31日間無料トライアル実施中!


『泣き虫しょったんの奇跡』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストや野田洋次郎の演技評価は?

「泣き虫しょったんの奇跡」、2018年秋の公開が決定しました。

棋士、瀬川晶司五段の自伝的小説を映画化したこの作品。

数々な作品でタッグを組んできた豊田利晃監督と松田龍平さん、

そして豪華な俳優陣がずらりと揃っています。

実話をもとに描かれたこの映画のあらすじ、ネタバレ、キャストの紹介

そして、鈴木悠野役の野田洋次郎さんに注目して紹介していきます。

Sponsored Links

「泣き虫しょったんの奇跡」ってどんな映画?

まずは簡単なあらすじから。

「しょったん」こと瀬川晶司は、おとなしくて何の取り柄もない少年でした。

でも、初めて将棋で周囲から認められたことをきっかけに、棋士の道を目指します。

少しずつ実力をつけていた瀬川は、プロ棋士の登竜門「奨励会」に入会。

けれど「26歳までに四段昇格できなければ退会」という
規定へのプレッシャーに負け、退会することになってしまいます。

挫折を味わい、絶望に打ちひしがれる瀬川ですが、
将棋を愛する気持ちや仲間たちに支えられ、
再びプロ棋士をなろうと立ち上がります。

ネタバレ

原作は棋士の瀬川晶司さんがご自身の半生を描いた同名小説。

これが「とにかく泣ける!」と感動を呼んでいます。

本当にフィクションなのかと思うほどドラマチックな展開と
ここぞという時にある、的確な恩師からのサポート。

実際に瀬川晶司五段は棋士をあきらめ、弁護士を目指していた時期があり、
その頃に縛られない、「将棋を楽しむこと」を思い出したそうです。

そしてアマ名人になり、「銀河戦」で羽生善治名人と対局したこともあります。

何年もアマで戦い、2005年にプロ編入の嘆願書を日本将棋連盟に提出し、
そして編入試験に見事合格され、はれてプロ棋士になったのです。

「あきらめなければ、夢は叶う」の言葉に重みがありますよね!

映画ではおそらくプロ棋士になるところまで描かれていると思います。

そして多数の現役棋士が出演することも決まっていますが、
原作で神がかった存在の羽生善治名人はどうなのでしょう。

ぜひご本人が出演してほしいです!!

Sponsored Links

野田洋次郎(鈴木悠野役)ってどんな人?

今回注目するのは野田洋次郎さんです。

まずは簡単なプロフィールから。

野田洋次郎さんは1985年7月生まれの現在32才の東京出身のミュージシャンです。

バンド「RADWIMPS」のボーカル、ギターで、ほとんどの曲を作詞作曲しています。

幼稚園卒園前にアメリカへ引っ越し、各地を転々とし、
10才の頃、東京に戻ってこられました。

その後大学まで進みますが中退し、音楽活動に専念されています。

2003年に「RADWIMPS」としてデビューし、活動を続けていましたが、
2016年、映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」が映画とともにブレイク!

幅広い年齢層に愛されたこの曲で、一躍人気アーティストとなりました。

ブレイク前には数多くのアーティストに楽曲を提供などもしていましたが、
俳優デビューはブレイク前の2015年6月で、
映画「トイレのピエタ」で主演を務め、第39回日本アカデミー賞・新人賞受賞、
第70回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞しています。

音楽より先に俳優でブレイクしてるんですね。

そして2017年にはドラマ初出演にして、主演まで務めています。

この多才ぶりに、松田龍平さんが絶賛するわけです。

作品
・2015年 トイレのピエタ(主演 園田宏役)
・2016年 リップヴァンウィンクルの花嫁(カメオ出演)
・2018年 犬ヶ島(声の出演)

野田洋次郎さんの演技評価は?

View this post on Instagram

it's me

A post shared by 野田 洋次郎 Yojiro Noda (@yoji_noda) on

俳優デビューで第39回日本アカデミー賞新人賞受賞するミュージシャンですよ。

今回共演した松田龍平さんは
「やっぱりすごい。才能があふれ出てる」
「ミュージシャンとは思えないというか、
逆に役者じゃないからこういう空気感が出せるのかなと思った」
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000017-eiga-movi)

他にも「トイレのピエタ」で見せた演技には、多くの賞賛が集まっています。

もともと、作詞作曲を手がけてこられた野田洋次郎さん、
やはりとても言葉が強く、美しいのが魅力の一つなんですよね。

そしてアーティストとしての表現力が、
そのまま俳優としての演技力に直結している感じでしょうか。

オリジナリティー感が強い雰囲気と、人を惹きつける魅力が
スクリーンから溢れるほどに漂ってきそうです。

プライベートでも交流のある松田龍平さんとの演技も
ご本人にはかなり印象深かったようです。

「(松田龍平さんの演技に)圧倒された」
「人の一生っていろんなフェーズがあって、自分がどうしてもシンクロして響いてしまう部分、
苦しいとき、嬉しいとき、そういうところが自分に触れすぎてどうしようと
(松田が)言っていたときは『なるほど』と思ったし、
そこでもがいている姿を近くで見れたのは嬉しかったです」
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000017-eiga-movi)

コメントも詩的ですね!!

