『エヴァ』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストやイザベル・ユペールの演技が妖艶すぎる!

ハドリー・チェイスのミステリー小説「悪女イヴ」を原作とした映画『エヴァ』が、2018年7月7日に公開される事になりました。

盗作で成功を掴んだ男が”エヴァ”という娼婦に出会い翻弄されていく、官能と崩壊を美しく描いた作品です。

原作小説は1962年にも「エヴァの匂い」というタイトルで映画化されていたのですが、今作は「マリー・アントワネットに別れをつげて」で知られるブノワ・ジャコーが監督を務めます。

主人公を翻弄する、謎多き娼婦”エヴァ”を演じるのはイザベル・ユペール。

2017年には官能スリラー作品「ELLE」の主演を務め、第89回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

60代という、年齢を重ねたからこその色気といいますか…芸術的であり、嫌悪感に繋がらない色気を感じさせる大女優さんです。

今回は作品のネタバレやあらすじ、出演キャストとイザベル・ユペールの妖艶すぎる演技力について紹介します。

Sponsored Links

『エヴァ』のネタバレやあらすじは?

他人の戯曲を盗作し、自身の作家デビューを成功させたベルトラン。

世間に2作目を期待されるほどペンは進まなくなり、パトロンからの催促にも焦ります。

執筆を進めようと別荘に向かいますが、別荘には吹雪で立ち往生した男女が窓を割って侵入していました。

くつろぐ男女に文句を言おうと近づいたベルトランですが、バスタブに浸かっていた娼婦”エヴァ”を一目見ただけで虜に。

2作目の題材という理由をつけてエヴァと親しくなろうとしますが、冷たくあしらわれ続けます。

思い通りにならないエヴァとの関係に苛立ちつつ、破滅へと向かっていくベルトラン。

ここまでが今作『エヴァ』のあらすじとなります。

原作が同じ小説である「エヴァの匂い」によりますとこの後、主人公男性は婚約者を放ってまでエヴァに入れ込んでしまいます。

エヴァを殺してしまいたくなるほどの憎悪を覚えながら、すがり続けます。

娼婦であり、あくまでお金にしか用のないエヴァと、エヴァに魅了され続ける主人公。

ある夜、エヴァに主導権を握らせる彼を見てしまった婚約者は、ショックのあまり自殺してしまう。

それから2年が経ち、それでもなおエヴァを求め続ける主人公には、もう何も残されていないのでした。

ベルトランも「エヴァの匂い」の主人公と同じ末路を辿ってしまうのでしょうね…。

物語が終盤になるにつれて、哀れな主人公に胸が痛みます。

エヴァが主人公の人生を壊したというより、身勝手な自滅に近い部分もあるのでなおさら哀れです。

主人公の心情に同情してしまうか、ただただ哀れむか。

エヴァへの”悪女”という印象は、観劇側によって大きく違ってきそうですね。

Sponsored Links

『エヴァ』のキャストは?

日本版オフィシャルサイトで公開されている主演の2人をメインに紹介させていただきます。

イザベル・ユペール(エヴァ役)

View this post on Instagram

#Cannes .

A post shared by Isabelle Huppert (@isabelle.huppert) on

1953年生まれ、フランスの女優。

今作では、主人公を翻弄する高級娼婦を演じます。

2016年には「ELLE」、「未来よ こんにちは」で数多くの主演女優賞を受賞している実力派大女優。

1972年の映画デビューから様々な女性を演じていますが、息子と関係を持つ母や、性的嗜好の複雑なピアニストなど、闇を抱えた女性像を演じる事が多いですね。

他の女優さんでは心が持たないのでは…?なんて心配になってしまう役柄を、何役もこなせるタフさに圧倒されます。

https://twitter.com/mmcan_do/status/997107214446874624

演技力はもちろん、スタイリッシュなファッションや外見にも注目を集めています。

歳を重ねるにつれ増す魅力は、まさに女性が憧れる女性像ですね。

ギャスパー・ウリエル(ベルトラン役)

1984年生まれ、フランスの俳優。

今作ではエヴァに翻弄される、盗作によって成功を収めた作家を演じます。

2007年には人気サイコスリラー映画「ハンニバル」シリーズの「ハンニバル・ライジング」で、連続猟奇殺人鬼ハンニバル・レクターの青年期を演じて話題となりました。

文句のつけようがない美青年らしいルックスと、180cmの高身長で見事に人気人物を演じきった彼は、その後シャネルの香水のモデルにも採用されたようですよ。

View this post on Instagram

#bleudechanel หล่อหรู ดูแพง #เลื่อนดูรีวิวได้เลยค้า👉 . 🌈น้ำหอมแบรนด์เนม กลิ่นหอมเหมือนช็อป หรูหรา ติดทน ขนาด 11มล. . 🔥🔥 ขวดละ 100฿ • 5ฟรีEms . • 10แถม1 🔥🔥 // คละกลิ่นได้หมด ของแถมเลือกเองได้ 🍃ค่าส่ง ลทบ.30 • Ems.50 • Kerry.60 🍃 . อีกช่องทางที่สะดวกสุดๆ ในแอพ Shopee เข้าไปช็อปกันเล๊ยย ชื่อร้านว่า pimmy8 มีส่วนลดเพียบบบ👍👍 . สำหรับลูกค้าใหม่ที่ไม่เคยใช้โค้ดในแอพมาก่อน พิมพ์โค้ด 👉NEWPIM รับส่วนลดไปเลย 100฿ #คุ้มยิ่งกว่าคุ้ม #ส่งฟรีไปเลย . 💋สั่งซื้อได้ทาง💋 ลิ้งค์หน้าไบโอ / Line : Aimz.beauty #น้ำหอมแบรนด์เนม #น้ำหอมแท้แบ่งขาย #รับตัวแทนจำหน่ายทั่วประเทศ

A post shared by น้ำหอมแบ่งขายเจ้าใหญ่ (@aimz.beauty) on

どんなにイケメンでもなびかない、あくまで”娼婦”であるエヴァにどう転がされていくのか…楽しみですね。

Sponsored Links

イザベル・ユペールの演技が妖艶すぎる!?

イザベル・ユペールは今作の原作を読んだ時から「この役は私」だと感じていたそうです。

「ELLE(2016年)」ではしたたかに加害者を手玉に取り、精神的・肉体的に、見事な復讐を果す女性を演じていました。

センセーショナルな題材を体当たりで演じた彼女はセクシーながら、とてもカッコよかったです。

今作でも表現される、含みのある美貌としなやかな強さは、恐怖を覚えるような妖艶さですね。

予告編でのエヴァは、ベルトランに何も言われても、何をされてもひるんだ素振りをみせていません。

そんな凛々しい振る舞いが、男性の心を惹きつけるのでしょうね。

Sponsored Links

まとめ

映画『エヴァ』はフランス映画作品らしい、アート性の高い官能作品となっていました。

数々の女性を演じてきた、60代のイザベル・ユペールだからこそ表現できる役柄となっています。

予告編の「罠」や「嫉妬」といったテロップもスリリングで、題材の色気を引き立たせますね。

『エヴァ』は2018年7月7日より全国で公開されます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)