HOT SUMMER NIGHTSのあらすじや見所!ティモシーシャラメの演技力や評判も

忘れられない夏がくる!

『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフル・ボーイ』

主演『ティモシー・シャラメ』

今最も輝いている若手俳優と気鋭の映画製作スタジオ『A24』が贈る!

『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』日本公開決定です!

甘く、切なく、美しく、スリリングなひと夏の青春!

愛する父親を亡くし、大きな喪失を抱えたまま立ち直れない少年

人生を大きく変えた、ひと夏の経験

HOT SUMMER NIGHTSのあらすじや見所!ティモシーシャラメの演技力や評判も

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ネタバレ・あらすじ・見所

1991年は、激動の年だった。

湾岸戦争が始まり、フレディ・マーキュリーは、エイズで逝った。

マサチューセッツ州ケープコッド。

アメリカ東海岸に位置する美しい海辺の小さな町に、記録的な猛暑が訪れた夏。

この町の『伝説』となった『ダニエル・ミドルトン』の物語。

6月

夏のケープコッドには、大きく分けて2種類の人々がいる。

『サマー・バード』と呼ばれる都会からバカンスを過ごすために来た金持ちの観光客と、貧乏な地元民だ。

ダニエルは、そのどちらでもなかった。

この町で育った訳でもなく、富裕層の子息でもない。

ダニエルのような立場は、肩身が狭く町に居場所がない。

高校を卒業したばかりのダニエル。

人付き合いが苦手で、少し前に最愛の父親を亡くしたばかりだった。

喪失感から抜け出せないまま、部屋に籠りっきりの息子を見かねた母親。

ダニエルを、ケープコッドに住む叔母の家に、大学が始まる9月までの3ヶ月間、気分転換を兼ねて送り込んだ。

ある日、ダニエルは『ハンター・ストロベリー』と出会う。

地元では有名なワルで、危険な男だった。

キレやすい性格で、人を殺したという噂もあった。

高校は退学させられて、大麻のディーラーとして稼ぎ、生計を立てていた。

孤独なダニエルと、一匹狼のハンターは、何故か意気投合した。

2人で時間を過ごすうちに、ダニエルはハンターに頼み込んで、一緒に大麻を売りさばき始める。

機転の利くダニエルが加わった事で、ビジネスは上手く回り始めた。

勢いづいたダニエルは、町の外にまでそのテリトリーを拡大させていく。

そんなダニエルに、ハンターは危険を感じ始めていた。

ダニエルは、ある日、町一番の美人『マッケイラ』と出会い、恋に落ちる。

しかし、マッケイラの兄は、ハンターだった。

複雑な家庭事情を抱えているハンターだが、妹のマッケイラを守る事に命をかけていた。

ハンターに『大切な妹に手を出すな』と告げられたダニエル。

それでもマッケイラへの気持ちを抑えきれないダニエルは、ハンターに内緒で付き合い始める。

秘密のデート、初めてのキス、ダニエルにとって心から自分を解放できるひと時だった。

初めての恋は、父を失った哀しみを癒し、徐々に自分を取り戻していく。

しかし、マッケイラとの恋が、災難をもたらす原因になるとは予想していなかった。

8月

ケープコッドに、最大級のハリケーンが迫る日。

ダニエルの人生は、劇的な結末を迎える事になる・・・

監督・脚本イライジャ・バイナム(Elijah Bynum)
出身アメリカ・マサチューセッツ州
生年月日1993年5月29日
経歴本作が、映画監督デビュー作。

主な監督作品
2017年『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』兼脚本

イライジャ・バイナム監督は、アメリカ・マサチューセッツ州出身。

地元の大学在学中に、2人の若者に出会いインスパイアされ、23歳の時に執筆します。

その脚本が高く評価され、2013年に『ブラックリスト』入りを果たしました。

2015年3月26日、映画化に際し、映画制作の経験がないにも関わらず、監督に大抜擢されます。

主演に、今最も輝いている若手俳優『ティモシー・シャラメ』を迎えて、

映画製作スタジオ『A24』が贈る、甘く・危険な青春映画です。

※『ブラックリスト』

映画化されていない脚本を対象とした、評価および映画製作マッチングプロジェクト。

ウェブサイトは、ユーザー登録制で運営されています。

登録ユーザー以外の、一般に広く公表される年次投票ランキング上位リストを指す事もあります。

ブラックリストは、注目されていない優秀な脚本家を効率的・効果的に発掘する事を目的としています。

気鋭の映画製作スタジオとして、脚光を浴びている『A24』

初めての劇場公開作品は、2013年『チャールズ・スワン三世の頭ン中』

