31日間無料トライアル実施中!


映画『ニワトリスター』ネタバレや感想!あらすじやキャスト情報も!

映画マニア、管理人です!

『ニワトリスター』というなんだかのどかなタイトルに、井浦新さんと成田凌さんのゆるく自堕落な雰囲気のポスター。

一目見たら忘れられない衝撃の映画が、3月17日から公開されます。

数多くの作品に出演してきたベテラン俳優・井浦新さんと、今飛ぶ鳥を落とす勢いで人気俳優の階段を駆け上がっている成田凌さん。

そんな2人の共演に、多くのファンが映画の公開を待ち望んでいます。

調べてみると、映画の内容も一筋縄ではいかない様子。

そこで、今回は映画『ニワトリスター』をご紹介したいと思います。

Sponsored Links

『ニワトリスター(映画)』あらすじ

東京の片隅にある奇妙なアパート・ギザギザアパートメント。

アパート1階にあるバーでアルバイトをする草太(そうた)と楽人(らくと)は、これといった目標もなく、大都会東京の底辺でだらだらと自堕落な共同生活を送っていました。

そんな2人の秘密は、裏の仕事をしていること。

ギザギザアパートには草太と楽人のほかに、暴力に苦しむシングルマザーや、中年ホモカップル、ヒモ生活を送るタイ人、淫乱なアパートの管理人など、ぶっ飛んだ個性的なメンバーが生活をしています。

View this post on Instagram

‪【上映劇場追加のお知らせ】‬ ‪東京渋谷、大阪2劇場、札幌に続いて‬ ‪ニワトリ★スターの上映劇場が追加決定!!‬ フォーラム仙台‬ ‪http://forum-movie.net/sendai/‬ フォーラム山形‬ http://forum-movie.net/yamagata‬ フォーラム八戸‬ ‪http://forum-movie.net/hachinohe‬ 今後ともニワトリ★スターの応援をよろしくお願いします!‬ #ニワトリスター #smokinonthemoon #井浦新 #iuraarata #成田凌 #naritaryo #紗羅マリー #saramary #阿部亮平 #LiLiCo #津田寛治 #奥田瑛二 #かなた狼 #kanatawolf #狼組 #2018年3月公開 #ヒューマントラストシネマ渋谷 #シネリーブル梅田 #シネマート心斎橋 #ディノスシネマズ札幌劇場 #フォーラム仙台 #フォーラム山形 #フォーラム八戸 #全国ロードショー #邦画 #映画 #movie #映画好きな人と繋がりたい #Gentle_Underground_Monkeys

A post shared by 映画「ニワトリ★スター」公式アカウント (@gentle_underground_monkeys) on

目的もないだらだらした生活はそれなりに楽しい。

しかし、楽人がシングルマザー・月海(つきみ)に思いを寄せ、ともに生きようと願った時、彼らは次第に予測不可能な事態に巻き込まれていきます。

不穏な影が草太と楽人の運命を捻じ曲げる。
物語は宇宙ロケット旅行から裏社会。下町のお好み焼屋からラブロマンス。セクシャルの定義や血の繋がらない家族や兄弟という価値観。エトセトラ。
人間の混沌が混ざりに混ざり。絶望と希望。
草太と楽人が迎える運命の先には、予測不能の結末が…
「知っているつもり」で「何も知らなかった」 ニワトリスターは“ギザギザ傷だらけ大人のファンタジー”乞うご期待でございます。

引用文

ぶっ飛んで混沌としたあらすじや、カラフルなポスターなど、勢いがすごいですね。

どんな映画なのか気になってしまいます!

Sponsored Links

ネタバレ、感想は?

