グリーンブック(映画)ネタバレやあらすじ!タイトルの意味やキャストの経歴も!

今回紹介するのは、2019年3月1日に全国で公開される映画『グリーンブック』です。

本作は第76回ゴールデン・グローブ賞にて作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・脚本賞の5部門でノミネートしています。

また、トロント国際映画祭にて観客賞を受賞しており、アカデミー賞最有力候補と言われている注目作です。

今注目の映画『グリーンブック』について、ネタバレ・あらすじ、キャストの経歴、タイトルの意味という観点で紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『グリーンブック』のあらすじは?ネタバレも

本作は、人種差別が色濃く存在していた時代の、1962年のアメリカを舞台にしています。

イタリア系アメリカ人、いわゆる白人であるトニー(ビゴ・モーテンセン)が任されたのは富裕層のアフリカ系アメリカ人、黒人であるピアニストのドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の用心棒かつドライバーでした。

そのとき、ドンは人種差別がより色濃く残るアメリカ南部へのコンサートツアーを計画していました。

全く正反対の性格、身分、人種の二人は黒人用旅行ガイドである「グリーンブック」を頼りに旅を始めますが…。

というのがあらすじです。

ここからはネタバレになります。

正直、最初は黒人のドライバー兼用心棒など、なぜ白人の自分がやらなければいけないのだ、と感じていたトニーでした。

ですが、ドンと行動をともにしたことで、様々な場所でドンが差別されているのを見て段々と心変わりしていきます。

二人の間には人種や身分や性格を超えて、強い絆が生まれていたのです。

ここからは予想ですが、二人はツアーを成功させ、人種は関係ないということを自分たちの身で証明したのだと思われます。

この二人の勇気ある行動も影響して人種差別が緩まっていったのだという見解です。

『グリーンブック』公式サイト

https://gaga.ne.jp/greenbook/

『グリーンブック』予告編

Sponsored Links

『グリーンブック』のキャストの経歴は?

ビゴ・モーテンセンさん/トニー・リップ役

用心棒兼ドライバーのトニー・リップを演じるのはビゴ・モーテンセンさんです。

ビゴ・モーテンセンさんは、1958年10月20日生まれの60歳です。

大学を卒業してから、本気で俳優を目指すためにアルバイトをしながら演技の基礎を学び、1982年に舞台で俳優デビューを果たしました。

その後、舞台『ロミオとジュリエット』、『The Rapidio』などに出演しました。

1984年にはドラマ『George Washington』でドラマ初出演、テレビは初出演を果たしました。

1985年には映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』にて映画初出演を果たしました。

1987年には、舞台『ベント』に出演したことで、Drama-Logue Awardを受賞しました。

1991年には映画『インディアン・ランナー』に出演し、これがきっかけで注目されることとなります。

ですが、その後しばらくあまり目立った出演作はありませんでした。

2001年~2003年に公開された大ヒット映画『ロード・オブ・ザ・リング』3部作に出演したことで知名度が一気に上がり、有名となりました。

また、2005年『ヒストリー・オブ・バイオレンス』、2007年に『イースタン・プロミス』に出演したことをきっかけとして、2008年第80回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされました。

マハーシャラ・アリさん/ドン・シャーリー役

黒人のピアニストであるドン・シャーリーを演じるのはマハーシャラ・アリさんです。

マハーシャラ・アリさんは、1974年2月16日生まれの44歳です。

2001年より、テレビドラマ『女検死医ジョーダン』に出演したことで、俳優デビューを果たします。

また、2008年に映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で映画初出演にして、全米映画俳優組合賞のアウトスタンディング演技賞にノミネートされました。

2017年には、映画『ムーンライト』で出演時間わずか24分にして、第89回アカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

他にも、『ムーンライト』で、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネート、全米映画俳優組合賞助演男優賞を受賞するなど、様々な賞を受賞しています。

これから始まる映画では、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』、『アリータ:バトルエンジェル』に出演が決定しています。

Sponsored Links

『グリーンブック』タイトルの意味とは?

『グリーンブック』というタイトルですが、「グリーンブック」とは何を指すんでしょうか。

グリーンブックとは、あらすじ・ネタバレの項目にもあった通り、黒人用旅行ガイドのことを指すそうです。

人種差別が根強く存在していたアメリカの南部で運動に巻き込まれるなどの危険を避け、安全に過ごすことができるように案内してくれるガイドがありました。

それが、通称グリーンブックと呼ばれていたそうです。

今作では、このグリーンブックを頼りに南部へとツアーに向かっていたそうで、それがタイトルになっているようです。

根強い人種差別へと立ち向かう黒人・白人のコンビであるトニーとドンの強く生きる姿が描かれた映画だということがわかりますね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画『グリーンブック』について、あらすじ・ネタバレ、キャストの経歴、タイトルの意味の観点から紹介してきました。

アカデミー賞最有力候補として挙げられる注目作品である今作、公開が待ち遠しいですね。

日本での公開は2019年3月1日です。

公開まで、楽しみに待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)