同年の『スプリング・ブレイカーズ』のヒットで、会社が成長します。

『エクス・マキナ』『ルーム』『ウィッチ』などのヒット作品。

『アカデミー賞』作品賞を受賞した『ムーンライト』

女優『グレタ・ガーウィグ』初監督作『レディ・バード』

次々に、話題作を公開しています。

Sponsored Links

『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』キャスト

ダニエル・ミドルトン『ティモシー・シャラメ』

名前ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)
出身アメリカ・ニューヨーク州・ニューヨーク市・マンハッタン ヘルズ・キッチン
生年月日1995年12月27日
経歴『第90回 アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『第75回 ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『第71回 英国アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『第23回 全米映画俳優組合賞』主演男優賞(ノミネート)
『第23回 放送映画批評家協会賞』主演男優賞(ノミネート)
『第83回 ニューヨーク映画批評家協会賞』主演男優賞
『第43回 ロサンゼルス映画批評家協会賞』主演男優賞
『君の名前で僕を呼んで』
『第76回 ゴールデングローブ賞』助演男優賞(ノミネート)
『第72回 英国アカデミー賞』助演男優賞(ノミネート)
『ビューティフル・ボーイ』

主な出演作品
2014年『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』
『インターステラー』『Worst Friends』
2015年『シークレット・チルドレン 禁じられた力』
『サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶』『クーパー家の晩餐会』
2016年『Miss Stevens』
2017年『君の名前で僕を呼んで』『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
『レディ・バード』『荒野の誓い』
2018年『ビューティフル・ボーイ』2019年『A Rainy Day in New York』『The King』

マッケイラ・ストロベリー『マイカ・モンロー』

名前マイカ・モンロー(Maika Monroe)
出身アメリカ・カリフォルニア州 サンタ・バーバラ
生年月日1993年5月29日
経歴プロの『カイトボーディング』選手。
2014年『イット・フォローズ』で、主演を務める。

主な出演作品
2012年『チェイス・ザ・ドリーム』『Bad Blood』
2013年『ブリングリング』『とらわれて夏』
2014年『ザ・ゲスト』『イット・フォローズ』2015年『Echoes of War』
2016年『フィフス・ウェイブ』『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
2017年『Bokeh』『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
『The Scent of Rain & Lightning』『ザ・シークレットマン』
『I’m Not Here』『The Tribes of Palos Verdes』
2018年『After Everything』『TAU/タウ』『Greta』
2019年『Villains』『Honey Boy』『The Education of Fredrick Fitzell』


ハンター・ストロベリー『アレックス・ロー』

名前アレックス・ロー(Alex Roe)
出身イングランド・ロンドン・ウェストミンスター
生年月日1990年6月
経歴2018年『フォーエヴァー・マイ・ガール』で、主演を務める。

主な出演作品
2000年『ディアブロ』 悪魔生誕』2015年『フィフス・ウェイブ』
2017年『ザ・リング/リバース』『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
2018年『Forever My Girl』

フランク・カルフーン『トーマス・ジェーン』

名前トーマス・ジェーン(Thomas Jane)
出身アメリカ・メリーランド州・ボルチモア
生年月日1969年2月22日
経歴2001年、テレビ映画『61*』にて『ミッキー・マントル』役を務める。
2004年『パニッシャー』で、主演を務める。
原作は『マーベル・コミック』刊行の『The Punisher』
2008年『ミスト』で、主演を務める。
原作は『スティーヴン・キング』1980年の中編小説『霧』

