31日間無料トライアル実施中!


『君の名前で僕を呼んで』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストやタイトルの意味とは?

映画マニア、こうじです。

美しいイタリアの景色、知的な会話、そして美しい二人の男。聞いただけでうっとりしてしまいますね。

そんな、世界で大ヒットの話題作、映画『君の名前で僕を呼んで』がとうとう今週4月27日、日本公開です。

今回は、映画『君の名前で僕を呼んで』をより楽しんで頂くために、あらすじや見どころ、キャストなど、そして、実際に鑑賞した感想も含めて紹介します。

Sponsored Links

映画『君の名前で僕を呼んで』のあらすじ

因みに、この映画は、アメリカ人作家、アンドレ・アシマンの小説『Call Me By Your Name』が原作です。

時は1983年、美しい北イタリアにアメリカの大学教授の父と美しく知的な母と毎年のように夏を別荘で過ごす為にやって来た17歳の主人公エリオが父の助手としてやって来た24歳の博士課程の学生オリバーに恋をするのです。

読書が大好きで、17歳とは思えないほど知的なエリオにとっても、ちょっと変わった形の初恋の切なさに直面して、読書では学べない心の成長を経験するのです。

と言うのが、ざっくりしたあらすじです。

映画『君の名前で僕を呼んで』ネタバレ、見どころ

ここから先は、ネタバレも含まれていますよ。

エリオの初恋の行方は?

エリオの父は毎夏、別荘に助手をよび6週間共に過ごすので、エリオにとっては年上の男性と一緒に過ごすのは初めてのことではないのですが、今回の助手は妙に気になるのでした。

と言うのも、オリバ―はハンサムで、セクシーで知的な自信家、そして、フレンドリーでとても行動的、魅力的な青年なのです。

映画前半では、エリオは最初、オリバー―を毛嫌いしていたものの、少しずつ自分がオリバーに特別な感情を持っているということを認めるのでした。

同性愛のストーリーだと、自分の気持ちに気づいた後、自分が同性愛者だという事のショックとどうしていいのかと言う事で悶々とするパターンが多いのですが、エリオはわりとすんなり自分の気持ちを受け入れ、隠そうともせずにオリバーに接するのです。

オリバーはエリオをどう受け止めるのか?

実は、オリバーもエリオに対して特別な感情をもっていたのです。

エリオの体に触れたり、思わせぶりな態度を見せながらも、はっきりとした言葉では表現せずにいました。

しかし、エリオの積極的な態度をすんなり受け止めつつも、エリオを傷つけてしまわないかという躊躇もあり、一時、距離を置こうとしていました。

それでも、エリオの「僕を無視しないでほしい、とってもつらい」という手紙をみて、一線を越える決心をするのです。

オリバーはエリオの手紙に対して、「今夜12時に会おう」という手紙を返すのでした。エリオはそれをみた瞬間から、夜中の12時が待ちきれず、何度も何度も腕時計に目をやるのです。

長すぎる一日、持てあます感情をどうにもできないエリオは、ガールフレンドを屋根裏部屋に連れて行っていちゃつくのです。

そして、夜中の12時、エリオはベランダにいるオリバーの元へと急ぐのでした。そして、二人はその夜結ばれます。

Sponsored Links

「君の名前で僕を呼んで」とは何を意味する?

その夜、ベッドで横たう二人、オリバーはエリオの顔を優しくなでながら、そっと、「君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶよ。」とささやくのです。

これが何を意味するのかは、観る側それぞれの感受性による解釈です。

ただ、オリバーはエリオを自分の一部のように感じるほど愛おしく、そして、エリオにも同じように自分がエリオの一部のように感じて欲しくてこのような表現になったのではないでしょうか?

また、自分の名前で相手を呼ぶ事が二人のあいだの「I love you」だけでは表現しきれない、もっと強い気持ちを込めた表現ではないかと感じました。

二人の恋の行方は?

