本)
2017年『MATSUMOTO TRIBE』(兼プロデューサー)
2017年『リミット・オブ・スリーピング ビューティ』(兼原案・脚本)
2019年『チワワちゃん』(兼脚本)『疑惑とダンス』

主題歌『Have a Nice Day!』『僕らの時代』

原作『岡崎京子』生年月日:1963年12月13日 出身:東京都世田谷区下北沢

2003年(平成15年度)『文化庁メディア芸術祭・マンガ部門』優秀賞

2004年(平成16年)『第8回 手塚治虫文化賞・マンガ大賞

『ヘルタースケルター』

原作の映画化は、本作で3作目です。『ヘルタースケルター』『リバーズ・エッジ』

Sponsored Links

『チワワちゃん』吉田志織の演技評価や経歴を調査!

チワワ・千脇良子『吉田志織』

   

名前吉田志織
出身日本・北海道・札幌市
生年月日1997年3月21日
経歴2017年1月、ドラマ『クズの本懐』女優デビュー。

主な出演作品
2017年『心が叫びたがってるんだ。』2018年『honey』2019年『チワワちゃん』

主なドラマ出演作品
2017年1月『クズの本懐』FOD・フジテレビ
2017年1月『突然ですが、明日結婚します』フジテレビ
2017年8月『東京アリス』Amazonプライム・ビデオ
2017年10月『花にけだもの』dTV・FOD
2018年1月『モブサイコ100』テレビ東京
2018年1月『FHIT MUSIC♪ 〜Da-iCE〜』dTV
2018年9月『こんな未来は聞いてない!!』FOD

