スポンサードリンク

ロマンスドール(映画)ネタバレやあらすじ!高橋一生と蒼井優のラブシーンは?

原作『タナダユキ』2008年、雑誌『ダ・ヴィンチ』掲載作品。

『ロマンスドール』映画化決定です!

原作者のタナダユキ自ら、監督・脚本を手掛けます。

ラブドール職人と、一目で恋に落ち結婚した妻。

2人の日々を描くラブストーリー!

お互いの秘密と心の葛藤! 

主演『高橋一生』×『蒼井優』

映画『リリイ・シュシュのすべて』から、18年ぶりの映画共演です!

ロマンスドール(映画)ネタバレやあらすじ!高橋一生と蒼井優のラブシーンは?

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『ロマンスドール』ネタバレ・あらすじ

ラブドール職人の『北村哲雄』

美大卒業後に、フリーター生活をしていた。

ひょんなことから、ラブドール制作工場で働き始める。

次第にその魅力にのめり込んでいき、ラブドール職人となった。

妻の『園子』とは、一目惚れして結婚した。

美人で気立てのいい園子に、ずっと隠し続けていること。

ラブドール職人としてドールを作っていることを話せずにいた。

平穏に過ぎていく2人の日常だったが、

哲雄は、次第に仕事に熱中していき、惹かれる女性が現れて浮気をしてしまう。

恋焦がれて結婚したはずの園子とは、次第にセックスレスになっていった。

徐々に園子との距離が離れてしまい、関係を修復しようとする哲雄。

いよいよ夫婦の危機かと思った時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける・・・

監督・原作・脚本タナダユキ
出身日本・福岡県・北九州市
生年月日1975年8月12日
経歴『第23回 ぴあフィルムフェスティバル』グランプリ・ブリリアント賞『モル』
『第49回 日本映画監督協会』新人賞『百万円と苦虫女』
『第86回 キネマ旬報ベスト・テン』日本映画ベスト・テン 第7位
『ふがいない僕は空を見た』

主な監督作品
2001年『モル』(兼脚本・主演)2004年『タカダワタル的』『月とチェリー』(兼脚本)
2006年『ハヴァ、ナイスデー』2007年『赤い文化住宅の初子』(兼脚本)
2008年『百万円と苦虫女』(兼脚本)『俺たちに明日はないッス』
2012年『ふがいない僕は空を見た』2013年『四十九日のレシピ』
2015年『ロマンス』(兼脚本)2016年『お父さんと伊藤さん』

『タナダユキ』コメント
10年ほど前に小説として書いた時は、まさか映画化できるとは思ってもみませんでした。
自分で書いたものですが、だからこそ、いい塩梅で小説からは離れ、映画として再構築出来ればと思いましたが、それはキャストの力、スタッフの力なくしては実現しないこと。
そういう意味でも今回、最高のキャスト、スタッフが集まってくれたと感じています。
オリジナル作品ですのでいつもよりも余計に、この人たちでなければ、という方にしか役を託せないなという思いがありました。
高橋一生さんとは広告のお仕事以来ですが、哲雄を託せるのは何度考えても高橋一生さん以外思い当たりませんでした。
映画を作るというのは日々、正解がない中で正解めいたものを探し続ける作業ですが、一生さんが日々哲雄として新鮮に生きてくれているから、私は監督として「正解めいたもの」に確信と大きな安心感を持つことができています。
蒼井優さんは私にとって特別な女優。
約10年ぶりに再び一緒に映画を作れるなんて、感慨深いです。
園子の儚さと芯の強さは、蒼井優さんだからこそ体現出来ると思っています。
10年前よりもさらにたおやかで、10年前と変わらない本番直前のスイッチが入る瞬間には、相変わらずワクワクします。
お二人ともに、俳優として絶対の信頼を寄せていたので心配事が一切なく、こんなに楽しい撮影は初めてかもしれません(笑)。
生きることがあまり上手ではない人たちの、歓びも哀しみも矛盾も愚かさも全てを包み込んで、作品として昇華出来るよう、最強で最高なスタッフ、キャスト陣と共に、完成まで突き進みたいと思います。

本作の関連作品です。『百万円と苦虫女』主演:蒼井優

Sponsored Links

『ロマンスドール』キャスト

北村哲雄『高橋一生』

名前高橋一生
出身日本・東京都
生年月日1980年12月9日
経歴『第15回 ウラジオストク国際映画祭』最優秀男優賞『blank13』
『第31回 日刊スポーツ映画大賞』助演男優賞『億男』『空飛ぶタイヤ』『嘘を愛する女』

