ホットロードがキャストミスと言われる理由は?嫌い・面白くないとの声もあるが本当?

ホットロードは、「別冊マーガレット」で1986年から1987年まで連載されていたマンガです。

80年代、当時の若者たちから絶大的な支持を得ており、作者・紡木たくさんの代表作ともなった名作ですね!

ドラマや映画など実写化のオファーはこれまで何度もあったそうですが、「和希」役を任せられる人がいない、と断ってきた紡木さん。

そんな紡木さんが「能年玲奈さん(当時)になら主演を任せてもよい」ということで、実に25年以上の時を経て2014年に実写映画化されました。

しかし、映画「ホットロード」はキャストミスではないかという声や、「嫌い」「面白くない」といった声があります。

実際のところはどうなのでしょう?!

映画「ホットロード」について色々と調べてみました!

Sponsored Links

「ホットロード」のあらすじとは?キャストミスと言われるのはなぜ?

ホットロードあらすじ

それでは簡単にあらすじについてご紹介します。


神奈川県に住む14歳の中学生・宮市和希は、幼いころに父親を亡くし二人で暮らしていました。

母親には高校時代より思いを寄せる男性がいて、現在は家庭を持つその男性と不倫関係にありました。

男性に夢中で自分を見てくれない母親。

和希は母親の愛情に飢えていました。

その寂しい思いはいつしか和希を非行に走らせ、母親の誕生日に万引きをしてつかまってしまいますが母親は迎えに来てはくれませんでした。

転校生・絵理と仲良くなったことにより暴走族・ナイツの集まりに参加した和希。

ナイツのメンバーである春山と惹かれあい、付き合うことになりました。

ある日、ナイツの総長をしていたトオルは引退をして総長の座とバイク・CB400Fを春山に引き継ぎます。

春山が総長となること快く思っていないメンバーによってシカトをされる春山。

さらに引退当日の夜、トオルは警察に連れていかれてしまいます。

そんなナイツの隙を狙って襲ってきた敵対するグループ「漠統」との争いは激化して…。

キャストミスと言われる理由は?

キャストミスという声があがっているのはなぜなのでしょうか?

調べてみました。

どうやら原作に比べて、演じているキャストの年齢層が高いことが要因の一つのようですね。

主演・和希役の能年玲奈さんは映画公開当時で21歳、春山役を演じる登坂広臣さんは27歳でした。

原作では14歳の少女と16歳の少年ですので…。

う〜ん…芸能人の人たちは見た目若い人が多いですけれど、どうひいき目に見てもやはりちょっと見た目に無理が生じてきますね。

10代特有のみずみずしさや繊細さなどそういったものを表現するのはやはり難しいですよね。

また、外見的なものでは「登坂広臣さんの顔が濃すぎて春山じゃないっ!」といったなかなか厳しいご意見まで…。


確かに、紡木たくさんの絵柄は線が細くあっさりした作画ですので、原作に思い入れのある人には登坂さんを春山としては見られないのかもしれません。

Sponsored Links

嫌い・面白くないとの声もあるが本当?

名作と謳われた原作では聞いたことがない「嫌い」「面白くない」の声がちらほら。


なぜ映画ではこのような声があるのでしょうか。

確かに時代背景が80年代ですので、今とだいぶズレがあることは否めません。

現代では「暴走族」「不良」といった響きには違和感を感じるかもしれませんね。

更に非行に走って髪を金髪にするなど、なんかちょっと時代錯誤な感じはありますね。


また、映画の短い尺に合わせて物語をぎゅっと詰めこんでしまったことに関しての不満の声などもみられました。

10代の少年少女たちの繊細な心を描くには少し話の展開が早すぎたというのもあると思います。

色々と予算や演出など都合があったのだとは思いますが、どうせならシリーズ化にしてゆっくり丁寧に時間の流れを描ければよかったのかもしれませんね。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ホットロード」はいわずとしれた不朽の名作ですが、それ故に原作への思い入れが強くなってしまい実写には否定的になったり、感情移入が出来なかったりするのかもしれませんね!

原作が名作であればあるほど賛否両論があるのはしょうがないのかもしれません。

ただ、個人的には能年玲奈さんの透明感あふれる演技が素敵だなぁと思いました。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)