僕のワンダフルジャーニー(映画)ネタバレやあらすじ!ラストで泣ける映画!

2019年9月、全国ロードショーが決まった『僕のワンダフル・ジャーニー』。

愛犬を亡くした恋人に捧げ、ベストセラー小説となったW・ブルース・キャメロンさんの「野良犬トビーの愛すべき転生」を原作とし、世界中でスマッシュヒットを飛ばした前作『僕のワンダフル・ライフ』(2017)から2年。

待望の続編となる今作は、前作でメガホンを取ったラッセ・ハルストレムさんが製作総指揮を、ゲイル・マンキューソさんが監督を務めています。

犬のベイリーと家族、またベイリーが結び付ける家族の繋がりを描いた魔法のような作品です。

Sponsored Links

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』前作のおさらい

炎天下の車内に取り残されたままになっていたところを、イーサンに助けてもらったゴールデン・レトリーバーのベイリー(オス)。

ともに過ごし固い絆で結ばれ、年頃になった相棒イーサンの恋のキューピッドをしたりと大忙しでしたが、思い半ばで今回の旅を終えました。

そして、この時から生きる目的を探していたベイリーの不思議な"犬生"が始まり、「イーサンを幸せにすること」に"犬力"します。

1度目の生まれ変わりは、孤独を抱えた警察官であるカルロスのパートナーで、事件捜査で活躍するジャーマン・シェパードのエリー(メス)として。

2度目の生まれ変わりは、人付き合いが苦手な大学生マヤの愛犬・コーギーのティノ(オス)として。

3度目はミックス犬(オス)となったベイリーでしたが、イーサンを求めて飼われていた家を抜け出し、一緒に暮らした農場まで辿り着きます。

こうして、大人になったイーサンと念願の再会を果たし、今作へ続きます。

Sponsored Links

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』ネタバレやあらすじ

ようやく大好きなイーサン(デニス・クエイド)のもとへ戻ることができたベイリー(声:ジョシュ・ギャッド)。

今では、イーサンの孫娘である新しい家族CJと仲良くおままごとをする仲です。

テーブルから落ちるCJのおこぼれに待機し、一緒にミニプールで遊んだりしていました。

ところがある日、CJの父親が事故で亡くなってしまいます。

ショックから立ち直れないCJの母グロリア(ベティ・ギルピン)は、イーサンたちともうまくいかなくなりCJと共に車で家を出るのですが、老犬ベイリーはその後を追いかけられません。

もう、その元気が出ないのです。

とうとうその日がやって来て、イーサンは「次に生まれ変わったら、孫娘を守ってほしい」とベイリーにお願いします。

ベイリーは新たな使命を果たすため、子犬から再スタート。

今度は、CJが相棒です。

デートに出かけるグロリアに代わりCJに寄り添ったり、雷が鳴り続ける夜の子守役になったり、一緒に音楽を楽しんだり…。

少女から女性へと成長する間、姿こそ違えどCJ(キャスリン・プレスコット)の側にはいつもベイリーがいました。

ある日玄関のチャイムが鳴り、懐かしい匂いに胸が高鳴るベイリー。

ドアを開けると、やはりそこにはイーサンがいました。

イーサンは再びベイリーに「CJを頼むぞ」とお願いし、CJのもとを後にします。

ベイリーは、それからまた何度も生まれ変わり必ずCJのもとに帰ってくるのでした。

ある日のこと、イーサンは家族に「ベイリーには秘密があるんだ」と打ち明けます。

それから過去の出来事が音楽と共に映し出され、「本当に大切なら、ずっと一緒さ」とベイリー。

ひたむきな無償の愛を注ぐベイリーに、感涙必至です。

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』予告映像

Sponsored Links

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』キャスト

イーサン役/デニス・クエイド

ベイリーの命を救ったイーサンは、ベイリーと共に成長し固い絆で結ばれます。

ベイリーの初代相棒イーサンを演じるのは、デニス・クエイドさん。

実兄ランディ・クエイドさんの影響で俳優を志し、ヒューストン大学で演劇を学んだ後「ジェームズ・ディーンにさよならを」(1955)で映画デビュー。

青春映画『ヤング・ゼネレーション』(1979)。

実在した飛行士たちのドラマ『ライトスタッフ』(1983)

