屍人荘の殺人(映画)静原美冬役山田杏奈の演技力や評価!ミスミソウの評判が高い!

この映画、その衝撃にネタバレ厳禁!・・・・・・と、言うことでネタバレはなし!

ミステリーなのに、予想外のトリックとサプライズが連続する。

高原のペンションで繰り広げられる、奇想天外の密室ミステリー!

死人ではなく、生きる屍(しかばね)屍人荘?・・・タイトルに隠された伏線とは!?

Sponsored Links

原作は史上初の3冠達成!

映画『屍人荘の殺人』は小説家・今村 昌弘のデビュー作ながら、出版社の各ミステリー大賞で3冠を達成した原作小説を映画化しました。

原作小説は、宝島社の「このミステリーがすごい!2018」・文藝春秋の「週刊文春ミステリーベスト10」・そして原書房の「本格ミステリーベスト・10」にランクインされ、2017年の各ミステリランキングで1位となり、史上初の3冠を達成しました。

本作は、ある映画研究部の夏合宿で起こる凄惨な連続殺人事件を描き、今までにない舞台設定や巧妙なトリックなど、奇想と本格が融合した魅力あふれる作品です。

ざっくりあらすじ

舞台は山奥に佇むペンション・紫湛荘(しじんそう)

大学ミステリー愛好会のメンバーである葉村譲と明智恭介は、自称「探偵少女」の剣崎比留子に誘い出され、合宿への参加を持ちかけられた。

その合宿には部員宛てに謎の脅迫状が届いたことと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝えられます。

2人は見事に食いつき、同じ大学の映画研究会の夏合宿に参加することになった。

しかし、この映画研究会は何かしら評判が悪く、何かが起きる可能性が予測された。

案の定!肝試しに出かけた合宿初日の夜、思いも寄らぬ事態が発生し葉村たちは合宿先の「紫湛荘」に立てこもらざるを得ない事態になってしまう!

翌朝、紫湛荘の一室で映画研究会のメンバーの1人が他殺体となって発見された。

恐怖に怯える学生たち・・・だが、これはこれから起きる連続殺人事件の始まりにすぎなかった。

しかも、外では予想外のバイオテロが発生し一歩も外に出られない! 逃げられない!

ペンション内で起こる止まらない連続殺人・・・逃げ場のない恐怖!

果たして、葉村、明智そして剣崎はこの連続殺人事件の真相を突き止めることができるのか。

ここでネタバレ・・・ペンション「紫湛荘」が「屍人荘」に!?

Sponsored Links

キャスト

主役の葉村譲を演じるのは、実力派俳優・神木隆之介。

ヒロインの女子大生探偵役・剣崎比留子を演じるのは浜辺美波。

ミステリー愛好会の会長・明智恭介役は、中村倫也が演じます。

さらに ”スマホを落としただけ女” の静原美冬役に山田杏奈が出演します。

メガホンを取るのは『ATARU』シリーズなどの木村ひさし監督。

神木隆之介/葉村譲役

神木さんは、天才子役として名を馳せ2005年に公開された『妖怪大戦争』での堂々たる演技で、12歳にして日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しました。

役柄によって印象が全く違う、変幻自在の演技を披露しています。

映画では『妖怪大戦争』『大日本人』『バクマン』などに出演。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『平清盛』、NHK連続テレビ小説『どんど晴れ』、『グッドニュース』などに出演しました。

中村倫也/明智恭介役

中村さんは、変幻自在な演技が高い評価を受け、若手実力派俳優として注目されています。2015年の人気ドラマ『下町ロケット』に出演し、2018年には連続テレビ小説『半分、青い』に出演したことで人気が急上昇しました。
映画では、『星ガ丘ワンダーランド』『愚行録』『3月のライオン』などに出演。
ドラマでは、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』NHK連続テレビ小説『半分、青い。』『今日から俺は!!』などに出演しました。

浜辺美波/剣崎比留子役

浜辺美波さんは2011年公開の映画『アリと恋文』に主演し、華々しいデビューを飾りました。
『君の膵臓をたべたい』ではヒロインを演じ、現在では映画やテレビドラマCMにも出演し多方面で活躍しています

浜辺美波さんは、みずみずしさと透明感を併せ持つ正統派の美少女ですが、最近ではどんどんキレイになって大人の魅力があふれてきました。

Sponsored Links

静原美冬役・山田杏奈の演技力や評価

山田杏奈さんは、10歳で「ちゃおガール2011オーディション」でグランプリを受賞して芸能界入りしました。現在ではドラマや映画、CM等たくさんの作品に出演しています。

ドラマ「グッドドクター」で、杏奈さんが演じるのは高校生で出産する役を演じ、しかも生まれた子供は低出生体重児で手術をしても助かる確率が低い子供だったのです。

かなり難しい役だったのに演技が凄すぎと、杏奈さんの演技の評価は高いようです。

痛快TV 「スカッとジャパン」では地味な高校生役を演じ、かわいい女子高生の役から狂気じみた役まで、どんな役でも演じられる演技力を兼ね備えています。

ミスミソウの評判が高い!

映画「ミスミソウ」は山田杏奈さんの、初主演映画で復讐劇です。

ストーリーはリベンジもので、自分へのいじめ、両親の焼殺、妹の焼殺未遂を受けた少女が同級生に仕返しをするというストーリーです。

映画はR15の指定で、グロい残酷描写が含まれていますがクオリティーがかなり高いホラー映画に仕上がっています。

この映画で、杏奈さんは田舎に転校し学校で壮絶ないじめを受け挙げ句の果てに放火もされてしまい復讐を誓う主人公を演じ、その迫真の演技が高く評価されました。

実は、山田杏奈さんって演技だけじゃなく歌も上手いんです!
アソビズム「城とドラゴン」のCMで、その歌声を披露しています。

Sponsored Links

まとめ

「屍人荘の殺人」は、ミステリーなのに予想外のトリックとサプライズが連続する。

密室ミステリーと逃げ場のないWの恐怖が襲いかかる!

そして・・・生きる屍(しかばね)とは?

死人ではなく、生きる屍(しかばね)屍人荘?・・・タイトルに隠された意味は何!?

映画「屍人荘の殺人」は2019年12月13日公開

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)