31日間無料トライアル実施中!


『友罪』ネタバレや感想!あらすじやキャストは?生田斗真や瑛太が共演!

映画マニア、管理人です。

2018年5月に「友罪」という映画が公開されます。

江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞など数々の輝かしい受賞歴を持つ薬丸岳さんのベストセラー小説「友罪」を、「64−ロクヨン—」の監督、瀬々敬久さんが満を持して映像化!

キャストも生田斗真さんや瑛太さんなど人気俳優が出演されています。

「もしも、あなたのそばにいる友達が、かつて世間を震撼させた“あの事件”の元少年犯だったら・・・」という衝撃的なキャッチコピーも印象的で気になりますよね。

今回はそんな気になる「友罪」のあらすじやキャストをご紹介します!

Sponsored Links

「友罪」のあらすじは?原作の感想は?

本作で描かれるのは、かつて世間を震撼させた少年犯のその後の姿です。

かなり衝撃的な題材ですが、凶悪事件が多い昨今、今までこのようなテーマを扱った映画が少なかったことが不思議なくらいですよね。

ジャーナリストの夢破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで働き始めた鈴木。
鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある青年だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。
だが、あるきっかけで益田は、鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の元少年犯ではないかと疑い始める。(公式サイトより)

さて、ここで気になるのは原作。

原作には鈴木(少年A)の視点は登場せず、彼の身近にいる人物の視点で物語が展開します。

あくまでも、「もし自分の周りにかつての少年犯がいたら」というテーマに絞って話が描かれているわけです。

キャッチコピーなどから考えても、本作でも「もし自分の周りにかつての少年犯がいたら」というテーマに重点が置かれているのではないでしょうか。

罪を背負った人間が、過去をどう背負うのか、それを周りはどう受け止めるのか。

原作では、益田も鈴木の恋人も彼を受け入れる決心をし、それぞれの形でそれを表します。

残念なことに、それが鈴木に届いたのか、その後どうなったかは描かれていません。

「どうするか?」と問いかける作品だからこそ、鈴木の周りの人間が決めたことに対する「その後」は描かずに、読者の想像に任せたのでしょうか。

ネットでも、小説「友罪」については深く考えさせられる人が多かったようです。

とても評価の高い、深い作品なので、気になる方はぜひ読んでみてください。

そして今回、内容の他にも話題になっているのが豪華なキャスト陣!

実力派俳優である生田斗真さんと瑛太さんの共演は見逃せません。

では、次はキャストについてご紹介します!

Sponsored Links

「友罪」に出演する豪華キャスト陣は?

まずは益田を演じる生田斗真さん。

1984年10月7日生まれの俳優、タレントです。ジャニーズ事務所に所属していますが、ユニットなどに所属してアイドル活動をしているわけではなく、俳優として活躍しているのは有名な話ですよね。

幼い頃はジャニーズJr.として活動し、NHK教育「天才てれびくん」にも出演していました。

その頃、同じく「天才てれびくん」に出演していたウエンツ瑛士と「ストロベリーパフェ」というグループ名でCDデビューをしています。

1997年、NHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビュー。

その後も様々なドラマや舞台に出演しますが、お茶の間に広く知れ渡ったのは2007年に放送された堀北真希さん主演「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」の中津秀一でしょう。

なんと当時はまだジャニーズJr.だったというのですから、驚きです。

この作品で生田斗真さんは第54回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞・助演男優賞等を受賞。

一気に人気若手俳優となります。

その後2011年、主演映画『人間失格』と『ハナミズキ』でジャニーズ初のキネマ旬報ベストテン新人男優賞とブルーリボン賞新人賞を受賞します。

最近では「土竜の唄」や広瀬すずさん主演「先生!、、、好きになってもいいですか?」などに主演、出演し、その甘いマスクと幅広い役をこなす演技力に人気俳優として不動の地位を築いています。

そして、元少年犯の鈴木を演じる瑛太さん。

彼は今回の役を演じるにあたって、こんなコメントを出しています。

この時代にこのような題材を映画化する事にまだ惑う自分もいます。
とても大変な役を引き受けてしまった。
でも、瀬々監督、生田斗真、スタッフを信じて最後まで演じ切りたい。(公式サイトより)

彼がこの役にかける想いや責任感が伝わってくるコメントです。

そんな瑛太さんは、パパドゥ所属の俳優さんです。

同じ事務所には弟の永山絢斗さんや黒木華さん、濱田マリさんなど個性派実力俳優が並びます。

芸能活動のスタートはモデルとしてというから驚きです。

その後、2001年にフジテレビドラマ「さよなら、小津先生」で俳優デビューをします。

彼はいわゆる憑依型と言われ、どんな役でもまるでその役は取り憑いたかのように演じるため、彼の代表作は飄々とした役から狂った役まで様々です。

その演技力の高さは、様々な主演男優賞や助演男優賞を受賞していることからもわかります。

そんな彼が挑む今回の役、とても楽しみですね。

その他にも、佐藤浩市さんや夏帆さんなど、実力派俳優が数多く出演します。

決して派手ではない、重い物語になることが想像されますが、みなさんがどのような演技を見せてくれるのか、楽しみです。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

公式サイトではこれから様々な情報が公開されるようですので、要チェックです!

公式サイトはこちら→http://gaga.ne.jp/yuzai/

大きな罪を犯した者と、それを受け入れる側である二人の、この2ショットは劇中で見ることができるのか、それともただの幻想、願いなのか。

たくさんの事件が起こる現代で、こうした作品が稀有であることは間違いないでしょう。人を許すとは、人を受け入れるとは、そして正しさとは。

この映画をみて、今一度考え直してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)