二人の絆はどんどん深まって行きます。

もちろん、エリオの両親は二人の関係に気が付きます。

しかし、エリオの両親は黙ってエリオの初恋を優しく見守るのです。

そして、オリバーがアメリカに帰国する前に、二人で旅行に行かせるのです。

楽しかった旅行も終わり、オリバーはアメリカに帰国するのですが、オリバーを駅で見送る別れのシーンが案外あっさりしていて、逆に観る側にとっては切なかったです。

オリバーを見送って、家に戻った夜、エリオのお父さんはエリオの恋愛経験を喜び、二人の絆を羨ましいと思う、そして自分の気持ちに素直になった恋愛の喜びと切ない経験を大切にしてほしいと、エリオを慰めるのです。

お父さん役のマイケル・スタールバーグがエリオを優しく慰めるこの長いスピーチは映画の見せどころでもあります。

1980年代では、同性愛についての理解は今よりもっと厳しかったと思います。

エリオの両親はどういう形であれ、人を愛することの喜びと切なさを知ったエリオの成長の方が意味のあることと考えたのでしょうね。

その冬のクリスマス、エリオは以前のように普通の高校生のように振舞うのですが、突然、オリバーから電話がかかってきます。

エリオは「会えなくて寂しいよ」、と言いながらも、「結婚するの?」とあっさりと聞くのです。そして、オリバーは「うん、それを伝えたくて…」と答えるのですが、エリオは、まるで、わかっていた事のようにあっさりとおめでとうと言うのです。

それでも、「エリオ」、「オリバー」と自分の名前で相手を呼びながら、まだ、二人が愛し合っている事を確認するのです。

電話を切った後、暖炉の前にすわり、少しずつ涙を流すエリオの表情を長くクローズアップした最後のシーンがとても印象的でした。

Sponsored Links

映画『君の名前で僕を呼んで』キャストは?

この映画は、ストーリーというよりも、知的で美し過ぎる二人のキャラクターが話題です。また、この二人の俳優のリアルライフも注目ですね。

エリオ(主人公):ティモシー・シャラメ

22歳、ニューヨーク、マンハッタン出身

エリオは大学教授の父と語学が堪能な母の一人息子として、自分自身もイタリア語、フランス語、英語を話し、読書、編曲が趣味で、ピアノ、ギターを演奏するというかなり知的な17歳。

ティモシー自身も実際にフランス人の父を持ち、フランス語が流暢で、高校卒業後は名門コロンビア大学の文化人類学部に短期間在籍しました。

しかし俳優を続けて行くために自由の効くニューヨーク大学の個別学習プログラムに転校しました。

子供の時から、コマーシャルや子役で活躍しておりましたが、映画では、2014年に『インターステラー』に出演しております。

2017年は映画『レディ・バード』と映画『君の名前で僕を呼んで』の両方で、アカデミー賞にノミネートされる程の大ブレイクぶりです。

子供の頃からフランス人家族とフランスで過ごす時間が多かったため、ヨーロピアン文化にもかなり影響されていながら、ニューヨークのマンハッタン育ちの気軽さも兼ね備えたまさにイマドキの洗練された国際派俳優ですね。

この映画の中でも、フランス語、イタリア語、英語を流暢に話し、ヨーロピアン式の濃いめハグや挨拶のキスもとても自然です。

子犬のようにオリバーに絡んで、少年のあどけなさを残しつつ、大人びた知性を上手く混ぜ合わせた今回の彼の演技を観ていて、とても感受性の強い役者だと思いました。今後の活躍が楽しみです。

オリバー:アーミー・ハマー

31歳、サンタモニカ、カリフォルニア出身

オリバーはエリオの父の博士課程の学生で、夏の間、研究助手としてエリオの家族と共にイタリアの別荘で過ごします。

ハンサムで、背が高く、知的でフレンドリーなオリバーは誰からも好かれる人気者。

https://twitter.com/RealChalamet/status/902314328593969157

アーミーは主演としてはまだ代表作はありませんが、数々の作品に出演するキャリアを持ち、ひと際目立つ長身と超イケメンと言うことで女性に大人気です。 

映画『ソーシャル・ネットワーク』(2010年)、映画『J・エドガー』(2011年)、そして、今回の映画『君の名前で僕を呼んで』では、助演男優賞として色んな所で、ノミネートされる演技派でもあります。

また、アーミーはリアルライフでは、超御曹司としても有名です。

イケメンでセクシーだけではなく、やはり、深く根付いた品のある振る舞いが演技の中でもところどころで見受けられます。

今回の作品では、博士課程の学生と言うことで、知的でちょっとクールな面を見せながらも、エリオの繊細さを大切に受け止める優しさが印象的です。

Sponsored Links

まとめ

いかがでした? 今週公開の映画『君の名前で僕を呼んで』について鑑賞後の感想も兼ねて紹介させて頂きました。

17歳のエリオの甘く、切ない初恋を描いた青春ストーリーであり、そしてとても官能的で美しい映画です。

今後の活躍がとっても楽しみなティモシー・シャラメとアーミー・ハマー、二人とも単なるイケメンの客寄せということではなく、役どころにぴったり演技を見せてくれます。

特に女性には見逃さないで頂きたい映画の一つです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)