主な出演作品
1990年『ほしをつぐもの』1994年『よい子と遊ぼう』1995年『ひめゆりの塔』
1996年『友子の場合』1998年『友情 Friendship』1999年『虹の岬』
2000年『ホワイトアウト』『好き(チャーシュー麺)』
2001年『DRUG』『リリイ・シュシュのすべて』
2003年『恋愛寫眞 Collage of Our Life』『キル・ビル Vol.1』
2004年『半落ち』『世界の中心で、愛をさけぶ』『茶の味』『スウィングガールズ』
2006年『LOVEHOTELS』『ミートボールマシン』『LOVE MY LIFE』
2007年『マリッジリング』2008年『デトロイト・メタル・シティ』
2013年『TOKYO SKY STORY』2016年『シン・ゴジラ』
2017年『ゾウを撫でる』『3月のライオン』『リミット・オブ・スリーピング ビューティ』
2018年『嘘を愛する女』『blank13』『空飛ぶタイヤ』『億男』
2019年『九月の恋と出会うまで』『引っ越し大名!』『ロマンスドール』

『高橋一生』コメント
今回、タナダさんの作品ということで出演を決めました。
脚本を読んで、人が人を想う純粋な気持ちがとても映画的に描かれていて、それが素敵だと思ったんです。
お話をいただけて、嬉しかったです。
今回の役を演じるにあたり、実際にラブドール工場に見学に行き、ドールづくりについて学びました。
そこにいるのはまさに職人の方々で、工芸的な感覚でひとつの作品として作ってらっしゃる姿を見て、自分も哲雄を演じる心構えができました。
タナダさんは、芝居の中で自分が意図しないところを的確に指示してくださるので、迷うことがありません。
僕が哲雄として、役の中で生きていくのをサポートするような演出の仕方をしてくださるので、とても安心して演じています。
蒼井さんは、ご自身の俳優としての在り方をしっかりと持っている、素晴らしい方です。
会話の自然な雰囲気を大切にし、園子としていてくださるので、僕たちはいつでも園子と哲雄になることができます。
この作品は、結婚してからはじまるラブストーリー。
結婚がエンディングではなく、その先のお互いの想いや愛の形がどう変化するか、どこに落ち着いていくのか。
激しさだけでなく、淡々とした日常の中で本当の愛が見えてくるような、ある意味究極の作品だと思っています。
改めて、タナダさんや蒼井さんはじめ、素晴らしいスタッフとキャストの方々に囲まれてこの作品に参加できることを、幸せに思っています。

北村(小沢)園子『蒼井優』

名前蒼井優
出身日本・福岡県・福岡市
生年月日1985年8月17日
経歴『第16回 日本映画プロフェッショナル大賞』主演女優賞『花とアリス』
『第30回 山路ふみ子映画賞』女優賞『フラガール』『男たちの大和/YAMATO』
『第31回 報知映画賞』助演女優賞『フラガール』『ハチミツとクローバー』
『第19回 日刊スポーツ映画大賞』新人賞『フラガール』
『第28回 ヨコハマ映画祭』主演女優賞『フラガール』『ハチミツとクローバー』
『第61回 毎日映画コンクール』女優助演賞
『フラガール』『ハチミツとクローバー』『虹の女神〜Rainbow Song〜』
『第80回 キネマ旬報ベスト・テン』助演女優賞
『フラガール』『ハチミツとクローバー』『虹の女神〜Rainbow Song〜』
『第49回 ブルーリボン賞』主演女優賞『フラガール』『ハチミツとクローバー』
『第21回 高崎映画祭』最優秀主演女優賞『フラガール』
『第16回 東京スポーツ映画大賞』主演女優賞『フラガール』
『第11回 日本インターネット映画大賞』助演女優賞『フラガール』
『第30回 日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞・新人俳優賞『フラガール』
『第30回 日本アカデミー賞』優秀助演女優賞『男たちの大和/YAMATO』
『芸術選奨文部科学大臣新人賞』映画部門『百万円と苦虫女』
『第23回 日刊スポーツ映画大賞』助演女優賞『おとうと』
『第34回 日本アカデミー賞』優秀助演女優賞『おとうと』
『第37回 日本アカデミー賞』優秀助演女優賞『東京家族』
『第30回 高崎映画祭』最優秀助演女優賞『岸辺の旅』
『第8回 TAMA映画賞』最優秀女優賞
『オーバー・フェンス』『岸辺の旅』『家族はつらいよ』
『おおさかシネマフェスティバル2017』主演女優賞『オーバー・フェンス』
『第42回 報知映画賞』主演女優賞『彼女がその名を知らない鳥たち』
『第30回 日刊スポーツ映画大賞』主演女優賞
『彼女がその名を知らない鳥たち』『アズミ・ハルコは行方不明』
『第39回 ヨコハマ映画祭』主演女優賞『彼女がその名を知らない鳥たち』
『第91回 キネマ旬報ベスト・テン』主演女優賞『彼女がその名を知らない鳥たち』
『おおさかシネマフェスティバル2018』主演女優賞『彼女がその名を知らない鳥たち』
『第22回 日本インターネット映画大賞』主演女優賞『家族はつらいよ2』
『東京喰種トーキョーグール』『ミックス。』『彼女がその名を知らない鳥たち』
『第41回 日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞『彼女がその名を知らない鳥たち』

