31日間無料トライアル実施中!


『負け犬の美学』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストや父親・子役の経歴も!

人生を踊れ!

愛する家族、娘の夢のために。負けっぱなしの父、最後の大勝負!

ヒューマン・スポーツ映画『負け犬の美学』公開決定です!

『第70回 ロカルノ国際映画祭』ピアッツァ・グランデ部門 正式出品作品

『第30回 東京国際映画祭』コンペティション部門 正式出品作品

『負け犬の美学』ネタバレやあらすじは?キャストや父親・子役の経歴も!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『負け犬の美学』ネタバレ・あらすじ

40代半ばを迎え盛りをすぎた中年ボクサー『スティーブ』

たまに声のかかる試合とバイトで家族をなんとか養っていた。

ピアノを習ってパリの学校に行きたいという娘『オロール』の夢を叶えたい一心で、誰もが敬遠する欧州チャンピオンの『スパーリングパートナー』になることを決意する。

ボロボロになりながらも何度でも立ち上がり、スパーリングパートナーをやり遂げたスティーブにチャンピオンからある提案が舞い込む。

スティーブは愛する家族のため、そして自身の引き際のために最後の大勝負に出る。

負けっぱなしの父が、引退試合のリングで娘に伝えたかった思いとは・・・

2017年『第30回 東京国際映画祭』コンペティション部門出品 上映時タイトル『スパーリング・パートナー』

原題:SPARRING 製作国:フランス 製作年:2017年

監督・脚本『サミュエル・ジュイ』監督デビュー作です!

1975年、フランス生まれ。舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、これまでに数多くの映画・ドラマに出演。

主な出演作品:2017年『バーン・アウト』(Burn Out)2018年『不感地帯』(BLACK SPOT)Amazonビデオ

監督のコメントです。

『負け犬の美学』はボクシングの世界ではなく、ある1人のボクサーを描いている。
僕が最も興味があるのはリングでの戦いではない。
それにまつわるものだ。トレーニング、試合の前後。
ボクサーの孤独、無謀さ、心情、家族との暮らし、毎朝どのように起きるか、また何のために?
だが、実際のところ脚本を書くきっかけとなったのは、僕の第1子の誕生だ。
その頃、僕の俳優としてのキャリアは行き詰まっていて、体を動かして発散するためにボクシングジムに通っていた。
そして、1つの疑問が頭から離れなかった。
もし僕の俳優人生が失敗だったとしたら、僕は父親として子供に何を伝えてあげられるだろうって。
『負け犬の美学』の執筆は、そんな状況で始まったんだ。
僕は、スティーブの試合成績がひどかったとしても彼を負け犬とは思わない。
彼は、リングの上の仕事人であり、多くの名のない人々の中にいる一人の無名の男だ。
実際、大半のプロボクサーが、栄光を味わうこともない彼のような日陰のボクサーなんだ。
イギリスでは、彼らのことを『journeyman』(熟練した職人)と呼ぶ。
8割の試合で負けてしまい、世に出ることがないボクサーだが、彼らがいなければプロボクシング界は存在していない。
僕にしてみれば、彼らこそボクシングの真髄だ。
彼らはしばしば、試合予定のボクサーがケガをした場合に呼ばれ、3日後の試合の代替選手となったり、若いスター選手のテストマッチに使われたりする。
彼らが勝つために全力を尽くしても、勝負は出来レースになっていて負けざるを得ない。
この作品は、僕たちが一度も目にすることのない、そういう全てのボクサーに対するオマージュなんだ。

Sponsored Links

『負け犬の美学』キャスト

スティーブ・ランドリー『マチュー・カソヴィッツ』(Mathieu Kassovitz)

View this post on Instagram

Les demons ? Quels demons ?

A post shared by Mathieu Kassovitz (@mathieukassovitz) on

誕生日:1967年8月3日(51歳)出生地:フランス・パリ『映画監督・脚本家』

父親は、ユダヤ系ハンガリー人の映画監督『ペテ・カソヴィッツ』

父親の影響で映画に興味を持つようになり、高校卒業後には裏方として働き始める。

1990年頃から長編映画を撮り始めて、フランスのスラムに住む若者を描いた『憎しみ』が大ヒット!

『第21回 セザール賞』最優秀作品賞『第48回 カンヌ国際映画祭』監督賞受賞

俳優として『天使が隣で眠る夜』『第20回 セザール賞』新人男優賞受賞(有望若手男優賞)

『カフェ・オ・レ』に出演した女優『ジュリー・モディシェ』(Julie Mauduech)と結婚。娘が1人いる。

主な監督作品

1993年『カフェ・オ・レ』(Metisse)1995年『憎しみ』(La Haine)1997年『アサシンズ』(Assassins)

2000年『クリムゾン・リバー』(Les Rivieres pourpres)2003年『ゴシカ』(Gothika)

2008年『ジョニー・マッド・ドッグ』(Johnny Mad Dog)2009年『バビロンA.D.』(Babylon A.D.)