主な出演作品
1992年『バッフィ/ザ・バンパイア・キラー』『ネメシス』
1996年『THE CROW/ザ・クロウ』
1997年『死にたいほどの夜』『フェイス/オフ』『ブギーナイツ』
1998年『THURSDAY』『ベロシティ・オブ・ゲイリー』『シン・レッド・ライン』
1999年『ディープ・ブルー』『モリー』『マグノリア』2000年『アンダー・サスピション』
2001年『ポワゾン』2002年『クリスティーナの好きなコト』
2003年『ドリームキャッチャー』2004年『パニッシャー』
2008年『ミスト』『ミュータント・クロニクルズ』『キルショット』
2009年『ゴートゥーヘル』2010年『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』
2013年『スティーラーズ』
2014年『ブリザード 凍える秘密』『ドライブ・ハード』『ゲットバッカーズ』
2015年『デッド・シティ2055』『約束の馬』
2016年『スタンドオフ』『ソムニア -悪夢の少年-』『パシフィック・ウォー』
2017年『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』『1922』
2018年『A-X-L/アクセル』『ザ・プレデター』2019年『Crown Vic』


エイミー・カルフーン『マイア・ミッチェル』

名前マイア・ミッチェル(Maia Mitchell)
出身オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・リズモー
生年月日1993年8月18日
経歴『ティーン・チョイス・アワード 2013』チョイス・サマー・テレビスター(女性)
(ノミネート)
『ティーン・チョイス・アワード 2014』チョイス・テレビ女優(ドラマ)(ノミネート)
『フォスター家の事情』
『ティーン・チョイス・アワード 2015』チョイス・サマー・テレビスター(女性)
(ノミネート)『ティーン・ビーチ2』
『ティーン・チョイス・アワード 2015』チョイス・テレビ女優(ドラマ)(ノミネート)
『ティーン・チョイス・アワード 2016』チョイス・テレビ女優(ドラマ)(ノミネート)
『ティーン・チョイス・アワード 2017』チョイス・サマー・テレビスター(女性)
(ノミネート)
『ティーン・チョイス・アワード 2018』チョイス・テレビ女優(ドラマ)(ノミネート)
『フォスター家の事情』

主な出演作品
2013年『ラスト・ワールド』
2017年『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
2018年『Never Goin’ Back』2019年『The Last Summer』



デックス『エモリー・コーエン』

名前エモリー・コーエン(Emory Cohen)
出身アメリカ・ニューヨーク州・ニューヨーク市
生年月日1990年3月13日
経歴『第23回 ハンプトンズ国際映画祭』ブレイクスルー賞
『第22回 クロトゥルーディス賞』助演男優賞(ノミネート)
『第9回 デトロイト映画批評家協会賞』ブレイクスルー賞(ノミネート)
『第13回 国際シネファイル賞』助演男優賞(ノミネート)
『インディワイヤー映画批評家協会賞2015』助演男優賞(ノミネート)
『ブルックリン』

主な出演作品
2008年『Afterschool』『ニューヨーク、アイラブユー』
2009年『The Hungry Ghosts』
2012年『Four』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』『Nor’easter』
2013年『All Is Bright』2014年『ザ・ギャンブラー 熱い賭け』
2015年『ブルックリン』『ゲット!マイライフ』
2016年『ザ・インターセクションズ』『ある決闘 セントヘレナの掟』『ロキシー』
2017年『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』『ブラッド・スローン』
2018年『Lords of Chaos』
2019年『The Wolf Hour』Sweetheart』『Killerman』『The Education of Fredrick Fitzell』

