『七つの会議』(映画)ネタバレやあらすじ!キャストやロケ地も!モデル企業は神戸製鋼なの?

映画「七つの会議」の公開が2019年2月1日に決定しました。

豪華な俳優陣が並ぶこの企業エンターティメント、
今回はネタバレやあらすじ、キャストにロケ地をご紹介。

そして、話題になっているモデル企業が「神戸製鋼」なのか?!

一気に迫ってくるとみたいと思います。

Sponsored Links

「七つの会議」ってどんな映画?

中堅メーカーである東京建電の営業で万年係長の八角民夫は、
どこの会社にも一人はいる、いわゆる「ぐうたら社員」です。

トップセールスマンの課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、
営業部長・北川誠が進める結果主義の中、必死で働く社員たちを横目に
八角はひょうひょうとした毎日を送っていました。

ある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下されます。

坂戸に代わって万年二番手の原島が新しい課長に着任しますが、
その意外な人事には、思いもよらない秘密と闇が隠されていました。

ネタバレ

「陸王」「下町ロケット」「オレたちバブル入行組(ドラマ半沢直樹)」など、
映画やドラマにもなった企業で働く人々を描いた
エンターティメント小説作家の池井戸潤さん原作です。

それだけで期待度が一気にあがってしまいますね。

今回も大きな企業の中で渦巻く、企業としてのあり方、
社員の働くことに対する意義を問う作品になっています。

パワハラとして人事付きになってしまった坂戸の処分に
疑問を持った原島が、ぐうたら社員の八角と面談を行います。

その時に、原島は裏に大きな話が存在していることに知るんですね。

坂戸は、強度不足のねじを使用することで、
不正にコストカットを行っていたんですね。

その件を八角は、営業部部長・北川誠に告発、北川は社長に報告します。

そこで社長の宮野は、隠蔽を指示してしまいます。

強度不足のネジが公表されれば、リコールとなり、
会社が倒産するほどの打撃を受けると予想されるからです。

だが、告発文が社長や北川、製造部部長などに送られたことから、
ついには副社長・村西にも知られてしまいます。

村西は、親会社・ソニックからの出向者だったので、
ついには親会社まで事実は伝わりますが、そこでも隠蔽の指示が。

そして、ついに八角がメディアにリークし、企業全体を揺るがす、
前代未聞の事件へと変わっていきます。

八角は以前はトップセールスを誇る優秀な営業でした。

それがどうして「ぐうたら」になってしまったのか、
働き方の正義とはなんなのか。

そんなストーリーを含みながら、企業の転落を描いた
まさしく「企業エンターテイメント作品」になっています!

モデル企業は「神戸製鋼」?

記憶に新しい神戸製鋼の件とあまりに類似点が多いので
「モデルは神戸製鋼だ」と言われていますが、実際には偶然のようです。

小説「七つの会議」は2011年5月から2012年5月まで
「日本経済新聞電子版」に連載されたもので、
神戸製鋼の不正が発覚し、ニュースになったのは2017年10月でした。

不正は10年にわたり続いていたそうですが、
池井戸潤さんが、まさかその内部を知って書いていたとは思えません。

ご本人も「モデル企業はない」とコメントされています。
(http://www.sinkan.jp/special/interview/bestsellers45.html参考)

神戸製鋼の場合、製品の検査データを改ざんし、
出荷することが日常的になっていて、それを組織的に認識して行ってきた。

このニュースでは、過酷な収益改善のプレッシャーを現場にかけ続けたことで、
不正会計につながっていったとみられていて、「七つの会議」に類似しています。

ただ「七つの会議」では中堅メーカー、「神戸製鋼」は大手でした。

社内不正のリークですが、その結果は現実と小説では異なってきます。

「七つの会議」での企業の結末、それは映画で見極めてくださいね。

Sponsored Links

キャスト紹介

登場人物が多いこともあって、豪華な俳優陣が揃いました!

