サヨナラまでの30分|ネタバレあらすじやタイトルの意味も!キャストに新田真剣佑ら!

カセットテープが再生される30分だけ、2人の身体は入れ替わるー

2020年1月24日公開予定の「サヨナラまでの30分」は新田真剣佑&北村拓海W主演!

監督に「東京喰種(トーキョーグール)」の萩原健太郎、脚本にドラマ「忘却のサチコ」や「凪のお暇」を手がけた大島里美を迎えた、唯一無二の青春ストーリー!

ヒロインに今注目の若手女優、久保田紗友が大抜擢されますます公開が楽しみな本作。
あらすじや気になるネタバレ、キャスト含め紹介していきます。

Sponsored Links

あらすじとネタバレ

「サヨナラまでの30分」あらすじは?

メジャーデビュー目前、いよいよこれからというときに解散したバンド「ECHOLL(エコール)」
それから1年後、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田そして森に再結成を迫ります。
実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだったのです!

人と関わることが苦手で就職活動に苦戦中の大学生と、ポジティブで「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のアキ。
決して交わることのなかったはずの2人が、アキが遺したカセットテープによって、1つの身体を共有していくことになります。

1人で音楽を作っていた颯太ですが、アキのバンド仲間たちと音楽を奏でる楽しさを知り、打ち解けていきます。
しかし「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってきません。

アキと颯太はなんとかカナに戻ってきてもらおうと、最高の1曲を作ろうと奮闘します。
そんな中カセットテープに異変が起き、2人の入れ替わる時間は次第に短くなっていきます。

2人の音楽がカナに届く時、3人の世界は大きく変わリ始めるー

アキの恋人カナを演じたのは本作がラブストーリー初挑戦となる久保田紗友。
アキと颯太との間で揺れる複雑な気持ちを、フレッシュな演技で魅せます。

「サヨナラまでの30分」ネタバレ

本作は完全オリジナルストーリーのため、原作はなく、ラストがどうなるのかは分かりません。
しかし、監督に萩原健太郎、脚本に大島里美という今人気の2人を迎えている訳ですから、
きっと私たちの想像のさらに上を行ってくれることでしょう!

なぜ、颯太にだけアキの姿が見えるのか?
カナはバンドに戻ってきてくれるのか?

そして、アキは最後には消えてしまうのでしょうかー?

その答えを知るためには、劇場に見に行くしかないですね!

タイトルの意味は?

30しか再生されないカセットテープ。
タイトルの「サヨナラ」とは、一体誰に向けた言葉なのでしょうか?
恋人のカナ、身体を入れ替えた颯太、バンドメンバー・・・

切ないストーリーが隠されているに違いありません。

Sponsored Links

主要キャスト紹介と主題歌は?

新田真剣佑(アキ役)

名前新田真剣佑
出身アメリカ合衆国 サンタモニカ
生年月日1996年11月16日
経歴『ちはやふるー上の句ー/ー下の句ー』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞

新田真剣佑のコメント

僕が演じるアキは、自分のバンドが大好きでいつまでもみんなと音楽をやっていたかったまっすぐな男の子です。アキは突然いなくなってしまうのですが、そのアキの思いを引き継いでくれるのが、北村匠海君が演じる颯太です。アキと颯太というキャラクターは僕たちのプライベートの性格とよく似ていて、アキは新田真剣佑、颯太は北村匠海君そのままだと思います。そんな北村君という役者と、また新しく違う役で絡めることが一番嬉しいです。今回はアキという役を北村君も演じるという不思議な設定なので、彼がどうやってアキを演じるのか今からとても楽しみです。

北村拓海(颯太役)

この投稿をInstagramで見る

⚪️ @nylonjapan

北村匠海さん(@take_me_1103)がシェアした投稿 –

名前北村匠海
出身東京都
生年月日1997年11月3日
経歴9歳でCMデビュー。ダンスロックバンド『DISH//』のメインボーカル・ギターを務める

北村匠海のコメント

『サヨナラまでの30分』は、青春を少し過ぎた20代前半の男女が、あることをきっかけに再び青春を取り戻していくというストーリーです。歌の力にも凄くエネルギーがこもっているので、観ていてパワーをもらえる映画になるのではないかと思います。僕が演じる颯太はすごく冷めていて、自分に自信のない日々を過ごしている人間ですが、新田さん演じるアキと出会うことによってどんどん変わっていくキャラクターです。お互いにないものを持っているアキと颯太2人の関係性が、プライベートで新田さんと過ごしている空気感と凄く近いので、本読みの段階でも演技というよりも、ずっと彼と会話しているような気持ちでした。今から撮影が楽しみです。

久保田紗友(カナ役)

名前久保田紗友
出身北海道
生年月日2000年1月18日
経歴ドラマ『神様のイタズラ』に出演。その後も映画『疾風ロンド』ドラマ『運命に、似た恋』など多方面で活躍中

久保田紗友のコメント

村瀬カナ役を努めさせて頂くことになりました久保田紗友です。撮影に入る前の準備段階で、ピアノの練習やボイトレ、バンドメンバーとリハを重ねたりと、約半年程常に私の心の片隅にカナがいて、現場では自然と役に入り込むことができました。カナは真っ直ぐで芯の強い女の子ですが、大切な人を亡くしそれでも前に進もうと頑張る姿に私自身共感して苦しいと感じることもありましたが、監督、スタッフ、キャストの皆さんの支えがあり、カナという人物、人生を全身で感じて向き合うことができました。観て下さる皆さんの心にも残る作品になると思いますので、是非たくさんの方に届いて欲しいです。

音楽に注目!

本作の魅力のひとつが「音楽」。

今回アキ役の新田真剣佑は、劇中で歌声を披露。
颯太役を演じた北村匠海は、ダンスロックバンド・DISH//でもボーカルとギターを担当していますが、
今回はピアノに挑戦しています!
「ECHOLL」のバンドメンバー役を演じる葉山奨之はギタリスト役に初挑戦!
更にドラム担当の重田幸輝役の上杉柊平、ベース担当の森涼介役の清原翔も、共に楽器に挑戦しています!

彼らの奏でる音楽は一体どのようなものになるのでしょうか?
楽しみですね!

Sponsored Links

まとめ

2020年に公開予定の「サヨナラまでの30分」をまとめてみました。

プライベートでも仲の良い新田真剣佑&北村匠海のコンビが贈る青春ストーリーですが、
本作について萩原健太郎監督は「“存在”の話でもあります。人はいつしか必ず死を迎えるけれど、過ぎてゆく時間の中でその“存在”はこの世界に残り続けることができるのか?それとも誰かに“上書き”されて消えてしまうのか?」とコメントしています。

この映画を見て、自分や他人の存在について、改めて考えるのもいいかもしれませんね。

読んでいただきありがとうございました。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)