31日間無料トライアル実施中!


『ノーマーク爆牌党』(映画)ネタバレやあらすじは?矢崎のキャストや公開日・予告動画も

麻雀をテーマとした有名漫画作品『ノーマーク爆牌党』の実写映画化が決定しました!

主演はNON STYLEの石田明さん、ライバル役には矢本悠馬さんが選ばれました。

今回は映画『ノーマーク爆牌党』のあらすじからネタバレ、キャストや公開日など紹介していこうと思います!

Sponsored Links

『ノーマーク爆牌党』ってどんな映画?

原作は片山まさゆきさんの同名漫画作品。

片山まさゆきさんの作品の中で代表作ともいえる、本格麻雀漫画です。

監督・脚本を務めるのは、数々の邦画作品で助監督を担当してきた富澤昭文さん。

今作を作るにあたって、日本プロ麻雀連盟が協力していたりと、本格麻雀映画になっていること間違いなしです。

『ノーマーク爆牌党』の公開日は?

映画『ノーマーク爆牌党』の詳しい公開日はまだ発表されていません。

ですが、2018年秋に公開されるとのことです。

詳細情報が待ちきれませんね。

『ノーマーク爆牌党』の予告動画は?

映画『ノーマーク爆牌党』の予告動画はまだ公開されていません。

一体どのようなテイストの作品になっているのか、非常に気になるところですよね。

公開を待ちましょう。

Sponsored Links

『ノーマーク爆牌党』のあらすじは?

あらすじについて簡単に紹介します。

アマチュア麻雀の世界で全国2連覇の偉業を成し遂げ、プロ入りが期待されている大学生の鉄壁保。鉄壁は、九蓮宝燈美、当大介と雀荘「ドラ道楽」で卓を囲み、麻雀の腕を磨いていた。3連覇がかかった大会前日、ドラ道楽にある男がふらりとやって来る。傲慢な態度で自らを天才と称し、爆岡弾十郎を名乗るその男に、宝燈美と大介は鉄壁との勝負を持ちかける。爆岡は相手の余剰牌を狙い撃ちする「爆牌」、鉄壁は徹底した守備力「爆守備」と、2人はそれぞれが得意な打ち手を繰り広げる。麻雀の神に導かれるかのように出会ってしまった2人のプライドと人生を懸けた戦いが展開する。引用元

主人公の鉄壁保とその仲間である九蓮宝燈美と当大介が爆岡弾十郎と出会うことで物語が展開していきます。

アマチュア麻雀での全国3連覇を狙う大会の前日に爆岡が現れ、勝負をすることに。

勝負の行方は一体・・・!?

『ノーマーク爆牌党』のネタバレ!

原作漫画からネタバレを紹介していきます。

原作漫画でも同じように、爆岡弾十郎が雀荘「どら道楽」に現れ、鉄壁保と九蓮宝燈美と当大介と勝負することになります。

結果は爆岡の勝利。

その後、爆岡は麻雀界の3大タイトルの1つである達人戦に出場し、達人位を獲得します。

いつしか3大タイトルを全て制覇し、3年連続9連覇を達成するまでに。

そして、爆岡のV10達成がかかった達人戦で爆岡に挑むのは鉄壁。

鉄壁は何度も何度も敗北してきましたが、少しずつ差を縮めていきます

果たして鉄壁は爆岡に勝つことができるのでしょうか・・・!?

Sponsored Links

『ノーマーク爆牌党』のキャストは?

石田明(爆岡弾十郎 役)

名前石田明
出身大阪府
生年月日1980年2月20日
主な作品『A.I. love you』

NON STYLEというお笑いコンビを組んでおり、ボケを担当しています。

相方は吉本ブサイクランキングで殿堂入りを果たした井上裕介さんです。

石田さんは、お笑い芸人だけでなく俳優や演出家、脚本家としても活躍されています。

矢本悠馬(鉄壁保 役)

名前矢本悠馬
出身京都府
生年月日1990年8月31日
主な作品『ちはやふる』

2003年に映画『ぼくんち』にてデビュー。

その後は、NHKの連続テレビ小説『花子とアン』や青春小説の実写映画化作品『君の膵臓をたべたい』などに出演されています。

長澤茉里奈(九蓮宝燈美 役)

名前長澤茉里奈
出身埼玉県
生年月日1995年10月8日
主な作品『咲-Saki-』

主にグラビアアイドルとして活躍されており、他にも女優やタレントとして活動されています。

アイドルグループ、放課後プリンセスの元メンバーです。

講談社主催のオーデョションであるミスiD2016では、一般投票で1位を獲得されました。

童顔でありながら抜群のスタイルを持っており、その見た目から一躍有名になりました。

高崎翔太(当大介 役)

名前高崎翔太
出身新潟県
生年月日1988年9月21日
主な作品『富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター』

2008年にミュージカル『テニスの王子様』にてデビュー。

その後も2.5次元舞台を中心に活躍されています。

Sponsored Links

まとめ

今回は2018年秋に公開予定の映画『ノーマーク爆牌党』について紹介しました。

麻雀漫画の金字塔ともいえる作品の実写映画化であり、キャストの幅も広く、非常に期待が高まっています。

公開されていない情報が多いため、続報が楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)