31日間無料トライアル実施中!


『生きてるだけで、愛。』(映画)ネタバレやあらすじは?ラストの結末やキャスト・登場人物も

「生きてるだけで、愛。」の公開日が発表されました。

2018年11月9日から全国一斉ロードショーです。

原作は本谷有希子さんの同名タイトルの小説で
不器用な男女のせつない思いを描いたラブストーリー。

この「生きてるだけで、愛。」のあらすじやネタバレ、さらに結末、
そしてキャストや登場人物を紹介していきます。

Sponsored Links

「生きてるだけで、愛。」ってどんな映画?

 

合コンの帰りに知り合った津奈木と寧子はそれからすぐに同棲生活に入りもう三年になるカップル。


寧子は躁鬱と過眠症が重なって、仕事はもちろん外との交流もなく、家事も碌にしない。
津奈木がそんな寧子に対して静かに受け答えをしていく日々。
津奈木はもともとは文学志向で出版者に入ったものの、実際にしていることはゴシップ中心の週刊誌の記者。
色々思うところはあっても“下半身で食わせてもらっている”という編集長の元ではしたい仕事もできずにいます。


寧子が一人で家にいると津奈木の元カノの安堂が突然、訪ねてきます。
寧子の現状にヒステリックに批判する様を見て寧子は自分の事情を置いておいて心配するほどです。
安堂は津奈木と寧子を別れさせるために寧子の社会的自立を即すために、常連のカフェバーに無理やりバイトを決めさせます。
カフェバーの村田夫妻は安堂のヒステリックな態度に手を焼きつつも、寧子をバイトに迎え入れます。
寧子は過眠症と鬱が重なって遅刻・欠勤。さらに仕事中のミスも連発しますが、村田夫妻は大目に見続けます。
安堂は敵情視察を兼ねてしょっちゅう店に来ては寧子の様子を見ています。間の悪いことに寧子の失敗の向かう先が安堂だったりします。
一方、津奈木はどんどんやりたくもない仕事を押し付けられている日々が続いていて、寧子への接し方もおざなりになっていきます。
それもあって寧子のイライラは高まっていきます。
やっと店になじみ始めたと寧子が感じたとき、自身の抱えるトイレへの不安に共感を得られなかったことから、かえって店の面々と自分との違いを大きく感じてしまい、心が爆発してしまいます。

一方の津奈木は編集長に黙って書けといわれていた記事を放棄して、自分の書きたい記事を入稿してしまいます。
津奈木もまた自分の感情と周りとの違いに思い悩んでいたのでした。
津奈木の場合は感情を押し殺して、他者に何も感じさせないようにして生きてきました。
それでもとうとう気持ちを抑えきれずに、感情を爆発させた津奈木は会社の窓ガラスとぶち破ってPCをビルの外へ投げつけます。
結果として、津奈木は会社をクビにいなってしまいました。それでもどこか晴れ晴れとした表情を見せる津奈木。
そんな彼のもとに店で爆発した寧子から連絡が来ます。
駆け付けた津奈木の眼の前を服を脱ぎながら全力疾走する寧子が通り過ぎます。
服を拾いながら寧子の後を追いかける津奈木、二人の家の屋上にたどり着いた時には寧子は全裸になっていました。

View this post on Instagram

#生きてるだけで愛 #趣里×#菅田将暉『生きてるだけで、愛。』がレインダンス映画祭へ コンペティション部門出品&ワールドプレミアおめでとうございます㊗️👏 菅田将暉が世界の舞台で評価されて欲しいです。 新場面写真は趣里さんのみ。部屋が津奈木と同棲中の部屋だそうです。 てことで、秋の気配の菅田くん集め。 以下引用************* 映画『生きてるだけで、愛。』が、9月26日からイギリス・ロンドンで開催される『第26回レインダンス映画祭』コンペティション部門に出品される。 11月9日に全国で公開される同作は本谷有希子の同名小説が原作。同棲中の恋人・津奈木に日常的に理不尽な感情をぶつけてしまう寧子と、彼女の怒りを静かにやり過ごす日々を送る津奈木の前に津奈木の元恋人・安堂が現れたことで、2人の関係に変化が訪れる、というあらすじだ。過眠症で引きこもり気味の寧子役に趣里、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れる津奈木役に菅田将暉、津奈木と別れるよう執拗に寧子に迫る安堂役に仲里依紗がキャスティングされている。監督は同作が初の長編監督作となる関根光才。 同作は『第26回レインダンス映画祭』でワールドプレミア上映。同映画祭で初監督作となる短編映画での受賞歴を持つ関根監督は、「私の監督としての人生のスタートを形成してくれた映画祭でもあります。そんなレインダンス映画祭に、長編初監督作品が出品されることにはものすごい感慨をひとり感じております。コンペなので結果はこれから、どうか世界の人にも届くよう、祈っています」とのコメントを寄せている。 新たに公開された場面写真では、趣里演じる寧子が菅田将暉演じる恋人・津奈木と同棲中の部屋で物思いにふけるシーンが捉えられている。

まれぼるじゃさん(@malebolja)がシェアした投稿 –


晴れ晴れとした寧子は“鬱期間”の終了を告げます。津奈木も一安心です。
そして津奈木は自分もまた寧子と同じで自分の感情をコントロールすることが苦手で、ただ自分の場合は感情を表に出さないことでやり過ごしてきたと語ります。
一方の寧子は、どんなにおっくうでも寧子の感情に対して同じ熱量・同じエネルギーで向かってきてほしいと訴えます。


