キングダム(映画)何部作でほうけんやりぼくは登場する?敵側キャストが気になる!

ベストセラーコミックの実写映画化ということで、何かと話題になっている『キングダム』。

ついに2019年4月19日に劇場公開されます!

大人気コミックの待望の実写化となりますが、何より気になるのはキャストの存在ですよね。

主人公の信役には山崎賢人、えい政・漂役には吉沢亮と次々と発表されましたが、敵側のキャストは一体誰が演じるのでしょうか?

そして、強敵として名の上がる人気キャラクター龐煖(ほうけん)や李牧(りぼく)は登場するのでしょうか?

今回は、龐煖(ほうけん)や李牧(りぼく)、そして敵側キャストに焦点を当てて紹介します!

Sponsored Links

『キングダム』ってどんな映画?

『キングダム』は、原泰久による同名のベストセラーコミックを原作とした映画作品。

2006年より『週刊ヤングジャンプ』にて連載されており、現在も連載中。

単行本は53巻まで刊行されています。

さらに2012年にはアニメ化もされ、第2期まで放送されています。

そんな注目作の映画化作品『キングダム』。

監督は『GANTZ』や『図書館戦争』で知られる佐藤信介が務め、主人公・信は『氷菓』や『羊と鋼の森』の山崎賢人が演じます。

Sponsored Links

『キングダム』のあらすじは?

紀元前245年の春秋戦国時代、中華西方の秦の国。

戦災で親を亡くし孤児となった信(山崎賢人)は漂(吉沢亮)と共に、天下の大将軍になることを夢見て、日々剣術の特訓に励んでいました。

しかしある日、漂は王宮へと召し上げられるも、成蟜(本郷奏多)の策略によって致命傷を負うことに。

それでもなんとか信の元へとたどり着いた漂は、信へとある地図を託します。

その後、漂は息を引き取ります。

信は地図と漂の剣を手に地図の記される場所へと向かうと、そこには漂と瓜二つの王・嬴政(吉沢亮)がいたのでした。

嬴政の身代わりとして漂が殺されたのだと知った信は、嬴政と共に王座を奪還するために戦うことに・・・。

Sponsored Links

『キングダム』のキャストは?ほうけんやりぼくは登場する?

『キングダム』の中でも、強いキャラクターとして人気のある龐煖(ほうけん)と李牧(りぼく)。

果たして映画版では登場するのでしょうか?

『キングダム連載10周年実写特別動画』として公開された動画の中では、龐煖(ほうけん)は既に登場しています。

ただし、李牧(りぼく)はまだ登場しておらず、誰が演じるのかも明かされていません。

また、映画版『キングダム』は原作漫画の第5巻、王都奪還までが描かれるとのこと。

こういったことから考えると、登場する確率は低いかもしれません。

登場したとしても、一瞬である可能性も考えられます。

しかし続編が公開されるのであれば、今後登場することも考えて、キャスティングされることでしょう。

ここからは龐煖(ほうけん)や李牧(りぼく)のキャストやキャスト予想などを紹介します。

龐煖(ほうけん)役は?

名前五城健児
出身アメリカ
生年月日1989年11月4日
経歴『CSI科学捜査班』

アメリカ人の父と日本人の母を持つ五城健児。

アメリカで生まれ、アメリカのドラマ『CSI科学捜査班』などに出演していました。

その後、日本で俳優として活動するために来日。

来日後はバラエティ番組『ニュースな晩餐会』やCMなど幅広く出演。

そして今回『キングダム連載10周年実写特別動画』では、龐煖(ほうけん)役を務めました。

李牧(りぼく)役は?

実写映画『キングダム』で李牧(りぼく)を誰が演じるのか、まだ明かされていません。

数々の戦場を乗り越えており、知的な一面を持っている李牧(りぼく)。

イケメン武将としても人気があり、少し影があるところも魅力的なキャラクターです。

そんな李牧(りぼく)の実写は、小栗旬かディーンフジオカが適しているのではないかと思われます。

どちらも知的な印象を受けながら、やや影のある雰囲気をまとっている俳優さんです。

敵側キャストは?

嬴政の異母兄弟であり、反乱を起こす成蟜役には、本郷奏多。

権勢争いに興味は示さず、戦場を求め続ける謎の人物・王騎役は大沢たかお。

他にも、成蟜の腹心・竭氏役は加藤雅也、

反乱の指揮を執る肆氏役は石橋蓮司、

嬴政を狙う暗殺者・朱凶役は深水元基が演じています。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

今回は実写映画『キングダム』について紹介しました。

ベストセラーコミックの待望の実写映画化作品となっている本作。

第5巻までが映像化されるといわれていますが、果たして続編は製作されるのでしょうか・・・?

劇場公開は2019年4月19日を予定しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)