主な出演作品
2001年『リリイ・シュシュのすべて』
2002年『キネマ通りの人々』『害虫』『走れ!ケッタマシン〜ウエディング狂騒曲〜』
2003年『MemoiR メモワール』『偶然にも最悪な少年』『花とアリス』『1980』
『花とアリス』
2004年『MASK DE 41』『海猫』
2005年『呪戒 JUKAI』『鉄人28号』『ニライカナイからの手紙』『亀は意外と速く泳ぐ』
『星になった少年 Little Randy and Shining Boy』『変身』『男たちの大和/YAMATO』
2006年『ハチミツとクローバー』『フラガール』『虹の女神』
2007年『蟲師』『クワイエットルームにようこそ』
2008年『人のセックスを笑うな』『明日への遺言』『百万円と苦虫女』『TOKYO!』
2009年『ホノカアボーイ』2010年『おとうと』『FLOWERS -フラワーズ-』『雷桜』
2011年『ヴァンパイア』『洋菓子店コアンドル』『たまたま』
2012年『るろうに剣心』2013年『東京家族』
2014年『春を背負って』『るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編』2015年『岸辺の旅』
2016年『家族はつらいよ』『オーバー・フェンス』『アズミ・ハルコは行方不明』
2017年『家族はつらいよ2』『東京喰種トーキョーグール』『ミックス。』
『彼女がその名を知らない鳥たち』
2018年『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』『斬、』
2019年『長いお別れ』『宮本から君へ』『ロマンスドール』

『蒼井優』コメント
小説が出たとき、タナダさんご自身で映画化されないのかな?
一緒にやれるといいなと思っていたので、時間が経ってからこうしてお話をいただき、今の自分で良いのだと嬉しかったです。
タナダさんとはもう一度お仕事をしたかったので、こんなステキなお話、断る理由もありません。
高橋一生さんとは、ドラマでの共演はありましたが、ここまでがっつりは「リリィ・シュシュのすべて」以来です。
先輩!という印象で、撮影中もいつも真ん中に高橋さんがいてくださるので、とてもやりやすいです。
私が演じる園子は、優しくて気立てのいい女性ですが、タナダ節が入っていて、結構大胆なところがあるんです。
それはタナダさんが描く女性に共通しているところですね。
最近は依存した役どころが多かったので(笑)、久しぶりに自立した女性を演じるということで、楽しみたいと思います。
約10年ぶりのタナダ組、ひとつひとつを受け止めながら丁寧に園子を演じていきたいです。

相川金次『きたろう』

名前きたろう
出身日本・千葉県・市川市
生年月日1948年8月25日
経歴『中央大学』文学部卒業。学生時代から俳優を目指す
大学4年生の時に『劇団俳優座』小劇場(俳小)に在籍
同期に『シティボーイズ』を結成する『大竹まこと』『斉木しげる』
『風間杜夫』『岡本麗』1期先輩に『市毛良枝』