それを聞いた寧子を津奈木はそっと抱き寄せます。
自分と津奈木は違う部分があって、それが交じり合うことが多く、それまたぶつかってしまうことがあるかもしれない、けれども今この一瞬は分かり合えたことを感じていました。

何と言っても主演の趣里に限る。舞台や演技学校、映画ワークショップなどに参加し地道に地力をつけてきました。そしてテレビドラマ「ブラックペアン」などで一気に注目の女優となりました。
実は大きなバックボーンの持ち主であるものの、そのことをあまり押し出さずに個人の力でやってきた結果が本作につながったと言っていいでしょう。
設定の上に劇中の展開からかなり大胆な姿を披露しますが、見事に寧子という役をやり切りました。
本谷有希子作品のヒロインですから当然、過剰で過激なヒロインになることは当然ではありますが、役柄に飲み込まれることなく作品を走り抜けました。
『乱暴と待機』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』と映像化作品がある本谷文学ですが、本作が一番強烈なヒロイン映画といっていいでしょう。

View this post on Instagram

#菅田将暉 #趣里 #生きてるだけで愛 #11月9日公開

masakoiさん(@msk_sd1993)がシェアした投稿 –

Sponsored Links

キャスト紹介

メインキャストだけで一気に話題になっている今作。
小説の登場人物と合わせて紹介していきます。

趣里さん(過眠症の寧子役)

趣里(しゅり)さんは、1990年9月生まれの現在27才、東京都出身の俳優さんです。

父親が水谷豊さん、そして母親は伊藤蘭さんという芸能一家に生まれています。

4歳から井上バレエ団にてクラシックバレエを習い始めましたが、
留学先のイギリスで度重なる怪我に遭遇し、バレリーナへの夢を断念しています。

2011年、オーディションに合格し
「3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP」で俳優デビュー。

その後、テレビドラマや映画、舞台にと幅広く活躍を続け、
2018年4月放送の「ブラックペアン」では、クールな看護師役で存在感を発揮し
さらに人気を呼んでいます。

そんな趣里さんが演じる寧子は、過敏な感覚をもった女の子。

そんな寧子を、周りの人はいろんな名前で呼びかけ、
彼女はますます自分を見失っていきます。

わかって欲しい、共感して欲しい、
そんな望みをぶつけられるのは同棲中の津奈木だけなのに、
津奈木の態度にさらに寧子は追い詰められてしまいます。

人とコミュニケーションを取るのが苦手な寧子、
それを趣里さんがどんな風に愛おしく演じてくれるんでしょうか。

菅田将暉さん(無関心な津奈木役)

菅田将暉さんは1993年2月生まれの現在25才、大阪府出身の俳優さん、歌手でもあります。

2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、
それがきっかけとなり、スカウトされました。

2009年9月より、「仮面ライダーW」にて連続テレビドラマ初出演・初主演をはたします。

映画やドラマでも活躍をはじめ、2013年に主演した「共喰い」で
第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

2017年からはソロでの音楽活動も活発に行い、音楽業界からも大きな注目を集めていますね。

今作では受け身、無関心の津奈木という青年役。

津奈木は勤務先のゴシップ雑誌の編集部で上司に反発し、ある行動にでるそうですが
具体的なことは今のところ公開されていません。

もしかすると、津奈木は原作よりも
少しアクティブなキャラクターになっているのかもしれません。

原作を読み終わっている人の中には、
「菅田将暉さんだとイケメンすぎる」というコメントもあがっていました。

とはいえ、予告編ではかなり気だるそうな雰囲気です。

菅田将暉さんが演じる受け身な青年、どんな演技か楽しみですね。

仲里依紗さん(津奈木の元恋人安堂役)

仲里依紗さんは1989年10月生まれの現在28才、長崎県出身の俳優さんで、モデルさんです。

少女漫画雑誌「ちゃお」のモデルオーディションに妹が写真を送り、
特別賞を受賞したのをきっかけに、芸能界入りしています。

ファッション雑誌「CANDy」のモデルオーディションでグランプリを獲得し、
専属モデルとして活躍しました。

俳優としてはテレビドラマや映画でも活躍していて
アニメ映画「時をかける少女」の主人公の声を担当し、
実写版「時をかける少女」でも主人公を演じています。

2010年、映画「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」で、
ゼブラクイーンとしてヒロインを演じ、その演技が評価され
第34回日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞しました。

今作では、自分から振った津奈木に未練をもち、
なんとか取り戻そうとする、強引な女性の安堂を演じます。

オフショットはやわらか雰囲気を感じさせる仲里依紗さんですが、
清純派からセクシー系、クール系にも「憑依する演技」をみせると評判なので、
寧子を追い詰める嫌われキャラも、見事に演じてくれそうです。

Sponsored Links

まとめ

ストーリーがすでにせつない「生きてるだけで、愛。」ですが、
予告編を見ると、ぐっとそのせつなさが倍増されますね。

それは背武裕子さんの曲「1/5000」にもあおられ、
しっとりとした空気感が、映像から伝わってくるからかもしれません。

胸キュンラブストーリーもいいのですが、
こんなしっとりせつなさが溢れるような映画もいいですよね。

「わかり合うこと」を考えるため、寧子と津奈木の結末をぜひ見に行ってくださいね。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)