『吉田志織』は、18歳で単身北海道から上京。

上京初日に『まずは自分で歩き回ってみよう』と、訪れた原宿。

竹下通りの携帯電話ショップで充電をしていると、いきなりスカウトされます。

『ダンスをレッスンしている方に『ダンスをやってみない?』と声をかけられて。

速っ、とは思いましたが、いろいろなことをやってみたい、という思いもあったので受けました。

今思うと(スカウトが)変な人じゃなくて良かったです』

約1年間ダンスレッスンに通い、講師を通じて現在の事務所にスカウトされます。

2017年1月に、女優デビューします。

デビューして間もないのですが、ドラマで役が与えられます。

『フジテレビ』ドラマ『クズの本懐』第5話から出演しました。

その後、数々の映画・ドラマに出演します。

映画『チワワちゃん』では、本作のキーパーソンにオーディションで選ばれました。

『二宮健』監督に『こちらが『分かった気』になれない、つかみどころのなさがあった』と、チワワ役に大抜擢されました。

チワワは、勢いで600万円を強奪したり、性に対しても感情の赴くままに行動するキャラクターです。

『吉田志織』は、ラブシーン、女性とのキスシーンも体当たりの演技で演じます。

『テンションのアップダウンがすごく激しくて、リハーサルから大変でした。

頭で考えすぎて、監督から『全然違う、チワワじゃない』って言われて、それが自分でも分かってるから悔しくて。

感覚からチワワにならないとダメだと思って、ホテルを出た時からチワワになって、ホテルにいる間だけ、吉田志織に戻ることにしました』

撮影期間は、2週間。撮影に入る前に、長い髪を切ってベリーショートにします。

爪も長くし、外見を作り込んだものの、撮影当初はチワワが持つ独特のエネルギーやパワーを表現するのに苦労したと言います。

クランクイン2日目から、自らをチワワと呼び、カメラが回っていない時も役になりきって振る舞います。

撮影で落ち込みそうになった時は、作品をイメージした音楽を爆音で聴き、テンションを上げ続けました。

『最初に『こんにちは、チワワです』というセリフがあって、みんなに『え、誰?』と思わせなくてはいけない登場なんですが、そこからつまずいてしまいました。

お腹の底から出てくるような、満ちたエネルギーみたいなものをなかなか出せなくて。

リハーサルの段階で二宮監督に『違う』と言われて、自分でも何が違うのかは分かっているのにできないんですね。

それがすごく悔しかったです。

その後、アクションレッスンで走っている時に『この感じだ!』と思う瞬間があって、チワワの気持ちの出し方が分かって、そこからは全開で行けるようになりました』

体を張ったケンカシーンがあったり、たくさん青アザが出来たが、

『自分では気付いていなくて、着替えの際にスタッフさんに心配されたりしました。

ラブシーンの撮影も現場ではチワワでいたので大丈夫だったのですが、終わって自分に戻ると、結構身を削っていることに気付いたりして・・・。

主演の門脇さんが『大丈夫?』と声をかけてくれて、気遣ってくださいました』と振り返りました。

演技評価ですが、『二宮健』監督は『吉田さんは新人だったこともあり、特別に何度もリハーサルを重ねました。

いろんな人が考えるチワワ像を、彼女と共有しました。撮影中は本当にチワワになっていました。

周囲の目も、恥も気にせず、オールタイムチワワだったのは、とても感動的でした。

共演者のみんなも、吉田さんのその姿勢に刺激をもらっていたように思います』と評しました。

主演の『門脇麦』も『あんなにも顔が変わるんだと思った』と『吉田志織』を称えました。

Sponsored Links

『チワワちゃん』その他キャスト

ミキ『門脇麦』

   

名前門脇麦
出身日本・東京都
生年月日1992年8月10日
経歴『第6回 TAMA映画賞』最優秀新進女優賞『愛の渦』『闇金ウシジマくん Part2』
『第36回 ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞
『第88回 キネマ旬報ベスト・テン』新人女優賞
『愛の渦』『闇金ウシジマくんPart2』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』

主な出演作品
2012年『リアル鬼ごっこ3』2013年『インターミッション』『カサブランカの探偵』
『海辺の町で』『スクールガール・コンプレックス -放送部篇-』
2014年『愛の渦』『闇金ウシジマくん Part2』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』
2015年『アゲイン 28年目の甲子園』『合葬』
2016年『太陽』『オオカミ少女と黒王子』『二重生活』『14の夜』
2017年『彼らが本気で編むときは、』『こどもつかい』『世界は今日から君のもの』
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『KOKORO』『花筐/HANAGATAMI』
2018年『サニー/32』『止められるか、俺たちを』『ここは退屈迎えに来て』
2019年『チワワちゃん』『サムライマラソン』『さよならくちびる』

ヨシダ『成田凌』

   

名前成田凌
出身日本・埼玉県
生年月日1993年11月22日
経歴2013年より『MEN’S NON-NO』専属モデルとして活躍。

主な出演作品
2015年『飛べないコトリとメリーゴーランド』
2016年『残穢 -住んではいけない部屋-』『L -エル-』
2017年『キセキ -あの日のソビト-』『新宿スワンII』
2018年『ニワトリ★スター』『ラブ×ドック』
『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『ここは退屈迎えに来て』
『ビブリア古書堂の事件手帖』『スマホを落としただけなのに』
2019年『チワワちゃん』『翔んで埼玉』『愛がなんだ』『さよならくちびる』

カツオ『寛一郎』

   

名前寛一郎
出身日本・東京都・世田谷区
生年月日1996年8月16日
経歴父親『佐藤浩市』祖父『三國連太郎』
『第27回 日本映画批評家大賞』新人男優賞『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

主な出演作品
2017年『心が叫びたがってるんだ。』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』2018年『菊とギロチン』
2019年『チワワちゃん』『雪子さんの足音』『君がまた走り出すとき』

ユミ『玉城ティナ』

   

名前玉城ティナ
出身日本・沖縄県
生年月日1997年10月8日
経歴2012年7月、講談社主催『ミスiD 2013』にて『ミスiD 2013グランプリ』
同社発行のファッション雑誌『ViVi』2012年10月号から同誌の専属モデルとなる。
2014年8月号、初の単独表紙。2019年2月号、専属モデルとして最後の表紙。

主な出演作品
2015年『天の茶助』
2016年『オオカミ少女と黒王子』『貞子vs伽椰子』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』
2017年『PとJK』『サクラダリセット 前篇・後篇』『暗黒女子』
2018年『ドルメンX』『わたしに××しなさい!』『ういらぶ。』
2019年『チワワちゃん』『地獄少女』『惡の華』