主な出演作品
1988年『マルサの女2』1989年『嵐の中のイチゴたち』
1992年『湾岸バッド・ボーイ・ブルー』
1993年『つげ義春ワールド・ゲンセンカン主人より「池袋百点会」』
1995年『帝都物語外伝』
1996年『友子の場合』『学校の怪談2』『トキワ荘の青春』『7月7日、晴れ』
1998年『SF サムライ・フィクション』1999年『鉄道員』2000年『まぬけの殻』
2001年『man-hole』『episode 2002 Stereo Future』『降霊』『RED SHADOW 赤影』
2002年『笑う蛙』『さゞなみ』2003年『Summer Nude』2004年『デビルマン』
2005年『イン・ザ・プール』2007年『どろろ』『アルゼンチンババア』『彩恋』
2008年『全然大丈夫』2009年『南極料理人』
2010年『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』『森崎書店の日々』『シティボーイズのfilm noir』
2011年『DOG×POLICE 純白の絆』2012年『天地明察』
2013年『横道世之介』『樹海のふたり』
2014年『百瀬、こっちを向いて。』『薔薇色のブー子』『女子ーズ』『ぶどうのなみだ』
2016年『殿、利息でござる!』
2017年『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』
『忍びの国』
2018年『モリのいる場所』『体操しようよ』2019年『ロマンスドール』

田代まりあ『渡辺えり』

名前渡辺えり
出身日本・山形県・山形市
生年月日1955年1月5日
経歴『第17回 日本アカデミー賞』優秀助演女優賞 『忠臣蔵外伝四谷怪談』
『第4回 日本映画プロフェッショナル大賞』特別賞
『忠臣蔵外伝四谷怪談』『怖がる人々』
『第21回 報知映画賞』助演女優賞 『Shall We ダンス?』
『第20回 日本アカデミー賞』最優秀助演女優賞 『Shall We ダンス?』

主な出演作品
1982年『ウィークエンド・シャッフル』1987年『青春かけおち篇』
1988年『いこか もどろか』1991年『![ai-ou]』『グッバイ・ママ』
1992年『君と見たい怖い話 V』 『おこげ』1994年『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
1996年『Shall we ダンス?』1998年『カンゾー先生』1999年『完全なる飼育』
2000年『しあわせ家族計画』2003年『17才 〜旅立ちのふたり〜』
2004年『解夏』2004年『スウィングガールズ』『明日の記憶』
2008年『ICHI』『コトバのない冬 echo of silene』
2014年『舞妓はレディ』2016年『お父さんと伊藤さん』2017年『サバイバルファミリー』
2018年『ルームロンダリング』2019年『ロマンスドール』

久保田薫『ピエール瀧』

名前ピエール瀧
出身日本・静岡県・静岡市・葵区
生年月日1967年4月8日
経歴『第38回 報知映画賞』助演男優賞『凶悪』『くじけないで』
『第37回 日本アカデミー賞』優秀助演男優賞『凶悪』
『第68回 毎日映画コンクール』男優助演賞『凶悪』
『第56回 ブルーリボン賞』助演男優賞『そして父になる』『凶悪』『くじけないで』

主な出演作品
1997年『ハッピー・ピープル』1998年『SF サムライ・フィクション』
2000年『episode 2002 Stereo Future』
2001年『RED SHADOW 赤影』『月の砂漠』『ドライブ』
2002年『SF Short Films』2003年『1980』『アイデン&ティティ』
2004年『手を握る泥棒の物語』『漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)』
2005年『ローレライ』『ALWAYS 三丁目の夕日』
2006年『日本沈没』『ゆれる』『虹の女神』
2007年『ユメ十夜「第九夜」』『恋するマドリ』『ワルボロ』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
『グミ・チョコレート・パイン』
2008年『犬と私の10の約束』『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』『百万円と苦虫女』
『ブタがいた教室』
2009年『ぼくはうみがみたくなりました』『少年メリケンサック』『長髪大怪獣ゲハラ』
『わたし出すわ』
2010年『落語物語』2011年『モテキ』
2012年『ALWAYS 三丁目の夕日'64』『はやぶさ 遥かなる帰還』『僕達急行 A列車で行こう』
『ぱいかじ南海作戦』『のぼうの城』
2013年『凶悪』『そして父になる』『くじけないで』
2015年『寄生獣 完結編』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』
2016年『の・ようなもの のようなもの』『珍遊記』『エヴェレスト 神々の山嶺』
『日本で一番悪い奴ら』『シン・ゴジラ』『怒り』『海賊とよばれた男』
2017年『アウトレイジ 最終章』2018年『サニー/32』『孤狼の血』
2019年『ロマンスドール』

