31日間無料トライアル実施中!


『こんな夜更けにバナナかよ』(映画)ネタバレや原作感想は?キャストやタイトルの意味も。

幼い頃に難病・筋ジストロフィーを発症し、24時間体制の介助が必要となった鹿野靖明さんを主人公としたノンフィクション小説『こんな夜更けにバナナかよ』。

大泉洋さん主演で映画化が決定しました。

他の出演者には、高畑充希さんや三浦春馬さんなどが決まっています。
『こんな夜更けにバナナかよ』は題名からも分かる通り、障がい者の方を描いたノンフィクションとして少し風変わりな作品です。

そんな気になる『こんな夜更けにバナナかよ』の内容やキャストの情報などを紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『こんな夜更けにバナナかよ』ってどんな作品?

『こんな夜更けにバナナかよ』は、12歳の時に筋ジストロフィーという難病を発症した鹿野靖明さんを主人公としたノンフィクション小説。

この筋ジストロフィーという病気は、次第に筋委縮や筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患のことです。

そのため24時間体制での介助を必要とする難病なんです。

そんな中で鹿野靖明さんは”普通に生活がしたい”と主張した人でした。

普通、障がい者の方を描いた作品となると、感動的な美談なイメージがありますよね。

しかし、この『こんな夜更けにバナナかよ』は一味違います。

鹿野靖明さんの人間的な部分を全面に出ているんです。

超ワガママで目立ちたがり屋、障がいを逆手に威張っているような雰囲気すらある鹿野さん。

そんな彼とボランティアの方々の関わりを描いた作品が『こんな夜更けにバナナかよ』なんです。

タイトルの意味

『こんな夜更けにバナナかよ』。

なんとも意味深で風変わりなタイトルですよね。

このタイトルは深夜にバナナを食べたい!と言い出した鹿野さんに、学生ボランティアがつぶやいた言葉なんです。

皆が普通にやっていることを普通に要求する。

たったそれだけのことでもこれだけの葛藤が生じるんですね。

学生ボランティアの気持ちもわかるし、鹿野さんのたくましさも感じられる。

とても良いタイトルですよね。

あらすじ

映画公式よりあらすじを載せます。

北海道の医学生・田中(三浦春馬)はボランティアとして、体が不自由な鹿野(大泉洋)と知り合う。病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティアや両親に支えられて風変わりな自立生活を送る鹿野。夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のような超ワガママぶりだが、自分自身に素直に生きる鹿野はどこか憎めない、愛される存在だった。
ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲(高畑充希)に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼するが、実は美咲は田中と付き合っていて…。奇妙な三角関係は、鹿野の主治医やベテランボランティアたちを巻き込んで大変な騒動に!
しかし鹿野の病状は徐々に悪化、体はますます自由が利かなくなっていく。そんな鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった――。
引用元 http://www.edia.jp/watanabe/watanabe/Banana.html

障がいをもっていようと卑屈な姿勢はまったく見せない。

鹿野靖明さんという方はなんて強くてたくましい方なんでしょうね。

憎めず、むしろ愛される存在というのも分かりますね。

ネタバレ

映画『こんな夜更けにバナナかよ』は、どうやら大泉洋さん演じる鹿野靖明さんに翻弄され成長していく田中(三浦春馬)、という描き方をしているみたいですね。

前田哲監督のコメントからもそれが分かります。

田中という自分の殻が破れない男が、鹿野や美咲に挟まれてバトルしていく中、どのように三浦さんと共に変化をしていくか、とても楽しみです。

そして著者である渡辺一史さんは本の中でこう言っています。

そして、鹿野と向き合った、2年と4ヵ月の日々――。
さまざまな人々の間を歩きまわり、話を訊き、話を持ち帰り、それらと揉み合い、へし合いするうちに、いつのまにか自然と運ばれ、押し出されるようにして私がたどり着いたのは、とてもシンプルな一つのメッセージだったようにも思うのだ。
生きるのをあきらめないこと。
そして、人との関わりをあきらめないこと。

このシンプルなメッセージが田中の成長と共に描かれていることでしょう。

原作の感想

映画『こんな夜更けにバナナかよ』の原作である渡辺一史さんのノンフィクション。

評判も評価も高い本作ですが、ネットでの感想を集めてみました。

皆さん、読後に自身の中や他者との関わりを見つめ直しているみたいですね。

文章的にはスラスラと読めるようなので是非とも読んでみたいものです。

Sponsored Links

キャストの紹介

鹿野靖明/大泉洋

1973年4月3日生まれ

バラエティなどでも活躍するお茶の間の人気者ですね。

俳優としても2018年公開の映画に4本も出演するなど引っ張りだこ。

出演代表作には『探偵はBARにいる』シリーズ、『清須会議』、『アイアムアヒーロー』などがあります。

安藤美咲/高畑充希

View this post on Instagram

Like a kid 😂

A post shared by 高畑充希 (@mitsuki_takahata) on

1991年12月14日生まれ

女優としてだけでなく歌手としても活躍している言わずと知れた人気女優さんです。

NTTドコモをはじめCMにも多数出演しているので、テレビで見かけない日はないと言っても過言ではないですね。

出演代表作には『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、『怒り』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』などがあります。

田中久/三浦春馬

View this post on Instagram

by me #haruma #harumamiura #三浦春馬

A post shared by Alistair Beau Hocine (@alistairhocine) on

1990年4月5日生まれ

子役からドラマなどで活躍してるイケメン俳優さんです。

映画『恋空』では第31回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しています。

出演代表作には『恋空』、『君に届け』、『進撃の巨人』などがあります。

Sponsored Links

まとめ

一筋縄ではいかない障がい者とそれを取り巻くボランティアの人々を描いた『こんな夜更けにバナナかよ』。

非常に興味深いですよね。

撮影はオール北海道ロケで5月下旬スタートの予定みたいです。

公開は2018年冬の予定です。

どんな映画になるのか楽しみの待ちましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)