2011年『裏切りの戦場 葬られた誓い』(L’ordre et la morale)

主な脚本作品

1993年『カフェ・オ・レ』(Metisse)

1997年『アサシンズ』(Assassins)

2011年『裏切りの戦場 葬られた誓い』(L’ordre et la morale)

主な出演作品

1993年『カフェ・オ・レ』(Metisse)1994年『天使が隣で眠る夜』(Regarde les hommes tomber)

1997年『フィフス・エレメント』(The Fifth Element)『アサシンズ』(Assassins)

1999年『聖なる嘘つき その名はジェイコブ』(Jakob the Liar)

2001年『アメリ』(Le Fabuleux destin d’Amelie Poulain)『バースデイ・ガール』(Birthday Girl)

2002年『ミッション・クレオパトラ』(Asterix & Obelix:Mission Cleopatra)2005年『ミュンヘン』Munich

オロール・ランドリー『ビリー・ブレイン』(Billie Blain)

出生地:フランス

監督『サミュエル・ジュイ』は『生まれながらにして女優』と絶賛!

主演『マチュー・カソヴィッツ』は『未来のスター』『30年後も私たちはスクリーンで彼女を見続けることになる』とまで言わせしめた!

『ビリー・ブレイン』の出演経緯は、奇跡的です!

200人近くのオーディションで、最終候補3人から決めようとしていました。

そんな時に、キャスティングディレクターが『ビリー・ブレイン』と偶然出会います。

そして、ある夜遅く監督に電話をかけて『素晴らしい少女に出会った』と伝えます。

監督は、演技テストを見て、すぐにこの子だと思ったそうです。

その結果、最終候補を跳ね除け一発で決定しました。

『他の3人の少女も素晴らしかったのだが、ビリーは特別だった。息づかいが違った。』

『僕の目の前には、セリフを話す子役ではなく、血肉の通った一人の人間がいたんだ。』

『それにビリーには、映画のラストを飾るあの素晴らしい笑顔があった。』

天性の才能を持ったビリーは、ショートヘアにボーイッシュな服装と一見すると美少年のような出で立ちをした愛娘オロールを演じています。

大好きな父親に向ける無垢な眼差しと、眩しいほどの愛らしい笑顔は観る者を魅了し、存在自体で役柄に説得力を持たせる女優です。

これからのフランス映画界を担う新星!今後の活躍が期待される逸材です!

主な出演作品

2007年『すべてが許される』(Tout est pardonné)

2015年『夜、アルベルティーヌ』(L’astragale)

2017年『Garde Alternée』

マリオン・ランドリー『オリヴィア・メリラティ』(Olivia Merilahti)

View this post on Instagram

it's a match 👹 #iittala #mug #wool

A post shared by Olivia Merilahti (@olivia.merilahti) on

誕生日:1982年2月25日(36歳)出生地:フランス・パリ『歌手・作曲家』

本作の音楽を、担当しています。

映画『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』(L’empire des loups)の音楽制作現場で『ダン・レヴィー』と出会い、エレクトロ・ポップ・デュオ『The Dø.』を結成します。

2015年リリース『Shake Shook Shaken』フランスのグラミー賞『ヴィクトワール・デュ・ラ・ムジーク』年間最優秀ロック・アルバム賞受賞。

2015年に、日本へ来日しています。
2015年8月15日(土)『SUMMER SONIC 2015』出演。2015年8月16日(日)『BLUE NOTE TOKYO』単独公演。

タレク・エンバレク『ソレイマヌ・ムバイエ』(Souleymane M’Baye)

View this post on Instagram

🎥 A ne pas rater

A post shared by Souleymane_Mbaye Pro Boxer (@mbaye_thesensation_official) on

1975年3月21日(43歳)出生地:フランス『プロボクサー』

『The Sensation』の異名を持つ『元 WBA世界スーパーライト級王者』『元 WBA世界ウェルター級暫定王者』

本作が映画デビュー作です!

両親はセネガル人で、セネガル語・フランス語・スペイン語・イタリア語、4ヵ国語を話す『クァドリンガル』です!

1998年プロデビュー。2001年4月24日、無敗のまま20戦目で、『全仏スーパーライト級王座』を獲得。

2006年9月2日、元世界王者相手に実力差を見せつけ4回TKO勝ちで制し悲願の『第32代 WBA世界スーパーライト級王者』を獲得します。

タイトル
『全仏スーパーライト級王座』『EBUヨーロッパ連合スーパーライト級王座』『WBAインターコンチネンタルスーパーライト級王座』『WBA世界スーパーライト級王座』(防衛1回)『EBU欧州スーパーライト級王座』『WBA世界ウェルター級暫定王座』

Sponsored Links

まとめ

映画『負け犬の美学』を、まとめてみました。

どんなに負けても、惨めな思いをしても、家族のために奮闘する父。

大好きな父を想う娘。2人を温かく見守る母。

そして、自らの信念を貫く男の生きざまが、観るものの心を熱くします。

『人生の勝ち負けは自分次第だ』

配給は『クロックワークス』です。

2018年10月12日(金)『新宿シネマカリテ』ほか、全国ロードショーです!

北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 TEL:011-221-3802
東京都 新宿シネマカリテ TEL:03-3352-5645
神奈川県 109シネマズ港北 TEL:0570-006-109
神奈川県 チネチッタ TEL:044-223-3190
愛知県 ミッドランドスクエア シネマ TEL:052-527-8808
大阪府 シネ・リーブル梅田 TEL:06-6440-5930
京都府 T・ジョイ京都 TEL:075-692-2260
兵庫県 神戸国際松竹 TEL:078-230-3580
福岡県 KBCシネマ TEL:092-751-4268

あなただけの『映画』探してみてはどうですか!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)