タイムパラドックを題材にした『オーロラの彼方へ』(2000)。

ゲイに目覚める男を演じた『エデンより彼方』(2002)で、ニューヨーク映画批評家協会賞助演男優賞受賞。

パニック映画『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)。

サスペンスアクション『バンテージ・ポイント』(2008)などに出演。

また、バンド"the Sharks"に所属するミュージシャンでもあり、セスナ級を操縦できるパイロットの資格も持っている。

1954年4月9日生まれ、アメリカ、183cm。

ベイリー(声の出演)/ジョシュ・ギャッド

摩訶不思議な"犬生"を送るベイリーの声を担当したのは、ジョシュ・ギャッドさん。

俳優としても活動されており、同名小説を映画化した『ラスベガスをぶっつぶせ』(2008)でデビュー。

ロマンティックコメディ『ラブ & ドラッグ』(2010)。

ロマンティックコメディ『恋人はセックス依存症』(2012)。

『アナと雪の女王』(2013)で、オラフの声を務めアニー賞声優部門受賞。

伝記映画『スティーブ・ジョブス』(2013)。

コメディ映画『WISH I WAS HERE 僕らのいる場所』(2014)。

主演を務めた『ベストマン ーシャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間ー』(2015)。

クラシックアーケードゲームのキャラが多数出演する『ピクセル』(2015)。

3Dアニメーション映画『アングリーバード』では、チャックの声を務めた。

その他『美女と野獣』(2017)、『マーシャル 法廷を変えた男』(2017)、『オリエント急行殺人事件』などに出演。

1981年2月23日生まれ、アメリカ、168cm。

CJ役/キャスリン・プレスコット

イーサンの孫娘でベイリーの新しい相棒CJ役に、キャスリン・プレスコットさん。

イギリスのティーンドラマ『スキンズ』(2007〜2013)。

歴史・ファンタジーロマンスドラマ『REIGN/クイーン・メアリー』(2013〜2017)。

SFスリラー『インバージョン 転移』(2004)。

『FINDING CARTER/ファインディング・カーター』(2014〜2015)。

『24:レガシー』(2017)などに出演。

1991年6月4日生まれ、イギリス、160cm。

?役/ヘンリー・ラウ

この投稿をInstagramで見る

@rumieeがシェアした投稿

ヘンリー・ラウさんの役名はわかりませんでしたが、どうやらCJの恋人役のようです。

中国系カナダ人で、英語・北京語・広東語のほかに韓国語・日本語・フランス語・タイ語を話す。

5歳からピアノを6歳からバイオリンを習い始め、ドラムや作詞作曲の才能もあり、歌手活動をしながら米バークレー音楽大学を全額奨学金の特待生として卒業。

2006年に受けたオーディションに合格し、2008年に本格的歌手デビュー。

アイドルグループ「SUPER JUNIOR M」のメンバーで、ヘンリー(Henry)としてリードボーカルとリーダーを担当。

現在はソロ活動もしており、音楽番組・バラエティ・演技活動など幅広く活動している。

1989年10月11日生まれ、カナダ、181cm。

ハンナ役/マーグ・へルゲンバーガー

イーサンの妻ハンナ役は、マーグ・へルゲンバーガーさん。

大学卒業後、出演していた舞台での演技が認められ『オールウェイズ』(1989)で映画デビュー。

SFホラー『スピーシーズ』シリーズ(1995,1998)。

『沈黙の断崖』(1997)のサラ・ケロッグ役。

大手企業PG&Eから、史最高額の和解金を勝ち取った女性の半生を描いた『エリン・ブロコビッチ』(2000)。

その他『イン・グッド・カンパニー』(2004)、『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』(2007)などに出演。

アメリカのテレビドラマ『CSI:科学捜査班』(2000〜2012)のキャサリン・ウィロウズ役でも知られる。

1958年11月16日生まれ、アメリカ、168cm。

グロリア役/ベティ・ギルピン

ベイリーの新しい相棒CJの母親グロリア役は、ベティ・ギルピンさん。

『FRINGE/フリンジ』や『ナース・ジャッキー』など、アメリカのテレビドラマに多く出演している女優さん。

ロマンティックコメディ『ロマンティックじゃない?』(2019)に出演。

1986年7月21日生まれ、アメリカ、169cm。

Sponsored Links

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』ラストで泣ける映画!

動物たちは、見返りを求めずいつも側にいてくれますよね。

あの眼差しで真っ直ぐ見つめられたら、何でもしてあげたくなってしまいます。

動物が主人公の映画は、苦手です。

絶対泣かないと思っても、泣いてしまうから。

今回も、まんまと泣きそうです。

前作の公開発表時、SNSなどで"映画館で号泣してしまいそう"や"予告映像だけで泣ける"と、泣くこと前提の予想や報告の声が多数寄せられました。

また、実際鑑賞した方からは"何度も泣いた"とか"犬映画の中でも名作に入る"など、予想が確信へ変わったと絶賛の声が上がった『僕のワンダフル・ライフ』。

性別・年代問わず幅広い層からの支持を受け、公開3日間で興行収入2憶円突破の大ヒットとなり週末興行成績ランキングでは2位にランクイン。

今作も前作同様、みなさんにもきっとあたたかい涙が溢れることでしょう。

ただ、公開される日にちについては発表されていません。

新作映画は、そのほとんどが金曜日に公開されるため、9月のいずれかの金曜日に公開となるのではないかと思います。

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』まとめ

「ただ今を一緒に生きたい」と願うベイリーの一途な思いの先にある感動のラストは、一体どんな愛が溢れているのでしょう。

主題歌となっているフィリップ・フィリップスさんの「Gone,Gone,Gone」(邦題:「ゴーン、ゴーン、ゴーン~ずっと君のために」)とともに、愛し愛されることを望み生まれ変わるベイリーと心の旅を経験してください。

悲しい気持ちではなく、深い感動で幸せな気持ちになれる映画『僕のワンダフル・ジャーニー』は、2019年9月に全国ロードショーです!



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)