31日間無料トライアル実施中!


『マレフィセント2』(映画)ネタバレやあらすじは?ヴィアンのキャストと日本公開日は?

「マレフィセント2」の全米公開日が発表されました。

2014年に公開された「マレフィセント」から4年たっての制作発表にすでにネットは大騒ぎになっています。

あの世界観、ファンにはたまりませんよね。

私はファニングすが好きなのでまたみれると思うとわくわくしています。

それでは期待の「「マレフィセント2」のネタバレやあらすじ、そしてヴィアンのキャストと日本公開日に迫っていきます。

Sponsored Links

「マレフィセント2」ってどんな映画?

前作「マレフィセント」の基本ストーリーは、よく知られた童話「眠れる森の美女」です。

まずは前作のおさらいから。

前作「マレフィセント」のネタバレ

前作で描かれていたの「真実の愛」、マレフィセントは妖精で悪い魔女ですが、
過去にステファン王に裏切られ、嫉妬に苦しむ魔女でした。

嫉妬にかられたマレフィセントがステファンの娘である
王女オーロラに「16才の誕生日の日没までに
糸車の針に刺され、永遠の眠りにつく」と呪いをかけます。

ところが、幼い頃に会ったオーロラはマレフィセントを母のように慕い、
マレフィセントも徐々に愛情を感じるようになります。

呪いを解くために、オーロラの愛したフィリップをオーロラへ導くマレフィセントですが、
キスをしてもオーロラにかかった呪いは消えません。

そして絶望したマレフィセントは、
眠るオーロラ姫を守ることを誓い、その額にキスをします。

すると、呪いが解け、オーロラ姫が目を覚まします。

オーロラ姫への「真実の愛」を持っていたのは、マレフィセント自身だったのです。

今作「マレフィセント2」のあらすじネタバレは?

前作のラストでは人間の国と妖精の国が統一され、
オーロラが女王となって、平和に暮らしましたとさ、めでたしめでたし、でした。

「マレフィセント2」は、前作から数年後、マレフィセントとオーロラの
複雑な関係性をさらに深く描いたストーリーのようです。

王国や魔法の生き物を守るために、
二人は互いの関係を深めながら、新たな敵と対峙するそうです。

残念ながら詳細はまだ公開されておらず、
オフィシャルでのコメントもまだ少なめですね。

今ある情報ですと、出演が決定しているキウェテル・イジョフォーが、
どうやらマレフィセントと恋の相手になるようです。

2013年「それでも夜は明ける」で英国アカデミー賞主演男優賞を受賞した俳優さんですね。

「ロマンティックなシーン」というコメントがありましたが、
キウェテル・イジョフォーが、どんな役で登場するのかまではわからないんです。

また、オーロラの恋はどうなっているんでしょうか?

前作で「偽物」と妖精たちになじられたフィリップ王子、
今作ではハリス・ディキンソンが演じるそうなのですが、
その後の二人が無事に愛を育んでいくのかも気になりますよね。

こちらも今のところ、コメントはありませんが、
「複雑な人間関係」というところから、それぞれの立場や恋愛感情が
からみあうような展開になっているのではないでしょうか。

マレフィセント2から参加する3人、
キウェテル・イジョフォー(役名は未だ不明)、ミシェル・ファイファー(人間の女王)、
そして未知の敵、エド・スクラインがストーリーの要になってきそうですね。

Sponsored Links

「マレフィセント2」のキャストは?

すでに話題になっていたのは、マレフィセント役のアンジェリーナ・ジョリーと
オーロラ役のエル・ファニングですね。

二人の楽しそうな画像がアップされ、ファンを喜ばせていました。

アンジェリーナ・ジョリーやエル・ファニングの他にも、
前作からそのまま出演するキャストも多くいます。

マレフィセントの手下カラスのディアヴァルはサム・ライリーが、
ノットグラス・シスルウィット・フリットルの3人の妖精もそのまま登場します。

ディアヴァルのサム・ライリーは、前作では「唯一素敵な男性」として取り上げられたりして
「今作こそラブストーリー!」を期待する声もあがっているようですが、
新キャラクターとのロマンスがあるということは、
忠誠心の高い手下ポジションからは出られないようですね。

ファンも多いキャラクターなので、今作でも活躍の場面が欲しいところです。

ヴィアン(未知の敵)のキャストは?

View this post on Instagram

@christianhogstedt for @sbjctjournal

A post shared by Ed Skrein (@edskrein) on

マレフィセントとオーロラと対決するヴィアン役は
エド・スクライン(Ed Skrein)に決定したようです。

エド・スクラインはイギリスの俳優で、ラッパーでもありますが、
ディズニー映画に参加するのは初めてのことです。

1983年3月生まれの現在32才、
2013年、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演し、
2015年、映画「トランスポーター イグニション」で主演を務めています。

ヴィアンは不思議な生き物たちの生死に関わるようなことをするキャラクターらしいのですが、
妖精か人間なのかも発表はありません。

「恋の相手になるんじゃないのか」とか、「主要人物の過去に関わる」など
憶測は多いのですが、未だに「未知の敵」のままです。

かなりのキーパーソンになりそうなので、今作で一気に知名度が上がりそうですね!

Sponsored Links

日本公開日は?

全米公開日が2020年5月と、公式発表がありましたが、
2018年7月現在では、日本公開日の発表はまだありません。

やはり2010年の同時期、もしくは7月あたりになるのではないでしょうか。

待ちきれないですね!

Sponsored Links

まとめ

上記の画像は「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の
共同監督ヨアヒム・ローニングが今作の撮影風景をアップしたものです。

どんなシーンの撮影なのかもわかりませんが、
撮影は順調に進んでいるようです。

アンジェリーナ・ジョリーの撮影スケジュールがつかないことが
一番続編の制作にストップをかけていると言われていましたが、
無事に進んでいるのは、ファンにとって大きな安心になりますね。

まだ公開は先になりますが、
「真実の愛」が王子と姫だけのものではない、
そう宣言した前作を考えると、
今作も意外な結末が用意されているのかもしれません。

これからも日本公開日や、情報をチェックしておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)