31日間無料トライアル実施中!


『空飛ぶタイヤ』映画のネタバレやあらすじは?キャストやモデルとなった運送会社は?

映画マニア、管理人です。

累計150万部を突破した池井戸潤著作の大ベストセラー「空飛ぶタイヤ」が映画化されることに決定致しました。

以前にもそのような事故があり話題となりましたが、池井戸潤さんの作品ということは非常に期待できますよね。

そこで、「空飛ぶタイヤ」のあらすじやネタバレはあるのか?

そしてキャスト紹介やモデルとなった運送会社はどこなのか調べていきたいと思います。

Sponsored Links

「空飛ぶタイヤ」あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。

整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気付き、

製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦力課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を依頼します。

同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。

それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”であった。

果たして事故なのか事件なのか。

正義とはなにか、守るべきものはなにか。

Sponsored Links

「空飛ぶタイヤ」小説のあらすじ・ネタバレ

走行していたトラックのタイヤが突然外れ、外を歩いていた主婦を直撃し、亡くなる事故が発生したことから物語は始まります。

亡くなった女性には幼い子供と夫がいました。

そのトラックは、赤松運送という中小企業が所有するもので、その会社の社長を勤めているのは赤松徳郎です。

これまで父親の跡を継いでからというもの、必死で会社を守ってきました。

自社の所有するトラックが起こした事故は「整備不良」が原因であるとされ、赤松運送は被害者女性の遺族や世間の非難の的となりました。

しかし、自社の整備について自信を持っていた赤松は、事故の本当の原因はトラックを製造した巨大企業・ホープ自動車にあるのではないかと疑いを強めるのでした。

最大の窮地に立たされた赤松にも、協力者がいました。

以前同じ経験をしたことのある児玉通運や、従業員、家族などです。

赤松は協力者の力を借りて次第にホープ自動車の不正を暴いていきます。

そんな赤松らの努力のおかげか、警察やマスコミをも味方につけ、ラストでは見事に疑いが晴れるという感動的な結末を迎えます。

ただ映画ではまた別のエンディングもありえるかもしれませんよ。

Sponsored Links

「空飛ぶタイヤ」キャスト紹介

今回の空飛ぶタイヤのキャスティングですが、映画の性質にあったキャスティングが出来ていますよね。

それぞれの役柄にあったイメージとベストマッチングです。

赤松徳郎/長瀬智也

赤松運送の2代目社長。

従業員を家族のように大事にしています。

子供の通う小学校ではPTA会長を務めている。

長瀬智也さんはジャニーズ事務所の「TOKIO」のボーカルで、ジャニーズの中でも個性的な演技をこなす貴重な俳優としても知られています。

今までに、「マイボスマイヒーロー」のドラマや「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の映画など多くの作品で主演を勤めています。

<コメント>
主人公赤松徳郎とは年齢も近いという事で、彼自身共感する事が多かった。

赤松史絵/深田恭子

https://twitter.com/tennenpaamano/status/957204733332107269

赤松の妻。

夫を頼りにしており、会社の危機に戸惑いを隠せないでいる。

深田恭子さんは、1996年の中学2年生の時に歌手の華原朋美さんに憧れ、第21回ホリプロスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中から見事グランプリを受賞し芸能界入りを果たしました。

1997年にはドラマ「FiVE」にレギュラー出演し女優デビューしました。

今でも数多くのドラマや映画に出演する女優さんです。

今回はじめての池井戸潤さんの作品で、このような豪華なキャストの方々と共に参加させて頂き、とても光栄でした。
撮影は短い期間でしたが、長瀬さんと8年ぶりに共演させて頂き、昔と変わらず優しいお人柄で、息子役の高村佳偉人君は照れ屋で可愛らしく、家族3人でとても楽しく撮影させて頂きました。
仕事と闘う夫、学校で闘う息子を支える温かい妻を演じさせて頂きましたので、微笑ましい家族のお話も是非楽しみにして頂けたらと思います。

沢田悠太/ディーン・フジオカ

https://twitter.com/junguroro/status/957975702250270720

ホープ自動車のカスタマー戦略課の課長で、赤松と対立しつつも自ら事件の調査を始める。

やがて自社のリコール隠しに気付きます。

ディーン・フジオカさんは、2004年に香港のクラブに飛び入りでラップを披露していたところ客席にいたファッション雑誌編集者にスカウトされました。

香港を拠点に雑誌や広告、ファッションショーなどでモデルとして活動を開始しました。

2013年に映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」にて日本の作品で初めて監督・主演・主題歌の全てを務め上げました。

井崎一亮/高橋一生

ホープ銀行調査役でグループ会社であるホープ自動車の担当をしている。

ホープ自動車の経営計画に疑問を覚え自ら調査に乗り出します。

高橋一生さんは、1990年の映画「ほしをつぐもの」で映画初主演となりました。

ドラマや映画、舞台でも活躍する俳優さんです。

たくさん人が現れるのに人間模様がしっかりと描かれていてしっかりとした人間ドラマとして社会派ドラマ以前にだと思うのでぜひ来年の公開まで楽しみに待っていただけると嬉しいです。

狩野威/岸辺一徳

ホープ自動車常務取締役。

徹底して自社のリコール問題を隠そうとする人物。

ミュージシャンであり俳優でもある岸辺一徳さん。

人気ドラマの「相棒」シリーズの小野田官房長役でお馴染みのかたですね。

岸辺さんの出演するドラマは視聴率が高いとも言われています。

大企業の組織を守る側とそこに戦いを挑む小さな正義の力。
ひとりひとりの俳優の表現をまとめる本木監督の演出。
久しぶりの社会派映画を僕は楽しみました。

宮代直吉/笹野高史

赤松運送専務で運行管理者。

若社長を支える会社の精神的支柱的な存在。

笹野高史さんは、一時は船員になったこともあったそうですが、役者の夢を捨てきれず活動を続け1972年に舞台「ヴォイチェク」に初舞台として出演し、
1979年の舞台「上海バンスキング」で注目を集めました。

今となっては、名脇役としても有名です。

長瀬さんとは初めてでしたが、たくさんお話ができて嬉しかった。
現実的な物語の撮影で、沈みがちになる現場でしたが、本木監督が毎日楽しげでお元気だったのが印象的でした。

Sponsored Links

モデルとなった運送会社は?

原作は池井戸潤さんの小説ですが、「空飛ぶタイヤ」は実話がモデルになっているそうなんです。

事故を起こしたとされていた赤松運送のモデルとなった運送会社名は分かりませんでした。

この事故が実際に起こったのは、2002年1月の横浜市瀬谷区の中原街道らしいので運送会社は関東にあったんじゃないかと思います。

モデルとなった運送会社は、事故の影響で窮地ち追いやられ廃業したという情報がありました。

作中に登場する大手ホープグループに連なる一企業「ホープ自動車」のモデルは「三菱自動車」でした。

ちなみにあらすじ部分に書いている内容は、恐ろしいことにほぼ実話と同じようです。

まとめ

この「空飛ぶタイヤ」が、実話を元に書かれた話ということなので、とても驚きました。

車両の欠陥によって被害者が命を落としている以上、メーカーは第2事故を防ぐためにも、速やかにリコールを発表するべきですよね。

経済的損失・経営的マイナスを理由にリコールを隠すことが今後起こらないことを願うばかりです。

長瀬智也さんが主演を務めることもあり今注目されている映画「空飛ぶタイヤ」は2018年6月15日に公開がスタートしますので是非映画館で観てみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)