31日間無料トライアル実施中!


『鋼の錬金術師』リザ(少尉)女優は蓮佛美沙子!演技評価や感想も!

『鋼の錬金術師』が2017年12月1日に公開されますね。

次第に近づいてきて、キャストの番組宣伝やCMも多くなってきていよいよ公開かと気持ちの高まりを感じます。

管理人はもちろん『鋼の錬金術師』は漫画本で実際に読んでいます。

その中でも可愛い女性キャラに目が行きがちなんです。

そこで好きなのがリザ少尉ですね。

そのリザを蓮佛美沙子さんが演じられるということでちょっと意外なんですよね。

今回は『鋼の錬金術師』リザ役の女優の蓮佛美沙子さんをご紹介します。

Sponsored Links

『鋼の錬金術師』ってどんな漫画?

漫画の中の世界では錬金術という錬成陣を使って壁を作ったり、鉄を作ったり、銅を作ったり、橋をかけたりなど様々なことができる魔法みたいなものが存在しています。

主人公はエドとアルで二人はエルリック兄弟という設定です。

以前母を無くし、その錬成術で人間を復活させるという禁忌技を使ってしまった。

等価交換という言葉のもと、人間を復活させることはそれなりの対価が必要であり、エドは右手と左足、アルは体は消滅し、魂だけを鎧に定着させることでなんとか生還することができました。

しかし術は失敗し、母親は蘇ることはありませんでした。

そこで錬成術のパワーを大きくアップさせることができる賢者の石というものを探して旅に出るというのが簡単なあらすじですね。

Sponsored Links

『鋼の錬金術師』のキャストは?

簡単にご紹介して行きますね。

エド役は山田涼介

今回の主人公でエド役を演じています。

楽天的ながらもいざという時には心強い一人。

アルのことを大切に思っている心優しい少年。

鋼の国家錬金術師という肩書きも持つ。

アル役の声優 水石あとむ

アルは鎧に魂を定着させているので、基本的にシルエットは甲冑になります。

鎧の中に実体はないが魂があるので会話はできる。

結構設定上は難しい役ですが、プロの声優さんが演技されていますね。

ウィンリティ役の本田翼

ウィンリィは機械鎧(オートメイル)の技師としてエドの機械鎧をメンテナンスしている。

あらすじでもあったようにエドは右手と左足がないのでこの機械鎧で生活している。

いわゆる高性能の義手というところだろう。

エドとは幼馴なじみ役で色々と手助けをしている。

次に悪い人たちもご紹介。

賢者の石を集めようとするモンスターもいて今回だと

松雪泰子さん演じるラスト

本郷奏多さん演じるエンヴィー

内山信二さん演じるグラトニー

がいます。

これらは人造人間ホムンクルスと呼ばれ、こいつらも賢者の石を狙っているのである。

次に漫画上での国家の政府の人間も活躍している。

マスタング大佐役のディーンフジオカさん

ホークアイ中佐役の蓮佛美沙子さん

ヒューズ中佐役の佐藤隆太さん

ショウタッカー役の大泉洋さん

ロス少尉役の夏菜さん

などがメインのキャストです。

キャストを見るとかなり豪華ですね。

Sponsored Links

『鋼の錬金術師』リザ役の女優 蓮佛美沙子ってどんな役?

そこで管理人の好きなリザ・ホークアイ中佐こと蓮佛美沙子さんをご紹介します。

というのはリザも好きですが蓮佛美沙子さんも管理人は大好きなので、キャストを知った時はかなり嬉しかったですね。

リザは銃の腕がピカイチで名前のホークアイから、「鷹の目」の異名を持っている。

勝気な性格でマスタング中佐には全幅の信頼を置いている。

マスタング中佐はリザの父親に弟子入りしていたこともあり、昔から知っているようである。

そんな性格なのでおっとりした性格の役が多いイメージのある蓮佛美沙子さんがキャスティングされると思っていませんでしたね。

ここはびっくりしました。

しかもリザの父親は錬金術師でもあり、焔の錬金術師の生みの親でもある。

その錬成陣はなぜかリザの背中に掘られているのである。

焔の錬金術師はその名の通り炎を操る錬金術師で全てを焼き尽くす、かなり強いとされている錬金術です。

これが国民のために使われればよかったがそうにはならなかった。

しかしマスタング大佐だけは違っていた。

そこでマスタング大佐を最後として焔の錬金術の錬成陣は消されてしまったのです。

それはマスタングが刺青を焼いてしまったのです。

リザの背中には大きな跡が残っていますが、それは錬成陣をわからないように消した跡だったのです。

そんな悲しい過去を持つリザ役がまさかの蓮佛美沙子さんだとは思っていませんでしたね。

Sponsored Links

蓮佛美沙子のネットの演技評価や感想は?

蓮佛美沙子さんというとおっとりして、可愛らしい役が多いイメージがあります。

確かにこの方の言い分もわかります。

かなりリザは女性として強い性格の設定なのでなかなかイメージ通りに演じるのは難しいかもしれません。

しかし演技力には定評があり、うまくこなしているのでは?という意見も多いのも事実!

どんな演技を観れるのか楽しみですね。

まとめ

今回は『鋼の錬金術師』リザ(少尉)女優の蓮佛美沙子さんとあらすじなどをご紹介しました。

なかなか難しいリザ役は蓮佛美沙子さんにとっては挑戦の役なのかもしれません。

やはり人気漫画の実写化はそれだけでかなりハードルが高い状況で見られるので、評価はかなり分かれると思います。

しかし管理人の好きな蓮佛美沙子さんですので、優しい目で見守りたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)