31日間無料トライアル実施中!


『娼年』(映画)平戸東役の猪塚健太の演技評価やプロフィールは?出演したCMや舞台のまとめも

映画マニア、管理人です。

映画『娼年』は、2018年4月6日より全国で公開されますね。

“娼夫”として生きる男性を通して、世の中に渦巻く欲望を描いています。
2016年には舞台化もされていて、大きな話題にもなりました。

今回公開される映画版の主演は松坂桃李さんですが、舞台版に引き続き猪塚健太さんも出演されます。
猪塚健太さんは数多くの舞台作品に出演している、人気急上昇中のイケメン俳優なんですよ。

そこで今回は、猪塚健太さんについてご紹介したいと思います。

Sponsored Links

『娼年』平戸東役の猪塚健太さんはどんな人?

猪塚健太(いづか けんた)

1986年生まれ、愛知県出身の俳優さんです。

所属事務所はアミューズで、三浦春馬や佐藤健の後輩にあたります。

アミューズ内の劇団”プレステージ”に所属しており、他の若手俳優と共に1年に2,3回の舞台公演を行っています。

子供向け作品である「トミカヒーロー レスキューフォース(2008年)」の主演を務めた事もあり、老若問わず心惹かれる”爽やかなルックス”が魅力的ですね。

撮影前に脚を骨折しても”ボルトをはめて撮影に挑む”といったエピソードがあり、男らしい根性もあるようですよ。

見た目が良いだけの俳優さんではなさそうですね。

その他にも「勇者ヨシヒコと魔王の城(2011年)」「深夜食堂3(2014年)」など、様々な作品にも出演されています。

ジャンルを問わない幅広い演技ができる事が伺えます。

また演技に対して非常に真面目であり、体当たりの演技が評価される事も多いです。

映画『娼年』のアズマ役にも熱い思い入れがあるようで、インタビューで語っています。

爽やかなイケメンが熱く語る姿は、とてもかっこいいです。

今後の活躍に目が離せませんね。

Sponsored Links

『娼年』平戸東役の猪塚健太さんの演技評価は?

映画『娼年』では”人気No.1娼夫”であるアズマ(平戸 東)役を演じる猪塚健太さんですが、演技力はどれほどなのでしょうか?

アズマは作中でも特に異質な性癖を持った登場人物です。

難しい役どころをオーディションを勝ち取った、猪塚健太さんの演技評価を覗いてみました。

https://twitter.com/Hrdendryo/status/964343063983239169

身体を張った演技がとても魅力的なようですね!

演じる人物によって、全く違った表情を見せてくれそうです。

『娼年』では舞台版から猪塚健太さんが続投ということで、安定した演技力とイメージ通りの外見から安心しているファンも多いようですね。

定評ある演技力を劇場で見られる事が楽しみです。

Sponsored Links

『娼年』平戸東役の猪塚健太さんの出演したCMや舞台は?

イケメン若手俳優として人気が高い猪塚健太さんは、名前を聞いたことがなくても”見た事がある”という方も多いはず。

よく流れるCMや有名舞台に多く出演されているんですよ。

出演CM 

・2007年 三ツ矢サイダー
・2007年 AOKI
・2007年 モバイト・ドット・コム
・2007年 広島工業大学
・2008年 レディーボーデン
・2008年 花王 サクセス
・2010年 NEC LaVie L
・2012年 リアドレ
・2012年 スミノフ
・2017年 日野自動車 プロフィア

こちらは最近放映されていましたね。

シャープな顔立ちで印象深い方もおおいのでは?

https://twitter.com/p40k79o8VbqKhys/status/919575357354786817

https://twitter.com/papipupepuro3/status/917535736877899776

ファンのみなさまも大歓喜だったようです。

応援している俳優さんがテレビに映ると嬉しいですよね。

出演舞台

・2011年 ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」
赤澤吉朗役

週刊少年ジャンプで長年連載されているテニスの王子様。

ミュージカルは「テニミュ」の愛称で原作・俳優ファンから親しまれています。

この作品に出演した若手俳優はどんどん人気が高くなっていくんですよね。

・2014年「里美八犬伝」
左母次郎役

若手俳優が多数キャスティングされる、スペクタクル時代劇にも出演しています。

こちらの舞台は2012年の初演から2017年までに2回再演されていますね。

全国を巡る人気演目なんですよ。

・2016年 「The Love Bugs」
ガラシ役

俳優の岸谷五朗と寺脇康文が結成している”地球ゴージャス”がプロデュースした公演です。

独特の世界観で観客を引きこむ事で有名なんですよね。

その他に、所属する劇団プレステージの公演にも数多く出演しています。

・旗揚げ公演「ペンシルビルWARS」(2010年)

・第3回公演「「ゼツボー荘」より愛をこめて」(2011年)

・第4回公演「Have a good time?」(2012年)

・第5回公演「ゴーストレイト」(2013年)

・第6回公演「アウタースペース109」(2013年)

・第7回公演「ボーンヘッド・ボーンヘッダー」(2014年)

・第8回公演「ブラックパールが世界を動かす(再演)」(2014年)

・第9回公演「WORLD’S ENDのGIRLFRIEND」(2015年)

・第10回公演「Have a good time?(再演)」(2015年)

・第12回公演「URA!URA!Booost」(2017年)

ちなみに舞台版『娼年』は、2016年に東京・大阪・福岡で公演されていました。

今後はテレビ出演が一気に増えていきそうなので、今のうちに舞台で演じる猪塚健太さんを見ておくのも良さそうですね。

Sponsored Links

まとめ

今回は映画『娼年』平戸東役の猪塚健太さんについて紹介しました。

娼夫という職業を描いた作品は少なく、非常にセンセーショナルな題材ですよね。

人気の若手俳優がR18指定作品に挑む事も滅多にないですよ。

今回のキャスティングは主演以外にも注目が大きく集まっているので、今後の活躍が今から楽しみです。

猪塚健太さんもメディア露出が増えていきそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)