ナガイ『村上虹郎』

   

名前村上虹郎
出身日本・東京都
生年月日1997年10月8日
経歴父親は俳優『村上淳』母親は歌手『UA』
『第29回 高崎映画祭』最優秀新人男優賞『2つ目の窓』
『第8回 TAMA映画賞』最優秀新進男優賞
『ディストラクション・ベイビーズ』『夏美のホタル』『さようなら』
『第38回 ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞『ディストラクション・ベイビーズ』
『第90回 キネマ旬報ベスト・テン』新人男優賞
『ディストラクション・ベイビーズ』『夏美のホタル』
『第41回 日本アカデミー賞』優秀助演男優賞『武曲 MUKOKU』
『第31回 東京国際映画祭』ジェムストーン賞『銃』

主な出演作品
2015年『天の茶助』
2016年『オオカミ少女と黒王子』『貞子vs伽椰子』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』
2017年『PとJK』『サクラダリセット 前篇・後篇』『暗黒女子』
2018年『ドルメンX』『わたしに××しなさい!』『ういらぶ。』
2019年『チワワちゃん』『地獄少女』『惡の華』

ユーコ『栗山千明』

   

名前栗山千明
出身日本・茨城県・土浦市
生年月日1984年10月10日
経歴『第8回 アジア・フィルム・アワード』アジア・ライジング・スター賞

主な出演作品
1995年『トイレの花子さん』『GONIN』1999年『死国』
2000年『仮面学園』『バトル・ロワイアル』2001年『バトル・ロワイアル 特別篇』
2003年『キル・ビル Vol.1』『いつかA列車に乗って』
2004年『下弦の月〜ラスト・クォーター』
2005年『あずみ2 Death or Love』『妖怪大戦争』『Into the Sun』『スクラップ・ヘブン』
2006年『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』2007年『エクステ』『天狗外伝』
2008年『KIDS』『GSワンダーランド』『小森生活向上クラブ』
2009年『鴨川ホルモー』『ハゲタカ』2010年『NECK』
2012年『ゴーストライターホテル』『劇場版 SPEC〜天〜』
2013年『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇・爻ノ篇』『図書館戦争』
『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』
2014年『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』
2015年『種まく旅人 くにうみの郷』『図書館戦争-THE LAST MISSION-』
2016年『秘密 THE TOP SECRET』2017年『無限の住人』2019年『チワワちゃん』

サカタ『浅野忠信』

   

名前浅野忠信
出身日本・神奈川県・横浜市
生年月日1973年11月27日
経歴『第18回 ヨコハマ映画祭』主演男優賞『Focus』『PiCNiC』『Helpless』『ACRI』
『第11回 高崎映画祭』最優秀主演男優賞『Helpless』
『第6回 日本映画プロフェッショナル大賞』主演男優賞『Helpless』『Focus』
『第26回 日本アカデミー賞』話題賞『Helpless』『ACRI』
『第8回 日本映画批評家大賞』ベストパーソナリティ賞『ねじ式』
『第14回 高崎映画祭』最優秀主演男優賞『地雷を踏んだらサヨウナラ』
『第22回 ヨコハマ映画祭』主演男優賞
『地雷を踏んだらサヨウナラ』『五条霊戦記 GOJOE』
『第55回 毎日映画コンクール』男優主演賞
『地雷を踏んだらサヨウナラ』『五条霊戦記 GOJOE』『御法度』
『第25回 報知映画賞』助演男優賞『五条霊戦記 GOJOE』『御法度』
『第60回 ヴェネツィア国際映画祭』コントロコレンテ部門 主演男優賞
『地球で最後のふたり』
『第18回 高崎映画祭 最優秀助演男優賞』『アカルイミライ』
『第8回 日本インターネット映画大賞』助演男優賞『アカルイミライ』
『第27回 日本アカデミー賞』優秀助演男優賞『座頭市』
『第19回 高崎映画祭』最優秀主演男優賞『ヴィタール』
『第60回 毎日映画コンクール』男優主演賞『誰がために』『乱歩地獄』
『第32回 日本アカデミー賞』優秀助演男優賞『母べえ』
『第33回 日本アカデミー賞』優秀主演男優賞
『劒岳 点の記』『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
『第36回 モスクワ国際映画祭』最優秀男優賞『私の男』
『第57回 ブルーリボン賞』主演男優賞『私の男』
『第36回 モスクワ国際映画祭』最優秀男優賞『私の男』
『第39回 日本アカデミー賞』優秀助演男優賞『母と暮せば』
『第25回 日本映画批評家大賞』主演男優賞『岸辺の旅』
『第10回 アジア・フィルム・アワード』最優秀助演男優賞『岸辺の旅』
『第11回 アジア・フィルム・アワード』最優秀主演男優賞『淵に立つ』
『第9回 TAMA映画賞』最優秀男優賞
『幼な子われらに生まれ』『沈黙-サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンII』
『第27回 日本映画プロフェッショナル大賞』主演男優賞『幼な子われらに生まれ』