両角『浜野謙太』

名前浜野謙太
出身日本・神奈川県・横浜市・戸塚区
生年月日1981年8月5日
経歴『SAKEROCK』(2015年解散)トロンボーン、スキャット担当
自身がリーダーの『在日ファンク』ボーカル担当
『Newday』トロンボーン担当

主な出演作品
2006年『ハチミツとクローバー』2008年『R246 STORY-弁当夫婦-』
2009年『少年メリケンサック』2011年『婚前特急』
2013年『映画 鈴木先生』『体脂肪計タニタの社員食堂』『リアル〜完全なる首長竜の日〜』『武士の献立』
2014年『ジャッジ!』『Go!Go!家電男子 THE MOVIE アフレコパニック』
2014年『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』
2015年『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』
2015年『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』
2015年『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』
2016年『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』『闇金ウシジマくん Part3』
2017年『笑う招き猫』『東京喰種トーキョーグール』『望郷』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
2019年『雪の華』『九月の恋と出会うまで』『おいしい家族』『ロマンスドール』

ひろ子『三浦透子』

名前三浦透子
出身日本・北海道
生年月日1996年10月20日
経歴2002年、6歳の時に、サントリー『なっちゃん』のオーディションに応募
3000人の中から『2代目なっちゃん』に選ばれCM出演
2002年10月、ドラマ『天才柳沢教授の生活』ドラマ初出演

主な出演作品
2012年『悪の教典』2013年『鈴木先生』『男子高校生の日常』『陽だまりの彼女』
2014年『アイドル・イズ・デッド‐ノンちゃんのプロパガンダ大戦争‐』
2014年『好きっていいなよ。』 2015年『私たちのハァハァ』
2016年『鬼談百景「密閉」』『桜ノ雨』『ドロメ 男子篇・女子篇』『貞子vs伽椰子』
2017年『月子』2018年『素敵なダイナマイトスキャンダル』
2019年『あの日のオルガン』『21世紀の女の子「君のシーツ」』『ロマンスドール』

原田『大倉孝二』

名前大倉孝二
出身日本・東京都
生年月日1974年7月18日
経歴『舞台芸術学院』卒業後、芝居作りに関して『劇団ナイロン100℃』を訪ねる
その時、偶然にも開催されていたオーディションに参加して合格
2002年、映画『ピンポン』『アクマ』役で、一躍知られる

主な出演作品
2001年『弟切草』『溺れる魚』『ダンボールハウスガール』
2002年『ピンポン』2003年『g@me.』『ジョゼと虎と魚たち』『1980』
2004年『きょうのできごと a day on the planet』『天国の本屋〜恋火』
『スウィングガールズ』『クリスマス・クリスマス』『恋文日和』
2005年『阿修羅城の瞳』『メールで届いた物語 第3話 アボカド納豆』『8月のクリスマス』
『いらっしゃいませ、患者さま。』『あおげば尊し』
2006年『陽気なギャングが地球を回す』『日本沈没』
2007年『ユメ十夜 第5夜』『大帝の剣』『舞妓Haaaan!!!』『西遊記』
2008年『デトロイト・メタル・シティ』2009年『ヘブンズ・ドア』『罪とか罰とか』
2010年『ソフトボーイ』『宇宙で1番ワガママな星』
2013年『謎解きはディナーのあとで』『陽だまりの彼女』
2015年『ロマンス』『HERO』2016年『秘密 THE TOP SECRET』
2017年『リンキング・ラブ』『DESTINY 鎌倉ものがたり』
2018年『君が君で君だ』『検察側の罪人』『人魚の眠る家』2019年『ロマンスドール』

Sponsored Links

『ロマンスドール』高橋一生と蒼井優のラブシーンは?

高橋一生と蒼井優のキスシーンやラブシーンも撮影されています。

本作の描写に関しては、タナダユキ監督の『ふがいない僕は空を見た』をオススメします!

『ふがいない僕は空を見た』で、監督が描く、人生・日常・愛・性

タナダワールドを堪能してください!

タナダユキ監督は、本作でも儚くも切ない映像を見せてくれるのではないでしょうか!

Sponsored Links

まとめ

映画『ロマンスドール』を、まとめてみました。

『2019年秋』全国ロードショーです!

『MoviesFan』では、追加情報が分かり次第、随時掲載します。

2人が交錯しながらも、夫婦として『本当の幸せ』を見つけていく。

純愛と性愛とドールが交錯するラブストーリー!

生と死。2人の日々をラブドールを交えて描写した作品です!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)