シェップ『ウィリアム・フィクナー』

名前ウィリアム・フィクナー(William Fichtner)
出身アメリカ・ニューヨーク州・ロングアイランド
生年月日1956年11月27日
経歴『第32回 サターン賞』主演男優賞(テレビ部門)(ノミネート)
『invasion -インベイジョン-』
『ファンゴリア・チェーンソー賞 2012』助演男優賞(ノミネート)
『ドライブ・アングリー』
『ハリウッド・リアル・インディペンデント映画祭 2017』主演男優賞
『The Neighbor』
『ガスパリラ国際映画祭 2019』オーディエンスアワード・ベストナラティブ
『ガスパリラ国際映画祭 2019』グランドジュリー・ベストナラティブ(ノミネート)
『ナパ・バレー映画祭 2018』ベストアンサンブル・キャスト
『Cold Brook』

主な出演作品
1992年『マルコムX』1994年『クイズ・ショウ』
1995年『蒼い記憶』『バーチュオシティ』『レックレス 逃げ切れぬ女』
『ストレンジ・デイズ/1999年12月31日』『ヒート』
1996年『アルビノ・アリゲーター』
1997年『コンタクト』『スイッチバック 追跡者』
1998年『アルマゲドン』1999年『go』『The Settlement』
2000年『MONA 彼女が殺された理由』『薔薇の眠り』『パーフェクト ストーム』『Endsville』
2001年『パール・ハーバー』『ビッグ・マネー』『ブラックホーク・ダウン』
2002年『Julie Walking Home』『リベリオン』2004年『クラッシュ』
2005年『美しい人』『The Moguls』『ロンゲスト・ヤード』
2006年『ウルトラヴァイオレット』『デスティニー 未来を知ってしまった男』
2007年『俺たちフィギュアスケーター』2008年『ダークナイト』
2010年『デート&ナイト』『ザ☆ビッグバン!!』
2011年『ドライブ・アングリー』2012年『Wrong』
2013年『ファントム/開戦前夜』『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』
『ローン・レンジャー』『エリジウム』
2014年『ミュータント・タートルズ』『ミッション・ワイルド』『セイント・セバスチャン』
2016年『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』『American Wrestler:The Wizard』
2017年『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』『Krystal』
2018年『ホース・ソルジャー』『The Neighbor』『セックス・トラフィック 悪夢の週末』
『O.G. オリジナル・ギャングスター』『Armed』『Cold Brook』『リーサル・ソルジャーズ』
2019年『Finding Steve McQueen』


Sponsored Links

『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシーシャラメの演技力や評判


ティモシー・シャラメの評判と言えば、イケメンに魅了されているファンが多い事ですね!

『第90回 アカデミー賞』授賞式のレッドカーペットに現れた姿が映されると、

ツイッターなどでは『直視できないほどの美しさ』『驚愕のイケメン』

『この世の人間とは思えない。頭がついていかない』『イケメンすぎて呼吸困難になりそう』

『白タキシードとかもう整いすぎ』『やばい、どんどん心持ってかれる』『はにかんだ顔も可愛すぎる』

『ティモシー・シャラメ』の名前がトレンド入りするほどの盛り上がりを見せました!

