31日間無料トライアル実施中!


『ファイティン!』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストやマ・ドンソクの筋肉美に惚れる!

韓国映画「ファイティン!」の日本公開が2018年10月20日決定しました。

50cmの上腕筋パワーが炸裂する今作、主演のマ・ドンソクの腕から目が離せなくなりますよ!

というか筋肉に魅了された方もいるのではないでしょうか?

それでは「ファイティン!」のネタバレやあらすじ、マ・ドンソクの筋肉美に迫っていきたいと思います。

Sponsored Links

「ファイティン!」ってどんな映画?

子供の頃、韓国から養子に出されたマークは、アメリカ・ロサンゼルスで
アームレスリングの世界で頂点を目指していました。

ところが、八百長疑惑をかけられて除名されてしまいます。

そこにスポーツエージェントを名乗るパク・ジンギが現れ、
マークを韓国で行われるアームレスリング大会に参加するよう誘います。

韓国へ向かったマークは、実母が住む家の住所に向かいますが、
誰とも会うことはできませんでした。

そんな中、ジンギは、スポーツ賭博を運営しているユ・チャンス社長に近づき、
マークを売り込んで儲け話をしますが、チャンス社長の希望はマークが八百長することでした。

再び実母の家に向かったマークは、家から出て来たスジンをつけ、
またスジンもチャンス社長の賭場で腕相撲をするマークの姿を見つけます。

八百長をすることを拒否したマークが暴れ出し、警察に捕まってしまいますが、
そこにスジンがマークと実母が一緒に映った写真を持って現れ、
身元保証人になったことでマークは釈放されます。

アームレスリングの大きな大会が迫る中、マークは起死回生をはかりながら、
一緒に暮らすことになった家族との絆を深めていきますが、
最終決戦、再び八百長の話を迫られることになります。

ネタバレ

マ・ドンソクがアームレスリングをしたら面白いよね、という会話から始まったという今作。

まさしくマ・ドンソクの腕は、見事な説得力がありますね。

シンプルな会話のきっかけから生まれた作品ですが、
そこに養子縁組、シングルマザーに対する思いも込められることになりました。

養子として母親、そして故郷からも離れて育てられたマークは、
韓国に戻ることで、すでに亡くなって母親がどれほどの悲しみを抱え、
彼をアメリカに向かわせたかを知ることになります。

その悲しみや苦しみを知った時、マークは家族の大切さを心の底から理解するんですね。

そして妹のスジン、何度もトラブルに巻き込むパク・ジンギとも深い絆が生まれていきます。

絆を感じさせるエンディングでは、韓国ではすでに400万もの人が感動しています。

どんな生き方をしていても、お互いに思いやりを持てば家族になれる、
「ファイティン!」はそんな映画になっています。

Sponsored Links

マ・ドンソクの筋肉美に惚れる!

主演のマ・ドンソク、その上腕筋も主役級の存在感ですよね!

まずは、マ・ドンソクの簡単なプロフィールからご紹介します。

名前マ・ドンソク
出身アメリカ
生年月日1971年3月1日

19歳だった1989年に、家族全員でアメリカに移民したそうです。

最初の数年は大韓民国の国籍でしたが、しばらくしてアメリカ国籍を取得しています。

韓国では徴兵制度があり、入隊時期に国籍を変えたというのは、
一部のファンから非難を浴びたこともあるそうです。

2002年、映画「天軍」オーディションに合格した後、
32歳で再び韓国に戻って本格的に俳優活動を開始しました。

その後、数多くの映画に出演し、そのルックスからパワフルなキャラクター、
そしてコミカルな演技もできることで、多くの人気を集めています。

その肉体美がすごい!

View this post on Instagram

#마동석 #영화배우 #연예인

A post shared by 박성호 (@fgjklk1004) on

スーツの上からでも、その筋肉の盛り上がりがわかります!

韓国でもその上腕筋は、鍛えている人たちにとって憧れの存在のようで、
数多くの画像がアップされていました。

というよりも、上腕筋を鍛えることをマ・ドンソク(마동석)と言っちゃってる感じですね。

日本でもその筋肉美に魅せられる人が多くいますよ。

https://twitter.com/ayatatsuma2/status/1022115587462451204

その肉体はもちろん、キャラクターも愛され度が高まる要因のようですね。

コミカルな演技はもちろん、シュールな表情も、とても素敵です!

Sponsored Links

キャスト紹介

クォン・ユル(ジンギ役)

本名グォンセイン(權世仁)
生年月日1982年6月29日

大学で演劇を学び、2007年上半期にLG電子のCMに出演、
同じ年の5月にドラマ「走れサバ」でデビューしました。

長編映画初出演作になる2008年の「ビースティ・ボーイズ」、
2012年の「悪いやつら」ではマ・ドンソクとも共演しているんですね。

それ以前には本名の本名のクォン・セインからクォン・ユルに改名しています。

いくつかの映画やドラマに出演しましたが、
2011年「ブレイン」で医師役を演じ、一気にブレイクします。

日本でも徐々に人気が出てきているので、
今回の飄々としたキャラクターも、さらに人気を呼ぶのではないでしょうか。

ハン・イェリ(スジン役)

本名ギムイェリ(金藝利)
生年月日1984年 12月23日

ハン・イェリは俳優であり、舞踊家でもあります。

2008年「キリンとアフリカ」という映画で、伝統芸術院舞踊の舞踏家としてデビューし、
ミジャンセン短編映画祭で演技賞を受賞したことで、一気に有名になりました。

2008年にはすでに俳優へのオファーがあったそうですが、当時は断ったといいます。

しかし、2年後に再びオファーを受けた時、
6ヶ月ほど悩んだ後、俳優になることを決意したそうです。

この後、着実に演技活動を続け、2010年に「百年に外伝」で
2回目ミジャンセン短編映画祭の演技賞を受賞しています。

ハン・イェリは出演した映画のキャストが、
北朝鮮、朝鮮族関連配役が多いと言われているそうです。

今時の韓国の俳優さんのルックスよりも、古風な印象から
そういったキャスティングが多いのかもしれませんね。

清潔感のある透明な肌と、凛とした目元は美しいのですが、
今回演じるシングルマザー役では、いっそうナチュラルな優しさが感じられます。

Sponsored Links

まとめ

日本でも人気の高いマ・ドンソクの映画「ファイティン!」公開を記念して
オールナイトのイベントが開催されるようです。

すでに「犯罪都市」で、マ・ドンソクのファンになっている人には見逃せない企画ですね。

マ・ドンソクの二の腕、そしてその滲み出るような人柄を感じるのに、
まずはこの企画で、どっぷりはまってみるのもいいかもしれませんよ。

パワフルなアームレスリングの迫力ある映像はもちろん、
離れて過ごしていた家族の再会、そして韓国人でありアメリカ人でもある葛藤、
そんなエモーショナルな絆も描かれた今作。

スカッと爽快!

思いっきり応援して、涙する、鑑賞後気持ちのいい映画になりそうですね!

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)