31日間無料トライアル実施中!


『アイ・フィール・プリティ!』(映画)ネタバレやあらすじは?主題歌の曲や日本公開日も

美しさとは?と考えさせられる、エイミー・シューマー主演の全ての女性に元気を与えてくれるコメディー映画『アイ・フィール・プリティ!』が12月28日に日本公開が決まりました。

エイミー・シューマー主演ということでお分かりかと思いますが、ちょっとポッチャリで自信のない、消極的な女性がある日突然、特に何も変わっていないのに、キラキラと積極的で自信たっぷりの女性になるというストーリーです。

一体何が彼女をかえたのでしょうか? そんな事も含めて、ネタバレ、みどころ、海外の評判などの情報をご紹介いたします。

Sponsored Links

映画『アイ・フィール・プリティ!』あらすじ

主人公のレネ―・バレットは化粧品会社のウェブサイト管理をする部署に勤めるちょっとポッチャリで容姿に自信がなく、消極的なOLです。

レネ―のオフィスは中華街の一画にあるビルの地下室にあり、レネーはいつもフィフスアベニューにある本社に勤務をしたいと思っていました。

レネ―はソウルサイクルのクラスに通って何とか痩せようとしていたのですが、ある時、ソウルサイクルの途中で自転車から落っこちて頭を強く打ってしまいます。

普通なら大けがをしてしまうところですが、そこはコメディ映画、レネ―は意識を失ってしまったのですが、ロッカー室で頭を冷やすだけという粗末な扱いをうけるのでした。

しかし、意識が戻ったレネーはなんと…

突然鏡を見て、何一つ変わっていない自分の容姿がとても魅力的だと大喜びするのです。

Sponsored Links

映画『アイ・フィール・プリティ!』ネタバレ

実は、自転車から落っこちて頭を打ったショックで、レネ―は自分がとっても魅力的な容姿に変わったような錯覚を持つようになるのでした。

容姿に自信が付いたおかげで仕事や恋愛まで今までとはまるで違って、とても積極的になり、一度はあきらめていた憧れの本社の部署に応募することにしました。

自信たっぷりのレネ―の隠れた対人能力の高さを見出した社長は、レネ―を気に入り、レネ―は憧れの本社勤め、それからはトントン拍子に仕事が上手くいき、ついには、相手が自分に気があるという一方的な勘違いから始まった恋愛まで絶好調。

しかし、そのバブルのような幸せは長続きしませんでした。

調子に乗り過ぎたレネ―は次第に人を外見で判断するようになってしまいます。そしてレネ―同様、容姿に自信が持てずにいた親友達を見下すような態度を取るようになってしまうのです。

そんなある日、ボスとの出張中にバスルームで頭を打ち意識を失い、気が付いて鏡を見たら今度は元の容姿になってしまっていて(と思うい込み)がっかり。

元の容姿に戻ってしまった自分を誰も気付かないだろうと思い込み、すっかり落ち込んで出張先から1人で勝手に帰って来てしまいます。

元の容姿に戻ってまた自信を失ったレネーは、元の容姿に戻ってしまったから、当然ボーイフレンドから振られるだろうと思い込んで自分から別れを告げたのでした。

落ち込み、酔っぱらったレネーは見下していた親友たちを訪ねるのですが、親友たちは、レネーにバカにされたことを怒っていて会いたくないとレネーを追い返します。

以前のように自信を失ったレネーは、ソウルサイクルで転んで、頭を打てばまた美しくなれるかも、と願うものの、そうは上手くいかず、転ぶことなくソウルサイクルのクラスが終わり、ロッカー室に行くと、とっても魅力的な女性マロリーがボーイフレンドにフラれて落ち込んでいました。

マロリーは自分に自信がないと嘆くのですが、レネ―にはなぜマロリーのような魅力的な容姿の人が自信がないのか全くわかりませんでした。

しかし、マロリーは、容姿が魅力的だからと言う理由でバカ扱いされ続けてきたので、自信がないのだと打ちあけます。レネーは自分とは違う劣等感に悩まされるマロリーに親近感を覚えるのでした。

マロリーの件もあり、レネーは気持ちを入れ替え、新製品のパーティにてプレゼンテーションが上手くいかないボスに変わって、ステージにあがり、皆が知っている本社勤めの魅力的な自分と、皆の知らないチャイナタウンの地下室で働く、以前のぼっちゃリで自信のない自分の写真を皆に紹介しようとします。

しかしそれらの写真を見比べて、初めて自分が何一つ変わっていない、全ては錯覚だったということに気が付くのです。

その後、レネーはどんな体型であろうと、どんな人種であろうと、全ての女性が自分がうつくしいと思う権利がある。

そして、実際にみなそれぞれ美しいのに、世間が美しさのイメージを決めつけ、女性から自信を失わせてしまうのだ。

だから、それぞれの女性が自分らしい自然の美しさで自信をとりもどす手助けができる化粧品会社にしたいというスピーチをしてプレゼンテーションは大成功に終わります。

その後レネーはボーイフレンドが、ありのままのレネーの容姿を愛してくれていたのだということにも気づき、ボーフレンドと改めて付き合いを始めるのでした。

Sponsored Links

映画『アイ・フィール・プリティ!』キャストは?

エイミー・シューマー

37歳、ニューヨーク出身

主人公のレネ―・バレットを演じるのは、映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』で第73回ゴールデングローブ賞女優賞にノミネートされたコメディアンで女優のエイミー・シューマーです。

ミシェル・ウィリアムズ

37歳、モンタナ州出身
レネーのボス、 エイヴリー・ルクレア役には2011年の映画『マリリン 7日間の恋』でゴールデングローブ賞 主演女優賞を受賞した実力派女優ミシェル・ウィリアムズ。

ロリー・スコヴェル

36歳、サウスキャロライナ州出身

レネーのボーフレンド、イーサン役としてスタンダップコメディアンのロリー・スコヴェルが名を連ねてます。

Sponsored Links

映画『アイ・フィール・プリティ!』の主題歌、見どころ、評判は?

映画『アイ・フィール・プリティー!』の主題歌には第58回グラミー賞で最優秀新人賞を受賞したメーガン・トレイナーの「ミー・トゥー」が起用されています。

この映画のみどころとしては、誰にでも何かしらのコンプレックスがあって、それをどう克服するかは自分の態度次第だ、ということを気付かせてくれるところです。

しかし、海外の評価は案外厳しいようです。

ロッテントマトでは評論家、一般観客ともに評価は34%と、とても残念なスコアです。

というのは、基本的には、プラスサイズの女性を笑いのネタにつかっているのはとても残念、スタイルが良くなければ自信は持てないのか?などというように受け取られてしまっているようです。

それでも、Twitterなどでは、一般女性観客が、自分自身に自信を持たせてくれる映画、イーサンのようなボーイフレンドが最高!などという意見も多い事ようですね。

https://twitter.com/missgerimaree/status/1029367819782111232

まとめ

映画『アイ・フィール・プリティー!』についての情報を紹介させていただきましたがいかがでしょうか?

海外での評価はいまいちのようですが、あまり深く考えずに気軽に笑って、素直に元気をもらうというにはとてもいい映画ではないかと思います。

日本公開は12月28日からです。

2019年の年始めはこの映画でスタートしてレネーから元気をもらうというのはどうでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)