ティモシーシャラメの演技力と言えば、芸能一家に育った事から始まります。

父親は、フランス人で国際連合児童基金エディター。

母親は、元ブロードウェイのダンサーでユダヤ系アメリカ人。

姉『ポーリーヌ・シャラメ』は、女優。

叔父(母親の兄)は、監督『ロドマン・フレインダー』

祖父(母方)は、脚本家『ハロルド・フラインダー』

マンハッタンにある芸術系高校『フィオレロ・H・ラガーディア高校』演劇科卒業。

卒業生に『ロバート・デ・ニーロ』『アル・パチーノ』『マーティン・スコセッシ』名だたる人物を輩出する名門です。


『ベイビー・ドライバー』の『アンセル・エルゴート』は、同級生です。

インスタグラムで、交流をアップしています。

卒業後『コロンビア大学』に入学、その後『ニューヨーク大学』に通います。

フランス語を話す事が出来て、フランスとアメリカの二重国籍です。

幼少期から様々なコマーシャルへ出演して、芸能活動が始まります。

2008年、ショートフィルム『Sweet Tooth』『Clown』などのホラー作品で映画デビュー。

2009年、ドラマ『ロー&オーダー』テレビ映画『Loving Leah』などの作品に出演。

2012年、ドラマ『救命医ハンク セレブ診療ファイル』シーズン4に、4話出演。

2012年、ドラマ『HOMELAND』シーズン2では、副大統領の息子『フィン・ウォルデン』役を演じる。

2014年『アダム・サンドラー』『ジェニファー・ガーナー』出演のコメディ作品、

『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』に『ダニー・ヴァンス』役で出演。

2014年『マシュー・マコノヒー』『アン・ハサウェイ』『ジェシカ・チャステイン』『マット・デイモン』出演のSF作品、

『インターステラー』に『ケイシー・アフレック』演じる『トム・クーパー』の幼少期役で出演。


2015年、ファンタジー作品『シークレット・チルドレン 禁じられた力』で『キーナン・シプカ』と主演を演じます。

『ティモシー・シャラメ』最初の大役です。

2015年、コメディ作品『クーパー家の晩餐会』

『ダイアン・キートン』演じるシャーロットと『ジョン・グッドマン』演じるサムの孫『チャーリー』役で出演。


2017年『君の名前で僕を呼んで』

主演『エリオ・パールマン』役を、英語・フランス語・イタリア語を使い演じます。

そして『ティモシー・シャラメ』の演技が、認められます。

『第90回 アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)

『第75回 ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ドラマ部門)(ノミネート)


2018年『ビューティフル・ボーイ』

ふとしたきっかけで、ドラッグにのめり込んでいく青年『ニック・シェフ』を演じます。

実話に基づいた作品で『ティモシー・シャラメ』は『自分を100%捧げた』と話すように、9キロの減量。

心身ともにニックへの理解を深め、ドラッグ依存症と闘う演技が認められます。

『第76回 ゴールデングローブ賞』助演男優賞(ノミネート)

『A Rainy Day in New York』

最新作は『ウディ・アレン』監督『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

共演『エル・ファニング』『セレーナ・ゴメス』『ジュード・ロウ』『ディエゴ・ルナ』『リーヴ・シュレイバー』

2017年秋に撮影、2018年のアメリカ公開が予定されていましたが、

現在、いわく付きの作品となっています。

1992年『ウディ・アレン』の養女『ディラン・ファロー』が、ウディ・アレンの性的虐待を告白。

2014年にも告発していましたが、2018年『#Me Too』運動の大きな流れを受けて、テレビ番組で性的虐待を証言しました。

『コリン・ファース』『マリオン・コティヤール』『マイケル・ケイン』『ティモシー・シャラメ』など

多くのハリウッド俳優が、ウディ・アレンとは、2度と仕事をしないと宣言。

配給の『アマゾン・スタジオ』は、公開予定を撤回。

2019年2月、正式に企画を離脱します。

ウディ・アレンは、4作品の配給契約を『25年前の根拠なき疑惑』の為に破棄したとして、アマゾン・スタジオを提訴。

『告発は今に始まった事ではなく、アマゾン・スタジオもそれを承知で契約したはずだ』と主張。

6,800万ドル(74.6億円)の賠償金を要求しています。

現在、アメリカでの公開は未定ですが、ヨーロッパ・アジア・南米などは、公開が予定されています。

Sponsored Links

まとめ

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』を、まとめてみました。

『2019年8月16日』全国ロードショーです!

美しい海辺の町で、初めての恋。

クールで危険な、仲間との友情・裏切り。

『ティモシー・シャラメ』の演技が楽しみですね!

『マイア・ミッチェル』の今後の活躍が楽しみですね!

『HOT SUMMER NIGHTS』(熱帯夜)に、ふさわしい作品となっています。

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)