『蜜蜂と遠雷』チャン役福島リラのプロフィールや経歴!海外の評判も高い?

タイトルの「蜜蜂と遠雷」・・・ブンブン飛ぶ蜜蜂と遠くで響く雷・・・意味深です?

タイトルは意味深ですが、本作は国際ピアノコンクールを舞台とした音楽の物語で
複雑な内容ではなく、王道的な青春ストーリーです。

4人のピアノコンテスタントが、互いに感化しあい成長していく過程が描かれます。

『蜜蜂と遠雷』チャン役・福島リラのプロフィールや経歴!海外の評判も高い?

Sponsored Links

タイトルの意味?

意味深なタイトルですが、4人のピアニストの中で風間塵(かざまじん)は父親が養蜂家の息子で、蜜蜂王子の愛称で親しまれている15歳の少年です。

彼は、亡き天才ピアニストのホフマンから推薦を受けて今回のコンクールに参加しました。

その風間塵が、三次予選の直前に遠雷の響く音を耳にする・・・その時の響きにホフマンの存在を強く意識し、凄まじい演奏に覚醒していくという重要なシーンがあります。

蜜蜂王子と、恩師ホフマンの存在を感じさせた遠雷の響き・・・・・・

タイトルの『蜜蜂と遠雷』は、単純にこのシーンに意味があるように思えますが他の解釈もあるようです。

Sponsored Links

選ばれし4人のピアニスト!

映画『蜜蜂と遠雷』は、若手ピアニストの登竜門とされる国際ピアノコンクールを舞台に、それぞれの思いと背景を持ちながら世界の頂点を目指す若き4人の天才ピアニストたちの挑戦と葛藤、そして彼らの成長を描いた青春群像劇です。

原作は、2017年に史上初となる「直木賞」と「本屋大賞」のW受賞を果たした恩田陸さんの小説で、固有の音楽の世界という一般人からなじみの薄い特殊性から当初映画化は無謀で不可能といわれましたが、注目の若手キャスト出演により実写映画化されました。

原作の映画化は無謀といわれた、本作の実写版に期待です!

Sponsored Links

キャスト

物語の主軸になるのは、国際ピアノコンクールで競い合う4人のピアノコンテスタント。

キャストに、今注目の若手俳優陣が参加し、本作出演の為にピアノレッスンの猛練習をし音楽の世界を見事に演じ切りました。

本作で演奏されるピアノ曲は、実際のコンクール覇者たちによる演奏で収録されました。

母の死のショックからピアニストになることから逃げてきた、元天才少女の亜夜役を「松岡茉優」が演じるほか、夢を諦め切れない音大卒業サラリーマン奏者の明石役には「松坂桃李」、名門音楽院に在籍し本大会優勝大本命のエリートであるマサル役には「森崎ウィン」、そして世界最高峰のピアニストから推薦状を受け取った謎の少年ピアニスト・風間塵役を新人俳優の「鈴鹿央士」が演じます・・・

今、選ばれし4人のピアニストの人生をかけた闘いがはじまる!

他キャストには、ハリウッド映画でも活躍している「福島リラ」が出演しています。

松岡茉優/亜夜役

松岡さんは小学生の頃から女優に憧れ、TVドラマ「受験の神様」で子役デビューし、子ども向けバラエティ番組「おはスタ」に出演後は女優業に力を入れ、映画「桐島、部活やめるってよ」やNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で注目を集めました。

その後もドラマや映画で活躍し、初主演の映画「勝手にふるえてろ」で第41回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を手にした実力派女優です。

松坂桃李/明石役

松坂さんは、モデルデビューを経て2009年からスーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」で主演を務め、2011年に映画「アントキノイノチ」と「僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.」で第85回キネマ旬報ベストテン新人男優賞・第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞した若手の実力派男優です。

現在では映画にドラマ・声優・舞台など大忙しに活躍している俳優さんです。

森崎ウィン/マサル役

5人組ダンス&ボーカルユニット「PrizmaX」のメンバーでもある森崎ウィンさんは、映画『レディ・プレイヤー1』で有名ハリウッド監督に認められた注目俳優です。

キャスト選出の数か月にわたる全世界オーディションを経て、最終的にスピルバーグ監督が直接指名したのが森崎ウィンさんだったのです! 

ハリウッド・デビューを果たし、ますます注目度を高めている俳優さんです。

鈴鹿央士/風間塵役

鈴鹿さんは「メンズノンノモデル公開オーディション2018」でグランプリに選ばれ専属モデルとなりました。

映画では「決算!忠臣蔵」の若者武士を演じ注目され、本作で謎の少年ピアニスト役に大抜擢されたネクストブレイクが期待される若手俳優さんです。

チャン役・福島リラのプロフィールや経歴

福島リラは、森崎ウィン演じるマサルと同じ音楽院に通うジェニファ・チャン役を演じます。

リラさんは、2004年にニューヨークへ渡りトップモデルとして雑誌や広告でアメリカで活躍していた日本人女性です。

女優デビューは、2013年上映のハリウッド映画『ウルヴァリン:SAMURAI』で、ヒュー・ジャックマンの相手役として抜擢され、国際的に注目されました。

日本のドラマにも出演し、大河ドラマ「軍師官兵衛」では黒田家の侍女役を務めました。

顔立ちは顎が細く、顔も小さく目も細いハーフな印象を受けますが、純日本人で印象的なアジア人としての雰囲気を醸し出しています・・・ミステリアスな魅力がある女性です。

海外の評判も高い?

日本ではあまり女優としてのドラマや映画出演がない福島リラですが、海外では人気がありアメリカンコミックを実写化した『ARROW/アロー』や、大ヒット人気ドラマ『ゲーム・オブ・フローンズ』など色々なドラマに登場して存在感を高めています。

2010年の帰国までアメリカで生活していたため、英語はハリウッドで活躍できるほどペラペラ話すことが出来、エキゾチックなアジア人役を演じても言語の壁は簡単に超えられる役者さんです。

日米を縦横無尽に飛び交う女優ともいえます!

Sponsored Links

まとめ

国際ピアノコンクールで競い合う、4人のピアノコンテスタント。

優勝すれば世界に羽ばたくチャンスと、夢が実現される。

それぞれの思いを胸に秘め・・・今、選ばれし4人のピアニストの人生をかけた闘いが始まります! 果たして、音楽の神様に愛されるのは誰か。

映画「蜜蜂と遠雷」2019年10月4日公開



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)