31日間無料トライアル実施中!


『愛がなんだ』(映画)ネタバレやあらすじは?原作の感想やキャストの評判など!

直木賞作家である角田光代さんが原作の同名小説『愛がなんだ』が2019年に公開されることが発表されました。

出演者には、若手実力派女優の岸井ゆきのさんや、ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルとしても活動している成田凌さんが発表されました。

本作は岸井ゆきのさん演じる主人公の完全に一方通行の恋愛を描いた作品となっています。

今回は、映画『愛がなんだ』のあらすじやキャスト、原作の感想など紹介していこうと思います。

Sponsored Links

『愛がなんだ』ってどんな映画?

監督は、乃木坂46のメンバーである白石麻衣さんや齋藤飛鳥さんなどの個人PVの監督を担当した今泉力哉監督。

原作は、角田光代さんの同名小説『愛がなんだ』です。

代表作には『八日目の蝉』や『紙の月』などがあり、過去にはいくつもの著作が映像化されてました。

Sponsored Links

『愛がなんだ』のあらすじは?

簡単にあらすじを紹介します。

主人公は、5カ月前に一目惚れしたマモル(成田)のためならば、仕事も友達もそっちのけにしてしまう28歳のOL・山田テルコ(岸井)。仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、マモルのそばにいられるだけで幸せなテルコ。だが、マモルにとって彼女はただの都合の良い女でしかなかった。好きになってくれない男を一途に追いかけてしまうテルコの“完全なる一方通行の恋”、やがて下した思いがけない“決断”を描き出す。引用元

仕事や友人を失いかけながらも恋愛に没頭する女性を描いた作品のようです。

しかもその恋愛は一方通行のようで、主人公・山田テルコの一目惚れ相手であるマモルは、テルコのことが好きではない様子。

一途な恋愛というよりは、執着心の強い片想いという感じでしょうか。

テルコが下す“決断”が一体どんなものなのか、非常に気になりますね。

原作の評価は?

角田光代さんの原作の評価について、調べてみました。

https://twitter.com/milcocoa32/status/939076056350203905

「自分には不向きだった」や「感情移入できない」というツイートも数多く見られましたが、中にはこのような共感しているようなツイートも見られました。

女性が主人公ということもあり、主に女性が、主人公に対して理解を示しているようです。

また、ポジティブな共感というよりは、自分もこうなる可能性があるのではないかという危惧を含んだ共感のようです。

『愛がなんだ』のネタバレ!

主人公・山田テルコは、友人も少なく、いつもどこか上の空のような女性です。

そんなテルコがマモルと出会うのは、友人に誘われた飲み会。

マモルはテルコの1つ年下で、特にイケメンというわけでもなく、性格もいいとは言えないような男性ですが、そんなマモルに恋してしまいます。

恋に落ちてから、テルコはマモルのことを考えてばかり。

マモルから誘いがあれば友人との約束もドタキャンし、仕事中でもマモルから電話がくればお構いなしで長電話。

そういったことから、テルコは仕事をクビになってしまいますが、テルコにとってマモルがいれば他には何もいらないので、全く動じません。

ですが、マモルにとってテルコは、都合のいい女でしかありませんでした。

そんなある日、マモルからの連絡が途絶えます。

それから数カ月後に再びマモルから連絡があり、呼び出された場所へと向かうと、そこにはマモルと見知らぬ女性の姿があり・・・。

『愛がなんだ』の原作小説のネタバレについて簡単に紹介しました。

驚きの結末については、ぜひご自身でご覧になってみてくださいね。

Sponsored Links

『愛がなんだ』のキャストは?

岸井 ゆきの(山田テルコ役)

View this post on Instagram

思い出の🌵

A post shared by 岸井ゆきの (@yukino_kishii) on

1992年生まれの女優さんです。

テレビドラマ『小公女セイラ』で女優デビュー。

その後は『悪の教典』や『闇金ウシジマくん Part3』などの映画作品にも出演されています。

第39回ヨコハマ映画祭では、最優秀新人賞を受賞しました。

今回、主人公・山田テルコ役を演じる岸井ゆきのさんの評判を調べてみました。

若手の実力派ということもあり、特に不安の声は見られませんでした。

少し珍しい役どころということもあり、テルコにピッタリの女優さんといえるかもしれませんね。

成田 凌(マモル役)

View this post on Instagram

#成田凌

A post shared by 成田凌♡ (@yukiko.1117) on

1993年生まれ、モデルや俳優として活動しています。

ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』のオーディションに合格し、芸能界の道へ。

2014年には、ドラマ『FLASHBACK』にて俳優デビューを果たします。

その後は映画『キセキ -あの日のソビト-』や『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などに出演されました。

今回、マモル役を演じる成田凌さんの評判を調べてみました。

どうやら期待の声が多いようです。

主人公・テルコを「都合のいい女」として扱う、ろくでもない男性役ということですが、成田凌さんのクールな顔立ちがマッチしているのかもしれません。

Sponsored Links

まとめ

今回は映画『愛がなんだ』について紹介しました。

映像化への安定がある角田光代さんの著作ということで、期待できますね。

また、まだまだ公開されていない情報も多いため、トレーラーや追加キャストも楽しみです。

映画『愛がなんだ』は2019年に公開予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)