原作ファンも納得の主演、野村萬斎さんからご紹介していきます。

野村萬斎(八角民生役)

名前野村萬斎
出身東京都
生年月日1966年4月5日
血液型B型

俳優としての知名度が高い野村萬斎さんですが、狂言師の家に生まれ、
4人きょうだいの3番目で姉・姉・妹という女性に囲まれて育ちました。

1989年に東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻を卒業し、1994年に萬斎を襲名。

伯父・初世野村萬(本名:太良)、父・二世野村万作(本名:二朗)をはじめ、
伝統芸能である狂言師のお家柄、幼い頃から厳しい稽古を受けていました。

狂言以外でもドラマ、映画、舞台などで活動を行い、
端整な容姿と気品ある物腰に注目が集まります。

2001年公開の映画「陰陽師」で主演し、一気に人気を集めました。

東京2020の開会式・閉会式、4式典総合プランニングチームの一員でもありますね。

今回演じるのはぐうたら社員、
野村萬斎さんの凛としたイメージとは合わないかと思いましたが、
その中に秘めていた熱い思いなどは、ぴったりのキャストのように思います。

香川照之(北川誠役)

名前香川照之
出身東京都
生年月日1965年12月7日
血液型AB型

香川照之さんは歌舞伎役者のお家柄でもあり、俳優一家です。

父は歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母は元宝塚歌劇団雪組主演娘役で女優の浜木綿子さん、
祖父、祖母、叔父、叔母と、稼業が「役者」という感じですね。

親が俳優だったことや他にやりたいこともなかったために、俳優業を始められ、
最初は不遜な態度をとり、批判の的となることもあったそうです。

オリジナルビデオ作品「静かなるドン」の撮影時に、
監督の鹿島勤から100回NGを出され、
それ以来真剣に演技に向き合うようになったとコメントされています。

その後、テレビドラマや映画、
そして離婚していた実父と和解後、歌舞伎界にも入り幅広い活躍をされています。

また昆虫好きということでも知名度をあげ、親しまれるようになりました。

池井戸潤さんの作品では、名脇役を演じている香川照之さん、
今作でもその個性的なキャラクターが発揮されそうです。

及川光博(原島万二役)

名前及川光博
出身東京都
生年月日1969年10月24日
血液型B型

舞台演劇俳優、バンド活動、そして1996年には歌手デビューしています。

愛称は「ミッチー」で、音楽活動をメインに行っていた頃から
そのキャラクターに注目が集まり、人気を集めました。

1998年、テレビドラマ「WITH LOVE」に出演し、以降は俳優としての活動も始めます。

その後、多くのテレビドラマや映画に出演していますが、
2009年から人気テレビドラマ「相棒」の神戸尊役として出演し、
4シーズン通してメインキャストとしてさらに人気を呼びました。

俳優業に忙しくなりながらも、現在でも音楽活動を行っており、
毎年カウントダウンのコスプレで話題を呼んでいます。

今作では、いきなり課長に抜擢される真相を知らなかった原島役、
真実を知った後、製品の品質を向上させる役所です。

Sponsored Links

ロケ地はどこ?

企業エンターテイメントということで、社内の撮影が多いのでしょうが、
エキストラの募集が一つあがっていました。

埼玉県深谷市で5月に行われた撮影のようです。

舞台となる中堅会社は東京都内の設定ですが、
もしかすると埼玉はネジ工場などの撮影があったのかもしれません。

また都内ではいくつか目撃情報もあがっていました。

他にも都内らしき目撃情報はありましたが、
どれも俳優さんまで見かけた方はいないようです。

エキストラの方が集まっている感じですね。

すでに撮影は終わっているようですが、
公開されると都内ではわりと多く撮影されていたことがわかるかもしれません。

Sponsored Links

まとめ

公開を待ち望む声が多い中、ようやく予告動画、オフィシャルサイトが公開されました。

豪華な俳優陣はほぼ男性ですが、その中で土屋太鳳さんや吉田羊さんなど
サポートポジションの女性たちにも注目ですね。

キャッチコピーにあるように「働く事の正義とは」を強く問いかける今作。

エンターテイメントとして面白いと見るか、ヒヤヒヤしながら見るかは
見る人の働く環境によるかもしれません。

公開は来年2月、また新しい池井戸潤旋風が起こりそうです!

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)