『マレフィセント2』ディアヴァル役サムライリーの役どころや経歴!音楽の才能も?

今回紹介するのは10月18日に全国で公開予定の映画『マレフィセント2』についてです。

ここからは、映画『マレフィセント2』についてどんな映画なのか、ディアヴァル役のサムライリーさんの役どころ、経歴、音楽の才能について紹介していきたいと思います。

『マレフィセント2』ってどんな映画?

本作はアンジェリーナ・ジョリー主演の大ヒットディズニー作品映画『マレフィセント』の続編です。

前作から数年後を描いているこの作品、あらすじは下記のとおりです。

穏やかな日常を過ごしていたマレフィセントとオーロラでしたが、そこに二人の仲を引き裂こうとする敵が忍び寄ります。

オーロラの結婚の日にかけられた新たな呪いをめぐってマレフィセントはオーロラへの愛を試されることになります。

というのがあらすじです。

映画『マレフィセント2』予告編

前作と同じくして、主人公のマレフィセントを演じるのは映画『トゥームレイダー』シリーズや『ウォンテッド』、『ソルト』などの多くの作品に出演するアンジェリーナ・ジョリーさんです。

また、眠り姫・オーロラを演じるのは映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、『ネオン・デーモン』、『メアリーの総て』などに出演するエル・ファニングさんです。

監督は映画『コン・ティキ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で監督を務めたヨアヒム・ローニングさんです。

豪華なキャスト・スタッフに秀逸なストーリーと、大人気映画『マレフィセント』の続編ということでどんな作品なのかますます気になりますね。

Sponsored Links

『マレフィセント2』ディアヴァル役のサムライリー、役どころは?

ここからはディアヴィル役のサムライリーさんの役どころを紹介していきたいと思います。

まず、ディアヴィルとはマレフィセントの手下のカラスという役どころとなっています。

人間にとらえられていたところをマレフィセントに助けられたことをきっかけに彼女の手下になります。

彼は人間、狼、ドラゴンなどいろんなものに姿を変えることができますが、自分の姿としてはカラスの姿が一番お気に入りの姿です。

というのがディアヴィルという登場人物の概要となっています。

マレフィセントの手下のカラスという役柄から、映画の中でマレフィセントが真実の愛を証明するために重要な役割を果たしているのではないでしょうか

映画内でディアヴィルに注目して見てみるのもいいかもしれませんね。

Sponsored Links

『マレフィセント2』ディアヴァル役のサムライリー、経歴は?音楽の才能もある?

ここでは映画『マレフィセント2』のディアヴィル役を演じているサム・ライリーさんの経歴・音楽の才能について紹介していきます。

サム・ライリーさんは1980年1月8日イギリスのリーズ生まれ、39歳の俳優さんです。

「10000Things」というバンドのボーカルとして活動していましたが、俳優に転身しました。

2007年、映画『コントロール』で主人公のイアン・カーティスを演じてブリティッシュ・インデペンデント映画賞新人賞を受賞し、注目を浴びました。

この後、2008年にはそのスラッとした185cmの身長と体系を生かしてモデルとしても活動を始めました。

2009年には女優のアレクサンドラ・マリア・ララと交際し結婚し、2014年に第1子が誕生します。

その後、映画『高慢と偏見とゾンビ』、ドラマ『SS-GB』などの作品に出演し活躍を見せています。

サム・ライリーさんの経歴はこのようになっています。

また、音楽の才能については元々バンドを組んでおりボーカルをやっていたということや映画『コントロール』ではバンド『ジョイ・ディヴィジョン』のボーカルのイアン・カーティス役を演じたことから歌唱力への定評があるのではないか、と思われます。

映画『マレフィセント2』では、どのような演技がみられるのか、歌唱力が行使される場面はあるのか、楽しみですね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで映画『マレフィセント2』がどんな映画なのか、ディアヴィル役のサムライリーさんの役どころ、経歴、音楽の才能などについて紹介してきました。

今作の公開日は2019年10月18日です。

どんな映画になっているのか、気になりますね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)