主な出演作品
1990年『バタアシ金魚』『パンツの穴 キラキラ星みつけた!』『あいつ』
1992年『青春デンデケデケデケ』1993年『眠らない街〜新宿鮫〜』
『FRIED DRAGON FISH』1994年『119』1995年『四姉妹物語』『幻の光』
1996年『PiCNiC』『Helpless』『Focus』『ACRI』1997年『ユメノ銀河』『東京日和』
1998年『ラブ&ポップ』『ねじ式』『落下する夕方』
1999年『鮫肌男と桃尻女』『双生児 -GEMINI-』『白痴』『地雷を踏んだらサヨウナラ』
『御法度』2000年『五条霊戦記 GOJOE』『PARTY7』
2001年『ELECTRIC DRAGON 80000V』『DISTANCE』『風花』『殺し屋1』
2002年『水の女』『DEAD END RUN 第3話「FLY」』
2003年『座頭市』『アカルイミライ』『わたしのグランパ』
2004年『トーリ』『SURVIVE STYLE5+』『ヴィタール』『珈琲時光』『父と暮せば』
『茶の味』2005年『埋もれ木』『乱歩地獄』『誰がために』『東京ゾンビ』
2006年『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』『花よりもなほ』
『ナイスの森〜The First Contact〜』2007年『サッド ヴァケイション』
2008年『R246 STORY 224466』『母べえ』『夢のまにまに』
2009年『鈍獣』『劒岳 点の記』『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』
2010年『乱暴と待機』『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
2011年『ステキな金縛り』『月光ノ仮面』
2012年『あなたへ』『終の信託』『黄金を抱いて翔べ』2013年『清須会議』
2014年『魔女の宅急便』『私の男』『ルパン三世』『寄生獣』
2015年『寄生獣 完結編』『岸辺の旅』『グラスホッパー』『母と暮せば』
2016年『淵に立つ』2017年『新宿スワンII』『幼な子われらに生まれ』
2018年『星くず兄弟の新たな伝説』『クソ野郎と美しき世界「ピアニストを撃つな!」』
『パンク侍、斬られて候』『累 -かさね-』2019年『チワワちゃん』

主な外国出演作品
1996年『wkw/tk/1996@/7’55”hk.net』1999年『孔雀 Away With Words』
2003年『地球で最後のふたり』2007年『インビジブル・ウェーブ』『モンゴル』
2011年『マイティ・ソー』2012年『バトルシップ』
2013年『47RONIN』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』
2016年『The Wasted Times』『沈黙 -サイレンス-』
2017年『マイティ・ソー バトルロイヤル』『アウトサイダー』

Sponsored Links

まとめ

映画『チワワちゃん』を、まとめてみました。

『2019年1月18日』全国ロードショーです!

『吉田志織』の体当たりの演技を『チワワちゃん』で確認ください!

是非、彼女の出演作品を鑑賞してみてはどうでしょうか!

『吉田志織』の、今後の活躍を期待しています!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)