RED(映画)ネタバレや妻夫木の役どころと演技評価!ラブシーンが多すぎ?

直木賞作家・島田理生の過激的な内容で話題となった『RED』が映画化。

幸せな家庭を築く専業主婦が、かつて愛した男性に再会し、心が大きく揺さぶられ、

本当の自分に気がついていくというストーリー。

そんな主婦を夏帆さん、かつて愛した男性を妻夫木聡さんが熱演しています。

映画のビジュアルが公開されると、2人の距離感にドキドキすると早くも話題に。

今回は、そんな『RED』のあらすじ、キャストなどをご紹介していきます。

是非ご覧ください。

Sponsored Links

『RED』のあらすじは?

専業主婦の村主塔子は、一流商社に勤める夫と娘、夫の両親と暮らしていました。

絵に描いたような幸せな家庭に、周りからは見えていましたが、

塔子は行き場のない思いを抱えていました。

そんな塔子は、10年ぶりにかつて愛した男性・鞍田秋彦に再会します。

鞍田は建築家で、塔子が学生時代にアルバイトをしていた設計事務所の社長でした。

そして当時、鞍田は結婚していましたが、塔子とは男女の関係がありました。

再会した2人は、あの頃に戻ったように関係を深めていき、

塔子の行き場のなかった思いが、鞍田によって徐々にほどかれていきます。

しかし鞍田には、ある秘密があったのです。それを知った塔子が下す決断とは・・?

そして、先が見えない2人の行く末は・・?

『RED』・公式サイト

https://redmovie.jp/

Sponsored Links

『RED』キャストは?

夏帆/村主塔子役

主婦の塔子を演じるのは、夏帆さんです。

数々の作品に出演され、映画『海街diary』では日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を

受賞するなど、女優としてのキャリアを着実に築いています。

2020年、公開映画の出演は本作以外にも『劇場版 架空OL日記』などがあり、

今後の活躍にも期待がされています。

1991年生まれ。

妻夫木聡/鞍田明彦役

塔子と関係をもつ男性・鞍田を演じるのは、妻夫木聡さんです。

日本アカデミー賞など、多くの賞を受賞され、日本を代表する俳優のひとりです。

日本だけではなく、アジアを中心に海外でも人気のある俳優です。

1980年生まれ。

柄本佑/小鷹淳役

鞍田と同じ設計事務所で働く小鷹を演じるのは、柄本佑さんです。

柄本さんも数多くの作品に出演され、映画やドラマに引っ張りだこの俳優です。

1986年生まれ。

間宮祥太朗/村主真役

塔子の夫・真を演じるのは、間宮祥太朗さんです。

2017年 『お前はまだグンマを知らない』で映画初主演を果たし、

積極的に活動の幅を広げている俳優です。

今後の活動も注目されています。

1993年生まれ。

Sponsored Links

『RED』妻夫木さん演じる鞍田の役どころは?

妻夫木聡さん演じる鞍田明彦は、塔子が学生だった頃、結婚していましたが

塔子と男女の関係があり、再会して再び関係を築いてしまいます。

そして鞍田には秘密があり、原作では大きな病にかかっており、

自分の命が短いことを塔子には秘密にしていたのです。

鞍田は、塔子の幸せを一番に願っていました。

原作の結末は、塔子と鞍田が結ばれるハッピーエンドではありません。

しかし映画は、原作とは違う結末で終わるそうです。

どんな結末で終わるのか、気になりますね。

Sponsored Links

妻夫木さんの演技評価は?『RED』ではラブシーンが多すぎ?

数々の賞を受賞されている妻夫木さんですが、みなさんの演技評価はどうなのでしょうか?

コメントを集めてみました。

妻夫木さんの演技力の高さは、どの作品でも高評価を得ているようで、

『RED』でもその演技力の高さを期待されている方が多くいらっしゃいました。

本作は、少し過激な内容も含まれいるようで、試写をご覧になった方が、

濃厚なシーンが多いとコメントされていました。

まとめ

ここまで、映画『RED』のあらすじやキャストなどをご紹介してきました。

原作とは異なる結末が用意されているとのことで、どんな結末となるのか期待が高まりますね。

また妻や母という役割に正しさを求められてきた日本女性にとって、

本当の幸せとは何かと問う作品です。

気になる公開日は、2020年2月21日公開予定です。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)