ソワレ(映画)ネタバレやあらすじ!山下タカラ役芋生悠の演技評価や経歴も!

ミュージカル公演でよく使われる・・マチネとソワレ。

フランス語でマチネは午前のこと・・ソワレは、陽が沈むころを意味します。

ソワレ公演は夜の公演を指し、本作のタイトル「ソワレ」は夜の公演が終わると、次の朝が来るというメッセージが込められています。

映画「ソワレ」ネタバレやあらすじ!山下タカラ役芋生悠の演技評価や経歴もまとめてみました。

Sponsored Links

マチネとソワレ

映画『マチネの終わりに』では福山雅治と石田ゆり子が初共演し、昼公演を舞台に音楽家とジャーナリストの切なくも美しい大人のラブストーリーが描かれました。

本作「ソワレ」は、男女の先の見えない逃避行が描かれます・・

夜が来て・・先の見えない朝が始まる・・マチネとソワレ・・若い二人のロードムービー。

ざっくりあらすじ

上京して役者を目指す翔太(村上虹郎)は、生まれ育った土地の高齢者介護施設「さくらの園」で演劇を教えることになる。

翔太は、そこでスタッフとして働く女性タカラ(芋生悠)と出会います。

タカラは、何かを諦めたような目をした女・・

しかし・・施設で起こったある事件をきっかけに、二人の先の見えない逃避行が始まる・・

その逃避行の中で、翔太はタカラの心に刻まれた深い傷に触れることになる。

夜の闇が来て・・先の見えない朝が来る・・二人に希望の入り口は見つかるのか・・。

そしてラスト・・逃げ場を失った若い二人が選択する結末とは・・という展開に。

Sponsored Links

キャスト

主人公・翔太を演じるのは外山監督の短編作品「春なれや」以来2度目のタッグとなる若手俳優のホープ村上虹郎。

また、同じくヒロインのタカラ役はインディーズ映画界の新星・芋生悠(いもうはるか)が100人以上のオーディションから大抜擢されました。

村上虹郎/翔太役

虹郎さんの名前は芸名ではなく本名で、両親が虹が好きだから・・だそうです。

虹郎さんは、個性派俳優の村上淳さんとカリスマ歌手UAさんを両親に持つ2世俳優で、その演技力と独特の雰囲気がずば抜けており1997年生まれという若さながら、早くも数々の映画やドラマで主演を努め、存在感のある演技で注目されています。

2017年に公開された剣道の映画『武曲 MUKOKU』の演技で、第41回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した実力派の俳優なのです。

芋生悠/タカラ役

ヒロインのタカラ役は100人以上のオーディションから選出された芋生悠が演じます。

芋生悠さんは、NHK大河ドラマ「いだてん」や映画「野球部員、演劇の舞台に立つ」TBS系連続ドラマ「花のち晴れ~花男NextSaeson~」にも出演し最近ではCM・ドラマ・映画と出演回数も増えている女優さんです。

数々のドラマや映画でもヒロイン役を自然に演じ、次世代の女優として注目されています。

Sponsored Links

演技評価や経歴

芋生悠さんは、2014年にジュノンが開催した「ジュノン・ガール・コンテスト」の10人のファイナリストの内の1人に選ばれ、それがきっかけとなり芸能界入りしました。

その可愛らしい顔立ちからにじみ出る独特の雰囲気が心を捉え、大変魅力的です!

その魅力に加え、2018年公開の青春映画『あの群青の向こうへ』の主演で、2018門真国際映画祭・最優秀主演女優賞を受賞し演技力が高く評価されました。

映画出演の他にも劇団山田ジャパンの舞台劇「欲浅物語」で舞台デビューを果たし、個性派揃いの劇団員を相手に重要な役回りを演じているので、その演技力には高評価があるようです。

プロフィール

名前芋生悠(いもうはるか)
出身熊本県
生年月日1997年12 18日
出演作品:「バレンタインナイトメア」
     「マスタードガス・バタフライ」
     「傷だらけの悪魔」
     「彼女のひまわり」
Sponsored Links

まとめ

ソワレ・・夜のとばりが落ちる頃・・夜会が始まる。

そして・・先の見えない朝が始まる・・先の見えない二人の逃避行。

映画『ソワレ』は、若い二人の切ないロードムービーが描かれます。

映画『ソワレ』2020年・全国公開



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)