映画『ニワトリスター』の原作は、監督のかなた狼さんが「たなか雄一狼」という名義で書いています。

2013年に電子書籍で発表され、映画原作の小説として昨年の12月に文庫で発売されました。

原作小説の結末ですが、調べてみたものの、ネット上では見事に明かされていませんでした。

小説は買ったけど、映画を見るまで読まない、というコメントが多いんですね。

また、映画の公開が近づいていますし、読んだ人たちのネットリテラシーが高いということなのかもしれません。

感想のコメントはいくつか見つけましたのでそちらをご紹介します。

https://twitter.com/ryu____no1/status/951013089213693952

「面白い」「泣いた」というコメントがありますね。

想像では、それまで自堕落な生活を送っていた草太と楽人が、DVも受けているらしいシングルマザーの月海を体を張って守り、倒れるのかなと。

大麻を売り、目標も何もない生活を送ってきた2人が、唯一守ろうとしたもの。

それでも、映画のファンキーな様子から、結末に希望を見出せるのではないかと思っています!

Sponsored Links

映画『ニワトリスター』キャスト

映画『ニワトリスター』は、ストーリーと同じように個性的な俳優さんたちが揃っています。

雨屋草太:井浦新

View this post on Instagram

#井浦新#おしゃれ

A post shared by a.i.traveler (@a.i.traveler) on

目的なく大阪から上京し、自堕落な日々を送る草太を井浦新さんが演じます。

井浦新さんは東京都出身で、1974年生まれ。

モデルから芸能活動を始め、のちに俳優としても多くの作品に出演するようになりました。

「メガネ男子」の元祖とも呼ばれています。

最近では、昨年公開された映画『光』や、先週から放送が始まったドラマ『アンナチュラル』にも出演し、その確かな演技力に注目が集まっています。

View this post on Instagram

映画【光】瑛太×井浦新 。一昨年このキャストを知ってから待ちに待っていた物語。とにかく2人の演技に魅せられる。期待以上。 ・ 「僕たちは人間のふりをして生きている」のコピーながら、そこに描かれたのは人間臭さでしかないと感じる。 ・ 暴力性や退廃が描かれる程に、それぞれが生きようとする、死のうとする、殺そうとする、生命感に溢れる。それは頻繁に差し込まれる島の景色にも象徴される。 . 事前にチェックしたレビューが悪くて身構えていたけど、今回改めて他人の評価などどうでもいいことを実感。確かにやや難解だけど、そこは「説明しすぎない美学」を楽しみたいところ。ジェフ・ミルズの音楽も、むしろ違和感に挑発された。 ・ 富山での公開初日、レイトで観ていたのは私たち夫婦を含めて5人だけ。大雪の中、幸運な5人。久しぶりにいい映画に出会った。 ・ #映画光 #大森立嗣 #三浦しをん #井浦新 #瑛太 #映画 #光 #ジェフミルズ #レイトショー #映画鑑賞 #橋本マナミ #長谷川京子 #大森組 #movie #cinema #ミニシアター #ミニシアター系

A post shared by Tomoko Matsuoka (@la.flore07tmk) on

かなた狼監督からの「今まで見せてきた井浦新を、1ミリでも見せたら許さんぞ」と言う言葉から始まりました。
相手の演技を受けている時のちょっとした表情や、自分がついしてしまう生理的な芝居をとにかく捨てていくということ。
自分のやりやすいことをいかに出さないか、ということがずっと意識の裏側にあって。そこへとても気を張っていました。

監督がやりたいことや撮りたい画、欲しい芝居を、つなぎたいようにつないで。
こんなに無茶苦茶に監督のやりたいことをやりきっている映画は、それに参加して完成した映画を観た自分でさえも、感想の整理がつきません。

自分にとっての大切なものってなんだろうなって、この映画を観た後にそう感じてもらえる、そんな映画になったのかなって思います。
引用文

正統派な役から、道を踏み外したアウトローまで自在に演じる井浦新さん。

自堕落な日々を送りつつ人生に葛藤を抱える草太をどう演じてくれるのか楽しみですね。

星野楽人:成田凌

沖縄県出身で天真爛漫な楽人を成田凌さんが演じます。

成田凌さんは、埼玉県出身で1993年生まれ。

ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルオーディションに合格し、2013年からモデル活動を始めました。

