『バチェラー3』最終回(10話)ネタバレと脱落結果はあの人?その理由や最後に選ばれた相手は誰だ!

※バチェラー3の10話(最終回)のネタバレを含んでいますのでご注意ください

ついに迎えた最終回!

バチェラーが最後に結婚相手に選ぶのは誰?

1話からサプライズローズを渡して、バチェラーが好きなのは岩間さん。

しかしご家族からの支持も得ていて、幸せな結婚生活が描けるのは水田さん。

バチェラーは運命の人を選ぶのか。

『バチェラー3』最終回(10話)ネタバレと脱落結果やその理由、考察を説明していきますね。

関連おススメ記事

Sponsored Links

『バチェラー3』最終回ネタバレ

本音をぶつけあう

9話のローズセレモニーでは岩間さんは、すぐにバチェラーからのローズを受け取らず、一呼吸おいてから受け取りました。
その点をバチェラー自身も不安に感じていました。

フランスに到着すると、最初のデートは岩間さんが選ばれます。
キックボードに乗って、到着したのはレストラン。

一緒に食事をしていますが、野菜嫌いなところを指摘され、ピリついた雰囲気が出てきてしまう。
食の好みが違って、岩間さんはそこが合わないことを、不安に感じています。
頑張って岩間さんの好みに合わせようとするバチェラーですが、それを岩間さんは「無理をさせている」と感じている様子。

レストランを出て、バチェラーは自分の部屋に誘い、もっと話をしたいと伝えます。
受け入れる岩間さんでしたが、顔に笑顔はありませんでした。

ホテルの部屋で、バチェラーは「思ってることを今日はすべて聞きたい」と話を始めました。
今日は岩間さんの主導で話を聞きたいと思っているバチェラーは、自分から話をしようとしませんでしたが、沈黙が続いたので、自分から話しはじめました。

「1回目のデートの時に、好きになってほしい、って言った。
それって今どうなってる?」

それを聞いた岩間さんは

「言われたことはすごく嬉しかった。
本当にずっといろいろ考えてたのね。
好きになりたいってめちゃくちゃ思ってて。
それで、すごく好き。
一緒にいる時間も好きなんだけど、これって恋愛感情なのかな、って思うと違和感を感じてる。」と。

バチェラーは涙目に。

悩みながらも、ここまできてくれた岩間さんに、バチェラーは感謝の気持ちを伝えます。

そしてバチェラーも素直な気持ちを吐露します。
「恵のこと本当に好きだった。
フランスに連れてこれてよかった、って心の底から思ってる。」
そう言うと、岩間さんを抱きしめました。

(ここで気づいたんやけどフランスきて早々、ぶどう色のトップス着て、自分をぶどうに見立てるのやめーや、真也。
そういうとこやぞ。)

雰囲気真逆の穏やかなデート

フランスに到着して2日目のデートは、水田さんとのデートです。

セーヌ川の舟にのって、観光をしていましたが、昨日の岩間さんとのごたごたを感じさせないぐらい、居心地がよさそうな雰囲気。
穏やかな時間が流れて、岩間さんとの雰囲気とは真逆です。
「また一緒にこれたらいいな」とつぶやく水田さんが、とてもかわいらしく感じます。

そして再び、バチェラーの部屋に。
水田さんは旅の思い出を話しながら、バチェラーへの感謝の気持ちを伝えます。

「真也と会えたことが嬉しい」
と言って、バチェラーの手を握る水田さん。
バチェラーも
「何回バチェラーやっても、フランスに連れてくるのは、あゆみ。
偶然が重なったわけじゃなくて、選ばれた。」
と気持ちを伝えました。

そして、「1回しか言わへんから聞いといて」と前置きして、水田さんは「好きです」と伝えました。
照れながら言う姿は、めちゃくちゃ可愛い!

1人を選ぶローズセレモニー

最後のローズセレモニーを迎える。

神妙な面持ちで待ちわびるバチェラーのもとに、2人とも白のドレスを着て、登場。
笑顔で訪れた水田さんとの表情とは反対に、岩間さんの表情は険しいままです。

そして2人の前に、最後の1本のバラが用意される。

バラを手にしたバチェラー。

会った時に運命の人だと感じた岩間さん。
一緒に時間を過ごすうちに、運命の人になっていった水田さん。

バチェラーが名前を呼んだのは、水田さんだった。

「僕のこの最後のバラを受け取ってもらえますか。」

それを水田さんは受け取りました。

バチェラーは岩間さんを2人きりになれる場所に誘います。
そして
「ほんまに恵にあえてよかった」と言葉をかけます。
それを聞いて岩間さんは泣きだすと
「私も出会えてよかったです」と返しました。

「幸せになってください」と言って、バチェラーに背を向けて歩き出した岩間さん。

そして、バチェラーは水田さんのもとへ向かいます。
バラを手にして、微笑む水田さん。

バチェラーは
「会うたびにどんどん気持ちが強くなっていって、真剣に考えて、家族のように思えてる。
愛してるな、って思った」
と言った。

「これでバチェラーの旅が終わりました」
というと、ポケットから指輪を取り出しました。
「これから2人で、旅しましょう」と言うと、膝をつきます。

すると、水田さんは、指輪をはめやすいように、一緒になって膝をつきます。
水田さんの指に指輪がはめられると、バチェラーは、水田さんを抱き寄せました。
そしてキスを。

こうしてバチェラーの旅が終了。

したかのように見えた。

後日、2人は残ってフランスでデートをする。
だが、それから1か月後…

「ご報告したいことがあります」

とバチェラーは言ったのだった。

最後のスタジオトークに続く…。

Sponsored Links

まとめ

最後に選ばれたのは、ずっと愛情を与え続けていた水田さんでした!

と思いきや、不穏な空気のスタジオトーク。

愛されるよりも愛したいマジで、を貫いたバチェラー。

8話までは「結婚相手マジで探しにきてていい感じだぞ!」と思ったのに、

9・10話では「ふざけるなよ真也。ここまできたからには、しっかりと最後まで結婚相手として選べ」と

背中ばーんと叩きたくなるような展開でした…。

期待したのが間違いだった、、、。

ここまで完璧な水田さんを落とす気なのか?

頭イっちまってんな!な展開のスタジオトーク。見る気になれない…。見るけど…。

関連おススメ記事

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)