初恋ロスタイム(映画)原作ネタバレやあらすじ!感想・評価や主題歌「想い人」が好評!

今回は9月20日に公開された映画『初恋ロスタイム』について紹介していきます。

今作は、若手注目株の板垣瑞生さん、吉柳咲良さんが共に映画初主演を果たすと共に、人気イケメン俳優の竹内涼真さんが出演する、今年最もホットなファンタジー恋愛映画です!

それでは、映画『初恋ロスタイム』について、あらすじ・原作ネタバレ、実際の感想や評価、主題歌という観点で紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

映画『初恋ロスタイム』あらすじは?原作ネタバレも

ここでは映画『初恋ロスタイム』のあらすじ・原作ネタバレの紹介をしていきます。

まず、あらすじを紹介していきます。

青年医師(竹内涼真)はUFOを見たのに誰も信じてくれないと嘆く患者の少年に語り始めました。

浪人生の相葉孝司(板垣瑞生)はある日、不思議な現象に遭遇します。

それは、周りのあらゆるものの時が止まるというものでした。

その時刻はいつも決まって12時15分から1時間、自分だけは動くことができました。

そんな中、予備校の外に出てみると、その時間の中で自分以外に動ける少女である篠宮詩音(吉柳咲良)に出会います。

二人は毎日起こるこの不思議な時間をロスタイムと名付け、距離を近づけていきます。

また、ロスタイムの中でいろんなことに挑戦しようとする詩音に自分も変化していき、生活に希望を見出すようになっていきます。

そんなある日、孝司はロスタイムの時にしか一緒にいない詩音に「ロスタイムじゃないときも会いたい」と言いますが、彼女はもう会えないとだけ言い残し姿を消してしまいます…。

というのがあらすじになっています。

映画『初恋ロスタイム』予告編

ここからが原作のネタバレです!

実は彼女は病気で余命わずかの身だったのです。

彼女はそれを宣告された日の12時15分から毎日その時間になるとそれを思い出し、slこに空白の1時間、ロスタイムが訪れるのだと告白しました。

もう末期の彼女の病気を治す方法は一つだけ、父の肝臓を移植することでしたが、父には断られ、絶望していました。

そして、彼は彼女の父親に交渉し、手術をしてくれるように頼み、手術を行うことができました。

手術は成功しましたが、彼女の病状はそれでもなお深刻で、体内の血管が破れついにはほぼ脳死のような状態になり、ロスタイムが23時間になっていることがわかりました。

きっと次に寝ればもう起きることはできない、ロスタイムに閉じ込められることになる、二人ともわかっていました。

彼女は孝司に手を握らせ、そのまま眠りにつきました。

でも、なぜロスタイムが孝司に訪れるのか、それは彼女のスケッチブックに答えがありました。

彼女はよく近道としてこの病院の敷地内を自転車で通り抜けていた彼を見ていたのです。

彼は彼女がもう戻らないことを理解し、彼女の幸せを願って泣きました

一方、彼女はロスタイムの中で一生彼と一緒に過ごせる幸せを感じていました

そして、最後に彼女はなんと目を覚まします。

彼女の目にうつったのは白衣姿の孝司でした。

彼女はその瞬間、彼が目を覚まさしてくれたのだと察しました。

という結末になっています!

悲しい結末と見せかけて、ハッピーエンドというどんでん返しでした。

映画ではどのような結末になっているのでしょうか。

ご自分の目で確認してみてください!

映画『初恋ロスタイム』感想・評価はどんな感じ?

ここでは、映画『初恋ロスタイム』の感想や評価について紹介していきます。

まず、Twitterで挙げられていた映画『初恋ロスタイム』の感想を集めてみました。

全体的に高評価なコメントが多い印象ですね。

次にキャストさんたちについてのコメントを見ていきましょう。

初主演映画ということで注目されている板垣瑞生さんに関してはこのようなコメントが出ています。

板垣瑞生さんは俳優として躍進の年だったようですね。

ヒロインを演じた吉柳咲良さんに関しては、こんなコメントがありました。

それだけ演技が高く評価されているということですね。

ということで、総じて評価をつけてみると、大変良い評価が多い印象でした!

これは、映画で見てみるしかありませんね。

Sponsored Links

映画『初恋ロスタイム』主題歌「想い人」が好評?

ここでは映画『初恋ロスタイム』の主題歌「想い人」が好評を博している件について紹介していきたいと思います。

映画『初恋ロスタイム』の主題歌「想い人」は今回で初の映画主題歌を担当するバンド緑黄色社会が歌うラブソングです。

まず、Twitterでの声を紹介していきます。

上記のように良い評価が多いようです。

さらに言うと、ファンだけではなく、映画を見たところから『想い人』をうたっている緑黄色社会にハマってしまったなんて方もいらっしゃいました。

また、映画『初恋ロスタイム』の監督・河合勇人さんは今曲について上記のように語っています。

視聴者のみならず、スタッフの気持ちも揺さぶる曲ということで、ぜひ聞いてみてください。

まとめ

ここまで映画『初恋ロスタイム』について、あらすじ・原作ネタバレ、感想・評価、主題歌の「想い人」という観点で紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

一回この目で尊いラブストーリーの全貌を見てみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)