もともと俳優志望だったこともあり、2014年のドラマ『FLASHBACK』で俳優としてもデビュー。

井浦新さんと経歴が似ているんですね。

2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、2017年のドラマ『コード・ブルー』『民衆の敵』などを始め、現在、朝のテレビ小説『わろてんか』に出演するなど、いずれも話題作に抜擢されています。

ドラマ『コードブルー』の真面目で気弱なフェロー役はとても良かったですね。

役柄によって雰囲気が全く変わるのがすごいなと思います。

体、時間、人間関係、感情、欲、全てをこの作品に持っていかれてしまいたい、捧げたいと思い、必要のないものは排除し、必要なものは求め、染み込ませ、受け入れ、生活にし、大阪という街に、人に、生かされた、2016年の夏でした。
俳優として、この上のない贅沢な時間、全てが挑戦であり、全てが”星野楽人”という人間を生かすためのものでした。
映画「ニワトリスター」みなさまに届く日が近づいています。
未来のお孫さんに、自分は劇場で観たと、自慢してやってください。
引用文

映画『ニワトリスター』では、タトゥーに赤髪のモヒカンという外見。

どんな演技を見せてくれるのか見どころです。

知花月海(つきみ):紗羅マリー

ティダと言う幼い男の子を育てながらも、覚せい剤の依存に苦しむシングルマザー・月海を紗羅マリーさんが演じます。

紗羅マリーさんは愛知県出身で1986年生まれ。

アメリカ人と日本人のハーフです。

現在、モデルとして多くの女性ファッション誌で活躍しています。

モードな雰囲気がかっこいいですね。

歌手としても活動する中、2017年に舞台『RENT』に抜擢。

映画女優としては、今作『ニワトリスター』が初出演となります。

何もかも、台本というものを開いた事も、自分以外の人間の名前を名乗る、ということも全てが初めての挑戦でした。
私のファンでいて下さってる方々に、見たこともない私を、姿をみてもらえると思います。
お話をいただき、やりたいです!と言った日から、決定もしていないのにダイエットを始めました(笑)。
撮影が始まってからは、全く何が正解なのかわからず、自分との戦いでしたが、監督も、俳優さんも、スタッフのみなさんもみーーーんな一緒に戦ってくれたので輝くことが出来たと思います。
愛というものは、自由自在に変化するものだと思います。
なので、私は愛と言う言葉があまり得意ではありません。
でも、この世の中で、変わらない愛がちゃんとあるんだという事。
生を受けてから死ぬまでの中に、必ず変わらない愛をプレゼントしてくれる人がいるから、見失わないように。この映画をみて、いろんな愛を感じてください。
引用文

映画初出演ながら、覚せい剤に苦しむシングルマザーという難しい役どころに挑戦となります。

コメントからもわかるように、迫真の演技で見る人を圧倒させてくれそうですね。

そのほか、津田寛治さんや奥山英二さん、LiLiCoさんが名前を連ねて個性的なメンバーを支えます。

ぶっ飛んだ脇役にも大注目です。

Sponsored Links

映画『ニワトリスター』コラボ

映画『ニワトリスター』ですが、他の映画にはない面白いコラボを展開しています。

ますは「an 超バイト」とのコラボ。

https://twitter.com/weban/status/953064360603107328

『ニワトリスター』の完成披露試写会で、舞台をアシストするニワトリを3名募集!

バイト内容は、映画PRの象徴となるニワトリのかぶりものを着用して子分ニワトリになり、主演2人のキャスト陣を舞台へアテンドし、登壇中に舞台袖で盛り上げ役となるものだそうです。

なんと日給5万円。

映画好きにはたまらない仕事ですね。

応募期間は2018年1月16日(火)~ 2018年1月29日(月)だそうです。

そして、映画のLINEスタンプも発売されています。

これは面白い!

1月15日から発売されているそうですよ。

詳細は映画公式HPやTwitterをチェックしてみてください。

まとめ

今回は映画『ニワトリスター』をご紹介しました。

とにかくめちゃくちゃで混沌とした内容で、衝撃です。

主演2人の今までにない姿が見れそうですね。

公開は3月17日からです。

春先からぶっ飛んだ勢いで行けそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)