スポンサードリンク

ガルヴェストン(映画)ネタバレやあらすじ!エルファニングの演技力や見どころをまとめてみた!

この男を信じて、生きると決めた!

この娘を守って、死のうと思った!

身体を売って生きるしかなかった少女。

余命宣告を受けた殺し屋。

明日をも知れぬ2人の危険な逃避行!

ガルヴェストン(映画)ネタバレやあらすじ!エルファニングの演技力や見どころをまとめてみた!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『ガルヴェストン』ネタバレ・あらすじ

1988年、ニューオーリンズ。

裏社会で生きてきたヒットマン『ロイ』

ある日突然、末期ガンと診断され、余命幾ばくもないことを告げられる。

その夜、いつものようにボスに命令されるまま向かった『ある場所』で、ロイは突然何者かに襲われる。

組織に裏切られたことに気付いたロイは、とっさに相手を撃ち殺す。

そこで、囚われていた少女『ロッキー』を解放する。

家出をしていたロッキーは、行くあてもなく金に困り娼婦をしていた。

ロッキーは、ロイに同行したいとお願いする。

ロイは、渋々ロッキーを連れて行くことになり、故郷のテキサス州『ガルヴェストン』へ帰ろうとしていた。

全てを失い孤独な平穏を願いながらも、ロッキーを見捨てることのできないロイ。

ロイ以外に他に頼る者もいない、孤独な未来を恐れるロッキー。

組織は確実に2人を追ってくる。

果てなき逃避行が始まる。

次第にロイは、ロッキーにまっとうな人生を歩んで欲しいと願う・・・

監督メラニー・ロラン(Mélanie Laurent)
出身フランス・パリ
生年月日1983年2月21日
経歴女優・歌手・モデルとしても活動する。
2002年、ミシェル・ブラン監督『キスはご自由に』出演。
作品のヒットと共に、注目を浴びる。
2006年、フィリップ・リオレ監督『マイ・ファミリー 遠い絆』主演。
『第32回 セザール賞』有望若手女優賞
『第12回 リュミエール賞』新人女優賞
『第57回 ベルリン国際映画祭』シューティング・スター賞

主な監督作品
2008年『De moins en moins』(短編作品)
2008年『À ses pieds』テレビシリーズ『女の欲望に関する5章』の一篇(兼脚本)
2011年『Les adoptés』
2012年『Surpêche』(短編作品ドキュメンタリー)
2014年『Respire』
2015年『TOMORROW パーマネントライフを探して』(ドキュメンタリー)
2017年『欲望に溺れて』(兼脚本)
2018年『ガルヴェストン』

本作は『トゥルー・ディテクティブ』『マグニフィセント・セブン』などの脚本家としても知られる『ニック・ピゾラット』です。

2010年に発表したデビュー作『逃亡のガルヴェストン』を映画化しています。

『アメリカ探偵作家クラブ賞』最優秀新人賞候補になった犯罪小説です。

ピゾラットは、自ら小説の脚色作業を担当しましたが、

『ロラン監督が、脚本に手を入れた結果、自分の思い描いた作品とは違うものになった。』

との理由で、自分の名前が脚本家としてクレジットされるのを拒否しました。

そのために、脚本家のクレジットは『ジム・ハメット』という実在しない人物のものとなっています。

2017年2月、ジョージア州でクランクイン。主要撮影を行いました。

2018年3月10日、テキサス州オースティンで開催されるイベント『サウス・バイ・サウスウェスト』で、プレミア上映されました。

2018年9月23日『ロサンゼルス映画祭』で、上映されました。

Sponsored Links

『ガルヴェストン』キャスト

ロイ『ベン・フォスター』(Ben Foster)

名前
出身アメリカ・マサチューセッツ州・ボストン
生年月日1980年10月29日
経歴『第34回 サターン賞』助演男優賞(ノミネート)『3時10分、決断のとき』

主な出演作品
1998年『スラッシュ』1999年『リバティ・ハイツ』
2001年『恋人にしてはいけない男の愛し方』
2002年『ビッグ・トラブル』『ダイナマイト・グラフティ』
2003年『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』『11:14』
2004年『パニッシャー』『サラ、いつわりの祈り』
2005年『ホステージ』
2006年『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』『X-MEN:ファイナル ディシジョン』
2007年『3時10分、決断のとき』『30デイズ・ナイト』
2009年『メッセンジャー』『パンドラム』
2011年『メカニック』『ランパート 汚れた刑事』『360』
2012年『ハード・ラッシュ』
2013年『キル・ユア・ダーリン』『セインツ -約束の果て-』『ローン・サバイバー』
2015年『疑惑のチャンピオン』
2016年『ザ・ブリザード』『最後の追跡』『ウォークラフト』『インフェルノ』
2017年『Hostiles』2018年『ガルヴェストン』

