31日間無料トライアル実施中!


『ビジランテ』ネタバレと感想やあらすじ!タイトルの意味と麻里子様がやばい!

映画マニア、管理人です。

みなさん、最近実家って帰っていますか?

管理人はメッチャ近いところに実家があるため、毎年かならず帰るようにしています。

そのとき結構お土産を買って変えるのですが、今年はこれを贈ろうかなと思っています。

やっぱりおいしいもの食べてほしいじゃないですか。

親孝行もしたいので。

皆さんもできるだけ早くしておいたほうがいいですよ。

今回はそんな家族の絆や人間模様が描かれている映画「ビジランテ」を紹介します。

『CRサイタマノラッパー』「シリーズや、『22年目の告白』の入江監督による完全オリジナル作品と『ビジランテ』2018年12月9日公開!

聞きなれない言葉ですが、一体どういう映画なのでしょうか?

大森南朋・鈴木浩介・桐谷健太のトリプル主演ということでも話題。

どの俳優も癖のある俳優ですよ。

キャストを聞いただけでもちょっとワクワク感を感じるのは管理人だけでしょうか。

では今作を紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『ビジランテ』ってどんな映画?タイトルの意味は?

 今作の監督は入江悠監督、今年6月に公開された『22年目の告白』では1,000人のエキストラが参加した大迫力の記者会見シーンでも話題になりました。

『日々ロック』や『ジョーカーゲーム』など、原作ものが続いていましたが、今回は完全オリジナル作品です。

入江監督は今作について「今の自分のすべてをぶつけた純度100%の映画を作りたかった」と述べています。

またタイトルの「ビジランテ」は英語のVIGILANTEという単語からきており「自警団」を意味するとのこと。

公式サイトでは法や正義が及ばない世界、大切なものを自ら守り抜く集団と書かれています。
公式HP

Sponsored Links

『ビジランテは』のあらすじは?

埼玉県深谷市を舞台に離れ離れになっていた兄妹が、父親の死をきっかけに再会します。

幼いころに失踪していた長男一郎、市議会議員として働きながら自警団の活動もしている次男二郎、そして夜の店の店長として働く三男の三郎。

3人の再会は決して穏やかなものとはならず、父親の遺産をめぐる争いが始まります。

Sponsored Links

『ビジランテ』のキャストは?

この作品はトリプル主演となっています。

主役となる3兄弟をそれぞれ個性的な俳優さんが演じています。

その他の注目俳優も含め、紹介していきたいと思います。

大森南朋/神藤一郎

主役の一人、長男一郎を演じるのは大森南朋さん。

1972年2月19日生まれ。

数多くの映画、ドラマに出演し2009年には劇場版『ハゲタカ』で日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞するなど演技力には定評があります。

公式サイトのコメントでは「横暴な人間ででもさみしさとかこだわりを表現していきたいなと思っていた」とこの役について話していました。

鈴木浩介/神藤二郎

市議会議員であり、タイトルにもなっている「自警団」といういかにもキーになりそうな次男二郎役を演じたのは、鈴木浩介さん。

1974年11月29日生まれ。

ドラマ「ドクターX」や「昼顔」など、主役よりもわきを固めることの多いイメージです。

なんと映画出演は5年ぶり、しかも今回は主役の一人ということで普段とは違ったイメージが見られるかもしれません。

管理人はやはり「ライヤーゲーム」の「バカだよねぇ」のセリフが頭から離れません。

桐谷健太/神藤三郎

夜の店の雇われ店長として、とりまとめ役のヤーさんとももめるシーンのある三男三郎を演じるのは、桐谷健太さん。

1980年2月4日生まれ。

数々の映画ドラマだけではなく最近は歌手としても活躍されていますね。

CMソング「海の声」で紅白歌合戦にも出演されていました。

公式コメントで「物理的に過酷な撮影だった」と本作について語っています。

肉体派なイメージのある桐谷さんでも過酷な撮影とは、恐ろしいですね。

一番やんちゃな役なのでしょうね。
 

篠田麻里子/神藤美希

二郎の妻、美希を演じたのは篠田麻里子さん。

1986年3月11日生まれ。

大人気グループAKB48時代から、モデル・女優としてドラマなどにも出演してきました。

今作では二郎を支える妻としてその美貌で人々を虜にする姿を見せています。

ですが、彼女には実は裏の姿があり…。

こういう役はやはり麻里子様が一番ですね。

次からは軽いネタバレを含んでおりますので、気をつけてください。

Sponsored Links

『ビジランテ』ネタバレ・感想は?

兄弟の再会は、決して幸福なものではなく、父親の残した遺産を巡って3人はそれぞれの欲望・野心・プライドをぶつけ合って、負の連鎖にはまっていきます。

それに加えて、篠田麻里子演じる、二郎の妻美希の裏の顔もあきらかになっていきます。

彼女は良妻を演じながら、実は自分の美貌を武器に数々の男を騙してきたのでした。

もちろん二郎もそのターゲットの一人だったのです。

鈴木浩介さんが公式サイトのコメントで「ハッピーエンドの話でもないし、救いのない世界観」とすでに盛大なネタバレをしてますが、それでも見てもらえば何かが伝わるという自信の表れではないでしょうか。

すでに見た方の感想をいくつかご紹介しておきます。

こう見るとやはり篠田麻里子さんの体を張った演技がかなり高評価を得ているようですね。

まとめ

今回は、2018年12月9日に公開予定の『ビジランテ』について紹介しました。

この映画の宣伝費用や映画賞への参加費用などのために募られたクラウドファンディングでは、目標金額を優に超える金額が集まっていたことからも注目度は折り紙付きですね。

最近ではこのクラウドファンディングは意外と使われています。

こちらの作品も話題になりましたね。

演技派で曲者揃いの今作、見ごたえありの予感大です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)