31日間無料トライアル実施中!


『終わった人』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストや盛岡ロケってどこだったの?

脚本家である内館牧子さんのベストセラー小説『終わった人』が2018年6月9日に劇場公開されます。

主演は舘ひろしさんと黒木瞳さんと非常に豪華で、定年退職後の人生について描いているハートフルコメディです。

お二人の夫婦像はかなりお似合いで想像できますよね。

終わった人というタイトルですが、何が終わったのか?始まりじゃないの?

色々考えることが出てきそうな映画ですね。

そこで『終わった人』のネタバレやあらすじ、ロケ地について紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『終わった人』はどんな映画?

監督は『リング』や『クロユリ団地』などのホラー作品で有名な中田秀夫監督です。

今作はなんと、中田秀夫監督初の初のコメディ映画作品だそうです。

なぜコメディに挑もうと思ったのかについて、監督自身がこのようなコメントを出しています

「ホラー映画の中田」が何故『終わった人』の映画化を熱望したか?
それは、「一目惚れ」だった。
「定年って生前葬だな」の冒頭の一行、花束を持った何か言いたげな主人公の装画に完全にヤラレた。
私がそれらに「ピンと来る」年齢に達したからか?だが実は、この主人公は「終わった」後も、社会で必要とされ、仕事で戦うことを熱望し、懸命に足掻く。その姿にも惚れた。
原作に惚れ込み企画。本作を「本当に撮りたかった作品」と語り、登場人物の人情・愛情があふれる暖かい空気感と、シニカルな喜劇が絶妙にマッチした作品に仕上げる。
引用元

コメディだから挑むというよりも、『終わった人』だからこそ挑戦したと感じるようなコメントです。

これは原作本も注目されるかもしれませんね。

終わった人 (講談社文庫) [ 内館 牧子 ]

そんな中田秀夫監督が惚れ込んだ作品である『終わった人』の映画化、公開が非常に楽しみですね。

Sponsored Links

『終わった人』のあらすじは?

大手銀行の出世コースから外れ、子会社に出向させられたまま定年を迎えた田代壮介。

これまで仕事一筋だった壮介は途方に暮れる。

日々、やることがない。時間の進みが遅すぎる…。

このまま老け込むのはマズイと感じ、スポーツジムで身体を鍛え直したり、図書館で時間を潰そうとするのだが、よく見ると周りにいるのは “終わった”ように見えてしまう老人ばかり。

美容師として忙しく働く妻・千草には、ついグチをこぼし、次第に距離を置かれてしまう。

「俺はまだ終われない」と、職業安定所で職探しを始めるも、高学歴と立派な職歴が邪魔をして思うように仕事が見つからない。

妻や娘からは「恋でもしたら?」とからかわれる始末。

そんな時、大学院で文学を学ぼうと思い立った壮介が、勉強のために訪れたカルチャースクールで出逢った女性と恋の予感が…。

また、スポーツジムで知り合った新興のIT企業社長との出会いにより、壮介の運命の歯車が回り出す──。

引用元

予告編では「趣味なし、夢なし、仕事なし、我が家に居場所なし」と、定年退職後の苦悩が描かれています。

退職後に何をして日々を過ごすのか、そもそも自分は何をしたいのか、退職後の家族との関係など、問題は本人のみにとどまらないようです。

そんな中で、主人公の田代壮介は第二の人生をどのように進んでいくのか、気になるところですね。

ロケ地は盛岡?

今作の舞台は東京と盛岡が中心であり、中でも盛岡は主人公・田代壮介の故郷という設定だそうです。

実際に、盛岡のどんな場所で撮影が行われたのか紹介しようと思います。

まず、盛岡市中央通1丁目にある佐藤写真館

ここでは、写真館の後を継いだ高校時代の友人と再会するシーンの撮影が行われたそうです。

次に、盛岡南公演球技場

ここでは、同級生と母校のラグビー部の決勝戦を観戦するシーンの撮影が行われ、550人ものエキストラが集まったそうです。

その他にも高松の池で撮影していたという情報も出ているようです。

盛岡を訪れた際には、一度立ち寄ってみたいですね。

聖地巡礼ですね。

Sponsored Links

『終わった人』のキャストは?

簡単にキャストをご紹介しますね。

舘ひろし(田代壮介役)

https://twitter.com/Tachi_0331/status/980086212235952128

1950年生まれの俳優、シンガーソングライター。

舘ひろしさんといったら、『あぶない刑事』シリーズが有名ですね。

1980~2016年にかけて演じ続けた刑事役を終え、今作を挑むにあたり、舘ひろしさんはこんなコメントを出しています。

30年間演じた“刑事”を定年退職してから“再就職先”を探していました。
今度の“職場”はハーレーに乗ってショットガンを打つシーンとは無縁です。
主演として関わる映画は『終わった人』というかなり辛辣なタイトルですが、定年退職した私がコミカルに見えて、笑えて、最後にジーンとくる映画になると思います。どうやって人生を終わっていくかは、誰にとってもいずれ訪れる時に向かって、誰とも違う自分なりの時の過ごし方を見つけていくことだと思ってます。
私自身は、この物語を“再挑戦”と定義して演じます。ですから、実際に、もうかなり歳ですが、いやこの歳になったからこその、新しい“舘ひろし”をご覧いただけるのではないでしょうか。 引用先

舘ひろしさんが再挑戦として挑んだ『終わらない人』、どのような演技をされているのか楽しみですね。

黒木瞳(田代千草役)

1960年生まれ、女優のみならず、タレントや歌手、映画監督と幅広く活躍されています。

過去には宝塚歌劇団に所属しており、月組トップの娘役だったそうです。

また、ゲームが好きで、忙しい時期以外は毎日のようにゲームをしているそうです。

不思議な魅力が詰まっている方ですね。

今作では、田代壮介の妻を演じています。

広末涼子(浜田久里役)

1980年生まれの女優さんです。

過去に歌手として活動しており、『MajiでKoiする5秒前』が有名ですね。

色白で爽やかな印象を受ける容姿から、CMにも数多く起用されています。

今作では、カルチャースクールの受付であり、田代壮介が恋する?相手役を演じています。

臼田あさ美(田代道子役)

View this post on Instagram

👦🏻

A post shared by 臼田あさ美 (@asami_usuda) on

1984年生まれの女優、ファッションモデルさんです。

2003~2005年には『CanCam』、2007~2008年には『AneCan』の専属モデルをされていました。

臼田あさ美さんのinstagramには様々なタイプの洋服を着こなす姿が載せられており、モデルさんということもあり、とてもおしゃれです。

View this post on Instagram

☔️

A post shared by 臼田あさ美 (@asami_usuda) on

View this post on Instagram

The Fashion Post 写真 ホンマタカシ📸

A post shared by 臼田あさ美 (@asami_usuda) on

View this post on Instagram

今日も今日とて胸いっぱい🌷

A post shared by 臼田あさ美 (@asami_usuda) on

ご結婚されており、夫はバンドOKAMOTO’Sのドラマーである、オカモトレイジさんです。

今作では、田代壮介と田代千草の娘を演じています。

Sponsored Links

まとめ

今回は映画『終わった人』のあらすじやロケ地、キャストなどをご紹介しました。

ベストセラー小説の映画化、豪華な顔ぶれと、観て損はないと思います。

またこの映画を通じて、誰もが考えるであろうセカンドライフについて、何か新しい発見があるかもしれません。

『終わった人』は2018年6月9日公開です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)