ロッキー『エル・ファニング』(Elle Fanning)

名前エル・ファニング
出身アメリカ・ジョージア州・コンヤーズ
生年月日1998年4月9日
経歴姉は女優『ダコタ・ファニング』
『第38回 サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)『スーパーエイト』
『第41回 サターン賞』若手俳優賞(ノミネート)『マレフィセント』

主な出演作品
2001年『アイ・アム・サム』2003年『チャーリーと14人のキッズ』
2004年『ドア・イン・ザ・フロア』
2005年『きいてほしいの、あたしのこと -ウィン・ディキシーのいた夏』
2006年『デジャヴ』『バベル』『シャーロットのおくりもの』
2007年『9-ナイン』『帰らない日々』
2008年『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『フィービー・イン・ワンダーランド』
2009年『くるみ割り人形』2010年『SOMEWHERE』
2011年『スーパーエイト』『ヴァージニア』『幸せへのキセキ』
2012年『ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界』
2014年『マレフィセント』『マッド・ガンズ』
2015年『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』『アバウト・レイ 16歳の決断』
2016年『ネオン・デーモン』『20センチュリー・ウーマン』『夜に生きる』
2017年『シドニー・ホール』『ビガイルド 欲望のめざめ』
2017年『パーティで女の子に話しかけるには』『メアリーの総て』
2018年『孤独なふりした世界で』『ガルヴェストン』『Teen Spirit』

Sponsored Links

『ガルヴェストン』エル・ファニングの演技力や見どころ

エル・ファニングは、2歳8か月から演技を始めます。

姉『ダコタ・ファニング』が演じる幼年時代の役などで、女優のキャリアがスタートします。

4歳の時に『チャーリーと14人のキッズ』で初めてダコタの妹とは別の役を演じます。

成熟した演技の逸話は『ドア・イン・ザ・フロア』での『ジェフ・ブリッジス』『キム・ベイシンガー』との共演です。

プロデューサーは、切迫する撮影スケジュールのために一卵性双生児を採用する予定でした。

しかし、エル1人に演じさせるほど印象的で、キムも絶賛するなどして有名になります。

J・J・エイブラムス監督『スーパーエイト』では、子供たちの中心人物として出演します。

本作が、ブレイクのきっかけとなります。

『アバウト・レイ 16歳の決断』では、『トランスジェンダー』の『レイ』を演じています。

『メアリーの総て』では、ゴシック小説『フランケンシュタイン』の作者『メアリー・シェリー』を演じています。

『SOMEWHERE』で、エル・ファニングをキャスティングをした『ソフィア・コッポラ』監督

『第67回 ヴェネツィア国際映画祭』金獅子賞を受賞しました。

『ソフィア・コッポラ』監督は『ビガイルド 欲望のめざめ』で再びキャスティングしています。

『第70回 カンヌ国際映画祭』監督賞を受賞しました。

『ソフィア・コッポラ』監督は『ロスト・イン・トランスレーション』で、

『第76回 アカデミー賞』脚本賞『第61回 ゴールデングローブ賞』作品賞・脚本賞

『第30回 セザール賞』外国映画賞など、数々の賞を受賞しています。

その監督に、2度キャスティングされているエル・ファニングの演技力を、本作で観て頂ければと思います。

本作のクランクイン2017年2月当時、18歳で娼婦役を演じています。

孤独な少女をどのように演じているのか見どころですね!

作品の評価ですが、映画批評サイト『ロッテン・トマト』には、現在40件のレビューがあります。

批評家支持率『73%』平均点『6.4/10点』になっています。

批評家の見解の要約は『才能豊かな俳優陣とメラニー・ロラン監督の確かな演出のお陰で『ガルヴェストン』は出来映えに斑があるにも拘わらず、凡百のスリラー映画に堕すことを回避できている。』となっています。

批評家からは、好意的に評価されています。

映画・ゲーム・テレビ番組・ミュージック評価レビュー集積サイト『メタクリティック』には、現在17件のレビューがあります。

加重平均値『57/100』になっています。

Sponsored Links

まとめ

映画『ガルヴェストン』を、まとめてみました。

『2019年』新宿シネマカリテほか全国ロードショーです!

東京 新宿シネマカリテ
東京 ヒューマントラストシネマ渋谷
神奈川 川崎チネチッタ
愛知 ミッドランドスクエア シネマ
大阪 シネ・リーブル梅田

配給は『クロックワークス』です。

人生のすべてを賭けられるものとは・・・

人生のすべてを賭けて残したいものとは・・・

逃避行の果てに待ち受ける結末とは・・・

『エル・ファニング』の、今後の活躍を期待しています!

あなただけの『映画』探してみてはどうですか!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)