今回は棋士で、ライバル、そして友人でもある役どころ。

野田洋次郎さんがどんな演技を見せてくれるか、楽しみです!

Sponsored Links

キャスト紹介

野田洋次郎さんの他にも説明のいらないくらい豪華なキャストが揃っています。

さくっと紹介していきますよ!

松田龍平(瀬川晶司役)

松田龍平さんは1983年5月生まれの現在34才の俳優さんです。

東京出身で、今でもカリスマ的人気を誇る松田優作さんの長男です。

1999年、大島渚監督の映画「御法度」で俳優デビューし、
その年度の新人賞を総嘗めにしました。

この作品、大島監督から直接依頼され、高校受験を理由に断ったそうですが、
「受験後なら?」と口説かれ、断る理由もなくなり受けたそうです。

それから俳優活動を始めることになるんですね。

数々の映画やドラマ作品に出演し、
今では父である松田優作さんを知らない世代からも愛されています。

作品
・1999年 御法度
・2003年 ナイン・ソウルズ
・2004年 恋の門
・2005年 乱歩地獄 「芋虫」
・2006年 46億年の恋
・2009年 蟹工船
・2011年 探偵はBARにいる
・2013年 舟を編む
・2014年 ザ・レイド GOKUDO The Raid 2: Berandal
・2016年 ぼくのおじさん

永山絢斗(新藤和正役)

1989年3月生まれの現在29才、東京出身の俳優さんです。

三人兄弟の末っ子で、実兄には俳優の瑛太さんがいますね。

2007年にテレビドラマ「おじいさん先生」で俳優デビューしました。

2010年の「ソフトボーイ」で映画初主演し、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

映画もですが、紹介できないほどドラマに出演されています。

真面目な役からおどけた役、そしてだらしない役から熱血タイプまで
幅広い演技をする実力派の俳優さんですね。

2019年には大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に出演も決定しています。

作品
・2008年 フレフレ少女
・2010年 LIAR GAME The Final Stage
・2010年 ソラニン
・2010年 悪人
・2012年 ふがいない僕は空を見た
・2013年 みなさん、さようなら
・2014年 クローズEXPLODE
・2015年 アンフェア
・2016年 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル

松たか子(鹿島澤佳子役)

男性陣のキャストが多いので、少し華を、ということで松たか子さん。

1977年6月生まれの現在40才、東京出身の俳優さんで、歌手でもありますね。

歌舞伎の名門「高麗屋」のニ代目松本白鸚の次女で、お兄さんは十代目松本幸四郎さんです。

1994年にNHK大河ドラマ「花の乱」でテレビドラマに初出演し、
その後、数々の舞台、ドラマ、映画に出演していきます。

最初はやはり「歌舞伎」から派生していたようですが、
今ではその実力を誰もが認めているところですよね。

そして歌手活動も行なっていましたが、ブレイクはやはり
2014年に公開されたディズニー映画「アナと雪の女王」の声優主演!

劇中歌「レット・イット・ゴー」フル配信100万ダウンロードを達成したそうです。

2014年には第一子を出産し、
2015年に舞台「かがみのかなたはたなかのなかに」で復帰をしました。

瀬川に影響を与え、優しく見守る恩師を演じます。

作品
・1997年 東京日和
・1998年 四月物語
・2006年 THE 有頂天ホテル
・2007年 東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜
・2007年 HERO
・2009年 ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
・2010年 告白
・2012年 夢売るふたり
・2014年 小さいおうち
・2015年 HERO

まとめ

実話で日本で、さらに「サクセスストーリー」とは、かなり希少なのではないでしょうか?

そして実際に瀬川五段がされた活動により、
2006年にはプロ編入制度が正式に決定されていることもすごいです!

決まっていることだから、しょうがないからで終わらせない情熱が
大きな感動を呼ぶこと間違いなしのこの作品。

ぜひ大きめのハンカチを用意して、映画館に出かけてくださいね。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)